2016年07月23日

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016 「Dr.Izzy」

今日は、一昨年のメリーロック以来となるユニゾン。
ワンマンで見るのは初めてでした。
昨年「シュガーソングとビターステップ」の大ヒットで一気に知名度がアップしたこのバンド。
お客さんは若い人が多めですが、小さな子どもから年配の方の姿も。
ホールだったからというのもあるのかもしれませんが、いわゆるライブキッズなノリがあまり無かったのが良かったです。
女性のお客さんの方が多かったですが、黄色い歓声の中で野太い「田淵!」という声も時折。
最新アルバム「Dr.Izzy」もオリコン週間初登場3位という大ヒットでノリにノッている中で開催された、「Dr.Izzy」収録曲中心のライブでした。

[SET LIST]
エアリアルエイリアン
アトラクションがはじまる(they call it “NO.6”)
場違いハミングバード
オリオンをなぞる
マジョリティ・リポート(darling,I love you)
マイノリティ・リポート(darling, I love you)
Miss.サンディ
パンデミックサドンデス
8月、昼中の流れ星と飛行機雲
君はともだち
等身大の地球
天国と地獄
mix juiceのいうとおり
BUSTER DICE MISERY
オトノバ中間試験
シュガーソングとビターステップ
シャンデリア・ワルツ
Cheap Cheap Endroll
徹頭徹尾夜な夜なドライブ
en)
フライデイノベルス
スカースデイル
桜のあと (all quartets lead to the?)

会場は岐阜市民会館。
新幹線で岐阜羽島まで来て、そこから車で会場に向かったそうです。
岐阜駅周辺のちょっと栄えているイメージを持っていたため、あまりに何も無かったことにビックリしたと語るボーカル斎藤さん。
何もなさ過ぎて、ポケモンも見つからなかったとか。
「岐阜」と言えば何なのか思いつかず、ネット検索しても小難しい歴史の話ばかり。
Yahoo!知恵袋で検索してみたところ、岐阜がディスられている書き込みばかり見つけたそうです。
その時、ふと「UNISON SQUARE GARDEN」でYahoo!知恵袋を検索してみたとのこと。
そうすると、「ボーカルの歌唱力が素人レベル」とか「ベースの見た目がうるさい」とか、自分たちもディスられてばかりだった模様。
そんな、ディスられている者どうしの妙な一体感で、会場が感性と笑い声に包まれていました。
「見た目がうるさい」とディスられていたという田淵さんですが、今日もステージ上を所狭しと動き回っていました。
こんなにベースが目立つバンドって、めったにいませんよね。
ユニゾンの楽曲の特徴と言えば、作詞作曲はボーカルの斎藤さんではなく、ほぼ全曲ベースの田淵さんが担当しているということ。
だからなのか、ベースラインがかっこいい曲が多くて、特にライブで聴くと体に響いてきて心地良いです。
もちろんドラムの鈴木さんにも見せ場があって、ドラムソロではスティックを上に投げながら、圧巻のパフォーマンスを見せてくれました。
そんな体に響くベースとドラムに、斎藤さんのハイトーンボーカルがマッチするハーモニー。
ちょうど明日にバンド結成12周年を迎えるとのことでしたが、3人の息の合ったキレのある演奏はさすがでした。
特に「シュガーソングとビターステップ」の間奏部分あたりは、見ごたえありました。
やっぱりいちばん盛り上がったのは「シュガーソングとビターステップ」だったかも。
あのイントロが流れた時点で大歓声。
でも個人的には、アルバム「Populus Populus」が大好きなので、「場違いハミングバード」からノンストップで「オリオンをなぞる」へとつながったところでは、軽くテンションMAX。
「Miss.サンディ」とか「君はともだち」みたいなミディアムチューンの心地良さもこのバンドの魅力。
「天国と地獄」も「徹頭徹尾夜な夜なドライブ」も「桜のあと(all quartets lead to the?)」も、やっぱりライブで聴くと魅力が格別です。
3人が作り出すカラフルでポップな音の世界を堪能しました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

MOSHIMO インストアライブ

昨年フリ放題以来のMOSHIMO。
今回は、初全国流通シングル「猫かぶる」リリース記念のインストアライブでした。
リハでの「音の無い世界のうさぎ」など、CHEESE CAKE時代の楽曲も演奏してくれています。

[SET LIST]
君とSOS
めくるめく夏の思い出
ポテトサラダ
猫かぶる

岩淵さんのキュートで耳に残るボーカルが魅力的。
男子3人による力強いバンドサウンドとのコントラストが鮮やかです。
今回のシングルに収録されている「ポテトサラダ」は、実体験をもとにして作られたという、岩淵さん作詞作曲によるナンバー。
ダイエットが上手くいかなかったということと、恋愛で満たされない思いをしていたということを重ね合わせて、大好物のポテトサラダを男性として擬人化したという歌詞がユニーク。
でも、何と言ってもインパクト抜群なのは「猫かぶる」。
この曲、1回聴いてしまったら、なかなか頭から離れません。
ライブハウスでは思いっきり踊りながら聴きたいナンバー。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

Official髭男dism/コアラモード. 「THE DAILY MIRROR tour 2016」

今日は、Official髭男dismのツーマンツアーに行ってきました。
ツーマンということで、今まで見てきた髭男のライブの中でも最長の持ち時間。
対バンは、今日初めて見るコアラモード.でした。
コアラモード.目当てのお客さんも多かったのか、お客さんは年齢も性別も幅広くて良いムードでした。

コアラモード.

ギター&ボーカルのあんにゅさんとキーボード他の小幡さんの男女二人編成。
あんにゅさんの顔は、どことなくコアラに似ているなと思って見ていましたが、「髭男のボーカル藤原さんの方がコアラの赤ちゃんみたいな顔している」と言っていて、妙に納得してしまいました。

[SET LIST]
雨のち晴れのちスマイリー
幸せの証
さくらぼっち
ダンデライオン

Dan Dan Dan
DIVE!
七色シンフォニー
未来

コアラモード.の二人は、長年連れ添った熟年夫婦のようで(と言っても二人ともまだ若いと思いますが)、息の合ったほんわかとしたムードが素敵でした。
ライブも、終始手拍子が絶えない、あたたかいアコースティックライブ。
「海」のようなしっとりしたバラードナンバーもあれば、「DIVE!」のようなライブで盛り上がるアッパーチューンもあったり。
個人的にあまり聴いていないアーティストだったのですが、意外と聴いたことある曲多かったです。
特に「あっ!これコアラモード.が歌っていたのか!」と思ったのが、「幸せの証」。
中部限定なのかもしれませんが、マックスバリュのCMソングでバンバン流れている曲だったので、サビ部分はつい一緒に口ずさみたくなってしまいました。
あたたかい声質と素直なメロディラインのポップソングは、日本人の耳に馴染みますね。



Official髭男dismとは、過去に2回ほど対バンしたことがあったそうで、初めて見たときはそのあまりのかっこよさに衝撃を受けたと語る小幡さん。
自分がリスペクトしているバンドのツアーに呼んでもらえたことが嬉しかったそうです。

Official髭男dism

今回はアルバム「MAN IN THE MIRROR」のリリースツアー。
ツアータイトル「THE DAILY MIRROR」は、実際にあるイギリスの新聞の名前からとったそうです。

[SET LIST]
恋の前ならえ
雪急く朝が来る
異端なスター
コーヒーとシロップ
恋の去り際
ゼロのままでいられたら
Happy Birthday To You
日曜日のラブレター
SWEET TWEET
Clap Clap
en)
愛なんだが…

「恋の前ならえ」「雪急く朝が来る」といきなり盛り上がるアッパーチューンの連続で、会場は一気にヒートアップ。
「異端なスター」では、フロアのお客さん全員がサイドステップを踏んでいて、フロアの空気が一体化したグルーヴが生まれていました。
藤原さんのソウルフルなボーカルにも圧倒されます。
今のところ音源化はされていないのでライブでしか聴くことができませんが、髭男の曲の中でも特にライブ向けで、初めて見た人の心も一気に掴みに行ったのではないでしょうか。
その後は、「MAN IN THE MIRROR」収録曲を連続で。
今回のアルバム曲はサウンドよりもむしろ歌詞を重視して聴きたい曲ばかり。
1曲ごとにその曲の解説があったのですが、特に印象的だったのは「Happy Birthday To You」。
自分の性格で嫌なところはたくさんあっても、変わることはできる。
そんな、新しい生まれ変わった自分に向けてのメッセージという意味での「Happy Birthday To You」。
他の曲でもそうですが、今回のアルバムは、日々の人生の中でそっと寄り添って応援してくるようなメッセージが詰まっています。
「SWEET TWEET」「Clap Clap」と、手が痛くなるほどのハンドクラップの連続で最高潮に盛り上がる中、本編終了。
アンコールのラストでは、ライブの終わりで「さよなら」とかいう言葉で別れるのは悲しいという思いで、「バイバイなんてもう言わせない」というフレーズがラストにある「愛なんだが…」。
このフレーズのコール&レスポンスの流れで、湘南乃風「純恋歌」を歌い出す藤原さん。
いきなり潰れた低音ボイスを響かせてきたのでちょっとビックリしましたが、最後まで駆け抜けるように盛り上がりました。
今日はけっこう年齢層高めのお客さんも多かったのですが、終始みんなノリノリで楽しんでいました。
コアラモード.目当てで来ていた人も多かったかもしれませんが、年齢性別問わずに楽しめるパフォーマンスができるバンドなので、これからの活躍が楽しみです。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Goodbye holiday フリーライブ

今日は、Goodbye holidayのフリーライブを見に行ってきました。
このバンドを見るのは約1年ぶり。
シングル「奇跡の星/弱虫けむし」のリリースを記念して、「さよならホリデー無料体験ツアー」と名付けられたフリーライブツアーの名古屋編でした。

[SET LIST]
(1部)
奇跡の星
溢れるもの
弱虫けむし
ありったけの愛を
スプートニク2号
(2部)
奇跡の星
溢れるもの
弱虫けむし
ありったけの愛を
旅立ちの花

新曲以外にも、代表曲「溢れるもの」やライブで合唱できる「スプートニク2号」もアコースティック編成で披露。
このバンドの曲で特に好きなのが「旅立ちの花」なので、第2部の最後まで残っていてよかったです。
今回のシングルは、ドラマ主題歌「奇跡の星」とみんなのうたでOA中の「弱虫けむし」の両A面シングル。
イケメンボーカルバンドなので、お客さんはやっぱり若い女性が多めでしたが、小さな子どもを連れた家族連れの姿もちらほら見られたのは、みんなのうた効果でしょうか。
子どもでも口ずさめるポップソングを作り上げるセンスはこのバンドの魅力。
シリアスなメッセージソング「奇跡の星」もハートウォーミングな「弱虫けむし」も年齢や性別も問わずに歌うことができるポップソングなので、男性も含めてもっと幅広い層に支持されてもいいかなと思います。
今回のシングル、両A面になっている2曲も良いのですが、実はいちばん好きなのは、3曲目に収録されている「ありったけの愛を」。
幸福感に溢れた華やかなポップミュージック。
ハンドクラップしながら楽しみたいグルーヴ感が心地良いです。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

ドラマチックアラスカ 「アラスカナイズワンマンツアー2016 〜摘みたてベリーおすそわけツアー〜」

今日は、ドラマチックアラスカのワンマンに行ってきました。
会場は名古屋ボトムライン。
名古屋ワンマンは今回が3回目で、1回目はロックンロール、2回目はアップセットだったらしいですが、3回目にしてキャパが一気にスケールアップ。
正直なところ、このバンドがワンマンでこのキャパの会場を使うのは無謀ではないかとも思ってしまいましたが、会場に入ると若い女性中心に多くのお客さんが。
少数派ながらも男性ファンもしっかりいてくれるのが心強いです。
やっぱり、良く言えば大きな会場でゆったりと楽しめる感じになってしまっていましたが、このキャパを埋めてやろうという野心のようなものも感じられて、そこはこのバンドらしいところ。

[SET LIST]
無理無理無理
エキセントリック アルカホリック
和心
怠惰故
ニホンノカブキ
フレームアウト
リダイヤル
なんでもないうた
Aのテーマ
マイヒーロー
河原町駅
ずるい
東京ワンダー
人間ロック
世界の始まり
en)
忘れないでね
星になる

今日のワンマンライブでも、オリジナルメンバーはボーカルのヒジカタさんとドラムのニシバタさん二人で、そこにサポートメンバーを加える編成。
サポートベースは、れいちぇるさん。
TearSmiloの竹村一来さんです。
ステージ衣装用に買った古着に「レイチェル」(英語で)という名前がペンで書かれていたのが名前の由来らしいです。
サポートギターは、「さわやん」こと、元THE NAMPA BOYSの澤柳さんでした。
ドアラとナンパボーイズはかつて名古屋でも対バンしたことがあったそうですが、当時は言葉を交わすこともほとんどなく、一緒に演奏する日が来るとは思いもしなかったそうです。
二人ともサポートメンバーでありながら、オリジナルメンバーに負けないほどの活躍ぶり。
特に、れいちぇるさんは、アクの強いキャラで、所々にネタを仕込んでいたりMCで急に仕切り出したりと、インパクト抜群でした。
ライブは、
最初から盛り上がらないと無理無理無理!
ということで、いきなりキラーチューンの「無理無理無理」からスタート。
僕たちのライブにはルールなど無いし、何かを強制したりもしないので、自由に好きなように楽しんでいってほしい。
肩ひじ張らずに。
僕はヒジカタなんですけど。
という、ヒジカタさんの最初のMCに応えるように、終始リラックスしたムードで楽しむお客さんたち。
「フレームアウト」では、曲演奏をいったん中断して(時空が歪んでいたらしい)、コール&レスポンスコーナーがありましたが、多分これ地域によってフレーズ変えているんですね。
名古屋編は、ご当地CMの「何でも貸します」「近藤産興!」でしたが、馴染みの薄い人も多かったのか声は小さめ。
フレーズを「手羽!」「先!」に変えたら一気に声量アップして、こういうのはシンプルなのが良いのかも。
その後も、不意打ちの「手羽!」「先!」コール&レスポンスがところどころに登場しました。
「Aのテーマ」では、ヒジカタさん以外の3人も順番に歌うという、ワンマンでしか見られないパフォーマンスが。
メンバー間の仲の良さが伝わってきて、なんかほっこりとしました。
ワンマンでしか見られないと言えば、アンコールで披露された「忘れないでね」のパフォーマンスも相当レア。
オリジナルメンバーの二人のみが登場し、ヒジカタさんのギターとニシバタさんのカホンのみというアコースティックライブバージョンを聴くことができました。
聴かせるところはしっかり聴かせてくれるのが、このバンドの魅力。
でも、盛り上げるときは、身体の芯まで伝わるような熱いパフォーマンスを届けてくれるんですよね。
「和心」とか「ニホンノカブキ」とかもそうですが、このバンドは和のテイストが入ったロックサウンドが似合うなと改めて感じました。
「ニホンノカブキ」のイントロの拍子木とか「ヨッ!」「ハッ!」の掛け声とか、日本人のお祭り魂みたいなものを呼び起こしてくれるような感覚。
そんなドアラ流の和ロックチューンの傑作といえば、「人間ロック」。
スリリングな展開とクセになるメロディはこのバンドの持ち味。
ヒジカタさんの、不器用なようで少年らしさを持ち合わせたような歌声が、こういうサウンドとマッチして、ちょうど涙腺を刺激する波長を作り出しているような気がします。
そして、なんと言っても、歌詞が良いんですよね。
ろくでなし達の人生を肯定してくれるようなロックンロール。
たとえ螺旋階段を転がり落ちてしまったとしても、頂上をめがけて跳び立つことができるんだと、背中を押して応援してくれるような優しさが感じられて感動してしまいます。
「今のキミがそこにいる理由」を改めて考えさせてくれる「東京ワンダー」から連続で「人間ロック」という流れは最高でした。
自分の人生と重ね合わせて聴き入ってしまい、これこそが魂を震わせるロックンロールだなと思いました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする