2017年08月11日

DYGL/ミツメ 2017夏日联合巡演

DYGLとミツメが、合わせて7日間、中国の各都市を回るライブツアー。
今日はその初日の上海公演でした。
会場は、もうすっかりおなじみのライブハウスMAO。
金曜日の20時30分スタートということで、仕事帰りに行ってきました。
(中国にはお盆休みなど無いので、普通の平日です。)
日本だとライブの開演時刻は19時とか18時とかが定番ですが、上海だと20時とか21時とかから開演というパターンが多くて、仕事が終わってからも行きやすいのがありがたいです。
定刻を少し過ぎて会場に到着したら、キャパ500〜600人の会場にパンパンのお客さん。
ソールドアウトしそうなレベルでした。
上海でもこの2組がここまで人気があるということに驚いてしまいました。
20時30分開演ということでしたが、実際ライブが始まったのは21時から。
1組約1時間のステージでした。

DYGL

今、注目度が急上昇しているDYGL(デイグロー)。
Ykiki Beatのメンバーを含む構成の4人組バンド。
今年発表されたアルバム「Say Goodbye to Memory Den」は、先日発表されたCDショップ大賞にノミネートされました。
日本だけに留まらず、アメリカでも活動しているこのバンド。
楽曲は全編英語詞で、ジャパニーズロックシーンの枠を完全に飛び越えた存在感。
今日は、そんな彼らの初の上海公演を待ち望んでいた多くのファンたちが詰めかけてきていました。
ほとんどが現地の中国人のお客さんでしたが、日本人や欧米系のお客さんの姿もチラホラ。
ワールドワイドな活動を続けるこのバンドならではの光景だと思います。
ベース音とドラムが作り出す心地良いグルーヴとポップで軽快なメロディは、リスナーの国籍を問いませんね。
音源だけ聴くと、かなり玄人なこだわりが伝わってきますが、本人たちを実際に見ると、ここまでの音楽を作ってしまうことが信じられないほど若いんですよね。
メンバーみんな20代前半という若さ。
今後、どこまで活躍してくれるのか、楽しみな存在です。
日本でのライブがどうなのかわからないですが、MCではボーカル秋山さんだけが話すスタイル。
日本語を使わず、ほぼ全編英語。
時折交えていた慣れない中国語が、ちょっと可愛らしかったです。



ミツメ

前から好きだったバンドですが、ライブを見るのは今日が初めて。
ミツメが上海でライブをするのは、昨年の6月以来2回目だったそうです。
「こんなにあたたかく迎えてくれて、ありがとうございます」
と感謝の思いを日本語で伝えるボーカル川辺さん。
国内と同じような感覚で、上海にもツアーで回ってきてくれるのは、嬉しいですね。
ミツメの楽曲は、DYGLとは対照的に、ほぼ全編日本語。
でも、日本語の歌詞の意味というよりも、日本語の音の響きを重視したような楽曲だからこそ、海外でもファンが多いのかもしれません。
シンプルで心地良いメロディと抜群のコーラスワークであたたかく包み込んでくれるような音楽。
個人的には「うつろ」をライブで聴くことができたのが嬉しかったですが、一番盛り上がったのは「煙突」かも。
歌い出しの時点で大歓声が上がり、会場のテンションが一気に上がったのが肌で感じられました。
ミディアムテンポの楽曲でありながらこんなに盛り上がるのは、日本とはちょっと違うところかも。
アンコールが終わったのは23時過ぎとちょっと遅めの時間でしたが、最後まで多くのお客さんが残って、熱気に溢れたライブでした。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

大柴広己/大石昌良/波多野裕文/みきとP CONNECT SERIES special Guitars

大柴広己が主催する、ギター弾き語りのミュージシャン4組が集まったイベントに行ってきました。
今年の1月にも上海で開催されたイベントで、今日はその第2弾だったようです。
日本国内でもSSWたちにスポットライトを当てたイベントを開催することの多い大柴広己ですが、海外でもこういう活動を行っていたんですね。

この4組、上海でそこまで知名度無いだろうと勝手に思っていましたが、会場に着いたら想像以上の数のお客さん。
200人ぐらいは集まっていたと思います。
意外と男性のお客さんも多くて、男女比は4:6ぐらい。
アイドルとかが好きそうな人も多かったです。

司会の男性の方が登場して、次の出演者の紹介をしたりして、ステージを繋いでいく構成。
まずは、オープニングアクトとして、男性が2人ギターを持って登場。
地元の高校生らしいです。
大柴さんが「QQ」で見つけて誘ったんだとか。
「前前前世」のカバーなどで会場をあたためていました。

大柴広己

この人のライブを見るのは、実は今日が初めて。
「さよならミッドナイト」「ドナーソング」など。
時には力強くロックな一面を見せ、時には詞に思いを込めて切々と歌い上げる一面を見せてくれるステージ。
トランペットの音色を口で真似ながらパフォーマンスした「ムーンリバー」の日本語カバーが絶品でした。



波多野裕文

People In The Boxのボーカルがソロで登場。
中国でのライブは今日が初めてだったようです。
ゆったりとした幻想的な楽曲のステージ。
静かな雰囲気の中でゆらゆらとリラックスした時間を届けてくれました。



みきとP

今日は、この人目当てのお客さんも多かったみたいです。
上海でも既に何回かライブを行っているようですが、登場するやいなや大歓声が上がり、総立ちのお客さん。
ボカロ人気は、中国にも浸透している様子です。
「小夜子」「心臓デモクラシー」など、バックトラックを流しながらのパフォーマンス。
「いーあるふぁんくらぶ」のように楽曲に中国的な要素が含まれているのが、人気につながっているのかもしれません。
客席のお客さんからヒマワリの花束をプレゼントされていました。



大石昌良

トリは、最近はソロでアニメソングも多く手掛けている大石昌良。
上海初ライブだったようですが、彼の登場を待ち望んでいたお客さんも多かったようです。

[SET LIST]
ピエロ
ファイヤー!
トライアングル
Go EXCEED!!
ようこそジャパリパークへ
君じゃなきゃダメみたい

大石昌良のライブはかなり久々に見ましたが、こんなに良いライブをするアーティストだったのか、という大発見でした。
これから楽しいショータイムが始まることを予感させる「ピエロ」のエンターテイメント性溢れるステージで、1曲目から圧倒されました。
ポップやロックの幅に捉われない、様々なジャンルの音楽性を感じさせるパフォーマンス。
ギター1本でドラムやベースのような音を出したり、スキャットや口トランペットを披露したり。
国の違いも関係なく、音楽が好きなすべての人の心を揺さぶったのではないかと思います。
初めて聴く曲でも一気に引き込んでくれる、圧巻のステージでした。
でも、やっぱり、今日のフロアのボルテージを最高潮まで上げたのは、後半のアニメソング3連発。
タイトルを口にした時点で大歓声が上がりました。
曲中の掛け声もバッチリ。
「ようこそジャパリパークへ」はセルフカバーですが、大石昌良が歌うとまた新たな魅力が発見できるような気がします。



アンコールは、4組が登場してスペシャルセッション。
「日本でとても有名な、愛に溢れた曲を」
ということで「ハナミズキ」をカバーしてくれました。
このイベント、次回の開催も期待しています。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

SPYAIR LIVE IN SHANGHAI 2017

今日は、SPYAIRのワンマンに行ってきました。
このバンドのライブを見るのは、IKE復帰直後の2014年メリロ以来だったので、約2年半ぶり。
会場は、バンダイナムコ上海文化センター。
上海でのワンマンライブは2回目だったそうですが、中国でもこのバンドはかなりの人気があるみたいです。
2階建てでキャパ約1200人の会場が見事にソールドアウトしていました。
行ったのがちょっと遅かったからか、1階のフロア部分には入れず、2階席の後ろで立ち見という形になってしまいました。
開場時間に合わせて早めに行っておいた方が良かったですね。

熱狂的なファンたちの熱気に溢れる中、大歓声に迎えられてメンバー登場。
「OVERLOAD」でライブスタート。
楽曲に連動した映像がバックに映し出されていて、パワフルで疾走感のあるステージが展開されていきました。
「サクラミツツキ」では、桜と月をテーマにした映像が幻想的でした。
お客さんの盛り上がりも、日本と変わりません。
「WENDY 〜It's You〜」など人気のアッパーチューンが続いた後、バラードナンバー「Be with」で聴かせるステージ。
IKEの圧倒的にパワフルなボーカルは、爽快ロックチューンにももちろん合いますが、こういうバラードナンバーにも映えてマッチするというのが新たな発見でした。

前半終了後、メンバーがいったん椅子に座ってMCタイム。
基本ほとんど日本語で喋っていましたが、来ている中国人のお客さんにもだいたい伝わっていたみたいです。
メンバーが日本語で何か問いかけても、ちゃんと日本語で返していたり。
日本だと、外国人のアーティストが外国語で話しかけても、ここまで応えられる日本人っていないだろうな、と思います。
それだけ日本への関心が高い人が多いということでしょうか。
でもやっぱり、中国語でMCしていたところがいちばん盛り上がりました。
IKEがメモを見ながら何やら長い文章を話していて、会場は爆笑と歓声に包まれていました。
何かと思ったら、中国語版の「生麦生米生卵」的な早口言葉だったそうです。

後半パートでは、「RAGE OF DUST」「イマジネーション」など人気曲を連発し、大量のタオルが回った「サムライハート (Some Like It Hot!!)」で本編終了。
アンコールでは、誰かファンの人が大量に用意してきたらしい「ありがとう」と書かれた紙が会場全体に配られて、それを掲げてメンバーの登場を迎えました。
アンコールで演奏されたのは、「THE WORLD IS MINE」と「SINGING」。
興奮も冷め止まぬまま、会場全体での写真撮影で約2時間のライブが終了しました。

今日いちばん印象的だったのは、MCパートに続いてアコースティックスタイルで演奏された「My Friend」。
IKEの「歌って!」の声に合わせて、会場全体が日本語で大合唱していました。
SPYAIRはアニメ主題歌のタイアップが多いバンドなので、中国ではアニメきっかけで知った人が多いと思います。
もちろんアニメタイアップの楽曲が演奏された時の盛り上がりは半端なかったですが、それ以外の楽曲も同じように愛されているというのが凄いなと思いました。
ましてや、日本でもファン以外ではあまり知られていないアルバムの中の1曲。
それを、約1200人の会場全体のお客さんが日本語で合唱する光景を見て、このバンドの中国での人気は本物だなと感じました。

「明日また。」それぞれの道を
歩いても 離れないMy friend
ありのまま 生きてく強さと
失っちゃいけないモノがここにある

改めて聴くと、シンプルなメロディと歌詞が心に響いてきて良い曲。
国境を越えて、音楽を通して心が通じ合う光景に感動しました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

→Pia-no-jaC← Cinema Popcorn Tour 2017 上海

今日は、→Pia-no-jaC←の上海公演を見に行ってきました。
会場は、前回、空気公団とHARCOを見に行った時と同じMAO Livehouse Shanghai。
今回は、椅子無しのオールスタンディングスタイルでした。
集まったお客さんは200〜300人ぐらい。
日本人もいたかもしれませんが、ほとんどが現地の中国人でした。
欧米系の方も少なくなくて、やはり言語の壁を越えた人気があるようです。

大歓声が起きる中、メンバー二人が登場。
個人的に→Pia-no-jaC←のライブを見るのは約10年前のインストアライブ以来2回目だったので日本でのライブの様子があまりわからないのですが、日本と同じかそれ以上とも思えるほどの盛り上がりを見せていました。
ピアノとカホン(パーカッション)のみで、バックバンドもバックトラックも何も加えていないのに、ロックバンドと変わらない迫力のある音楽。
拳を上げたり、手を振ったり、シンガロングしたり、盛り上がり方は日本と変わらないです。
「Don't Look Back in Anger」の大合唱が起こった様子には、世界に通用する音楽のパワーを感じました。
「第9」だったり「ミッションインポッシブル」だったり、有名なクラシック音楽や映画音楽などをアレンジした楽曲も多い彼らですが、おなじみのフレーズが聴こえてくるとテンション上がりますよね。
そんな中、いちばん盛り上がったとも言える楽曲は、「台風」。
イントロが聴こえた瞬間に大歓声が沸き起こっていて、単にパフォーマンスだけでなくオリジナル楽曲の認知度も高いというのは凄いなと思いました。

→Pia-no-jaC←は中国でも何度もライブを行ったことがあるようで、メンバー二人とも中国語のMCも慣れた様子。
アンコール最後のMCでは、「サマーソニック チャイナ」に出演するという告知も。
「サマーソニック チャイナ」とは?
と思って調べたら、今年の夏、上海でもサマソニが開催されるんですね。
これは是非とも行きたいところ。
まだ詳細は明らかにされていませんが、行ったらまたここでも報告したいと思います。

アンコールラストに演奏されたのは、「PEACE」。
この曲を最後に演奏するのは定番なんですね。
フロア全体で指でピースを作って高く掲げながらライブを楽しむ光景は、まさにピースそのもの。
アンコール含めて約1時間半の短めのワンマンライブでしたが、胸に熱い余韻が残る良いライブでした。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

空気公団/HARCO Good Things 〜一起去旅行吗〜

日本にいた頃は毎週のようにライブハウスに通っていましたが、中国に行くともうライブハウスに行くこと自体なくなってしまうんだろうな…、
と思っていましたが、行ってきちゃいました。
中国に来てからの初ライブ。
本日行われたのは、空気公団の上海公演。
オープニングアクトはHARCOでした。
会場は、上海の観光スポット田子坊の近くにあるライブハウス、MAO Livehouse Shanghai。
そこそこ新しめで綺麗なライブハウスでした。
そこまで広くはないですが、天井が高くて開放感のある会場。
日本で言うところのクアトロをちょっと狭くした感じだと想像してもらえばいいと思います。
雑居ビルの3階まで階段を登らないといけないのは、日本のライブハウスと近いところあります。
前売りチケットの買い方がわからなかったので、当日券230元を購入。
日本円で約4000円弱。
このあたりの物価は日本とあまり変わらないですね。
今回の公演がそうだっただけなのかもしれませんが、チケットには1ドリンク込み。
ドリンクチケットで引き換えるシステムも、日本と一緒でした。
前売りチケットは180元。
見ていると、前売りのお客さんたちは、何やらスマホの画面を見せながら入っていました。
お金はその場で支払っていなかったので、何らかの方法で振り込み済みだったんだと思います。
このあたりは、今後調べておきたいところ。
日本みたいな取り置きシステムは無いかもしれませんね。
お目当てのバンドを聞かれることもなかったです。
チケットカウンターのすぐ先がエントランス。
入って左手側には物販コーナーもありました。
今回の公演がそうだっただけかもしれませんが、椅子が並べられていて自由席のスタイル。
200名分弱の座席がほぼ埋まっていて、立ち見の人もいたと思います。
私が見た限りでは、日本人のお客さんの姿はいませんでした。
お客さんは年齢も性別もバラバラで、若い女性からおじさんの姿まで様々。
どういった経緯で空気公団を知ってライブに来ようと思ったのか、非常に気になります。

HARCO

本日のオープニングアクトとして登場したのはHARCO。
中国に来たこと自体は20年近く前にあったそうですが、海外でライブをするのは初めてだったようです。
今日は、どちらかと言うと実は空気公団よりもHARCOが目当てでした。
HARCOのライブを見るのはかなり久々。
上海で見ることになるとは思いませんでした。
ソロで鍵盤弾き語りのスタイル。

[SET LIST]
Lamp&Stool
親子のシルエット
文房具の音
南三陸ミシン工房のうた
カメラは嘘をつかない
ゴマサバと夕顔と空心菜
世界でいちばん頑張ってる君に

ソロ弾き語りでありながらも、曲ごとに流されるバックトラックによる音の広がりが満足させてくれました。
特に圧巻だったのが、「文房具の音」。
楽器としてクリップとセロテープとホッチキスを使用するのですが、それぞれの文房具から発する音をループマシンに録音して1つのトラックを作り上げるプロセスは、日本語が通じなかったとしても伝わったのではないかと思いました。
MCでは、曲紹介ごとに中国語を使ってみようと奮闘するHARCO。
中国語特有のイントネーション(四声)に苦労している様子に、会場からは笑いが漏れていました。
どれだけ日本語の歌詞が伝わっていたのかはわかりませんが、透明で心地良いHARCOサウンドは、国籍問わず人々を魅了できていたはず。
「ゴマサバと夕顔と空心菜」の異国情緒漂うサウンドは、上海の空気にも馴染んでいたと思います。
もともとHARCOを知っていて今日のライブに来たお客さんはおそらくほとんどいなかったと思いますが、ライブ終了後の物販では、彼の甘いボーカルに魅了された女性のお客さん中心にサインを求める列ができていました。
その様子を見ていてビックリしたのが、お客さんけっこうみんな普通に日本語喋っているんですね。
日本と変わらないライブ終演後の風景に、中国にいることを一瞬忘れそうでした。



空気公団

本日のメインアクト。
海外公演を行うことも多いこのバンドですが、上海でのライブは今日が初めてだったそうです。
メンバー3人にサポートドラムでオータコージを迎えた編成でのパフォーマンス。
空気公団は、昔ちょっと聴いていた時期はありましたが、ライブを見るのは今日が初めてでした。
メンバー全員椅子に座って、ゆったりと音楽を奏でるムードの心地良さ。
ボーカル山崎ゆかりの、まさに空気のように溶けていく透明なボーカル。
力強いベースとドラムが作るグルーヴに、さらに彩りを加える鍵盤の音色が心を踊らせてくれます。
お客さんもみんな派手なリアクションをすることはなかったですが、曲が終われば盛大な拍手が起こり、曲によってはハンドクラップをしたり、思い思いに音楽を楽しんでいたように思います。
中盤には、HARCOとのコラボステージもありました。
HARCOとは違い、MCでも普通に日本語を使って話す空気公団のメンバー。
でもけっこうお客さんにも日本語通じていたっぽいです。
こういうライブに来るお客さんだけあって、ある程度日本語わかる人多いんですね。
中国語でのMCにチャレンジしていた場面もありましたが、会話に困って結局「ニーハオ」でごまかす姿には、会場からも笑いが起きていました。
ライブMCと言えば、次回ライブの告知が定番ですが、上海でも東京と大阪で行われるワンマンライブの告知が行われるとは思いませんでした。
でも、
「私たちも旅をして上海までやってきたので、今度は皆さんも『旅をしませんか』」
という綺麗なまとめ方はさすがでした。
今回のライブタイトルは、まさに「旅をしませんか」の中国語訳なんですね。
ラストの中国語でのパフォーマンスには、拍手喝采でした。
本編終了後にアンコールを求める手拍子が起こる様子が日本と一緒で、思わず笑ってしまいましたが。
日本では4月26日に結成20周年記念アルバム「Anthology vol.0」をリリースする空気公団。
でも今日はなんと、日本での発売に先駆けて、物販でこのアルバムを全世界初リリースしてくれました。
これまでの空気公団の歩みを閉じ込めた3枚組アルバム。
ゆったりと聴き込んでいきたいです。



このライブハウス、日本のアーティストがライブすることも多いみたいで、再来週にはLampの出演が発表されていました。
(平日なので、多分行けないですが。)
先月はThe fin.が来ていたり、昨年来たアーティストを見ても、DEPAPEPE、ハンバート ハンバート、advantage Lucyなど、なかなか音楽通好みのラインアップ。
上海の他の会場では、中孝介のライブが決まっていたりするので、また都合が合えば中国でもいろいろライブに行ってみたいと思います。
posted by なっくる at 00:00| Comment(1) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする