2017年07月02日

SPYAIR LIVE IN SHANGHAI 2017

今日は、SPYAIRのワンマンに行ってきました。
このバンドのライブを見るのは、IKE復帰直後の2014年メリロ以来だったので、約2年半ぶり。
会場は、バンダイナムコ上海文化センター。
上海でのワンマンライブは2回目だったそうですが、中国でもこのバンドはかなりの人気があるみたいです。
2階建てでキャパ約1200人の会場が見事にソールドアウトしていました。
行ったのがちょっと遅かったからか、1階のフロア部分には入れず、2階席の後ろで立ち見という形になってしまいました。
開場時間に合わせて早めに行っておいた方が良かったですね。

熱狂的なファンたちの熱気に溢れる中、大歓声に迎えられてメンバー登場。
「OVERLOAD」でライブスタート。
楽曲に連動した映像がバックに映し出されていて、パワフルで疾走感のあるステージが展開されていきました。
「サクラミツツキ」では、桜と月をテーマにした映像が幻想的でした。
お客さんの盛り上がりも、日本と変わりません。
「WENDY 〜It's You〜」など人気のアッパーチューンが続いた後、バラードナンバー「Be with」で聴かせるステージ。
IKEの圧倒的にパワフルなボーカルは、爽快ロックチューンにももちろん合いますが、こういうバラードナンバーにも映えてマッチするというのが新たな発見でした。

前半終了後、メンバーがいったん椅子に座ってMCタイム。
基本ほとんど日本語で喋っていましたが、来ている中国人のお客さんにもだいたい伝わっていたみたいです。
メンバーが日本語で何か問いかけても、ちゃんと日本語で返していたり。
日本だと、外国人のアーティストが外国語で話しかけても、ここまで応えられる日本人っていないだろうな、と思います。
それだけ日本への関心が高い人が多いということでしょうか。
でもやっぱり、中国語でMCしていたところがいちばん盛り上がりました。
IKEがメモを見ながら何やら長い文章を話していて、会場は爆笑と歓声に包まれていました。
何かと思ったら、中国語版の「生麦生米生卵」的な早口言葉だったそうです。

後半パートでは、「RAGE OF DUST」「イマジネーション」など人気曲を連発し、大量のタオルが回った「サムライハート (Some Like It Hot!!)」で本編終了。
アンコールでは、誰かファンの人が大量に用意してきたらしい「ありがとう」と書かれた紙が会場全体に配られて、それを掲げてメンバーの登場を迎えました。
アンコールで演奏されたのは、「THE WORLD IS MINE」と「SINGING」。
興奮も冷め止まぬまま、会場全体での写真撮影で約2時間のライブが終了しました。

今日いちばん印象的だったのは、MCパートに続いてアコースティックスタイルで演奏された「My Friend」。
IKEの「歌って!」の声に合わせて、会場全体が日本語で大合唱していました。
SPYAIRはアニメ主題歌のタイアップが多いバンドなので、中国ではアニメきっかけで知った人が多いと思います。
もちろんアニメタイアップの楽曲が演奏された時の盛り上がりは半端なかったですが、それ以外の楽曲も同じように愛されているというのが凄いなと思いました。
ましてや、日本でもファン以外ではあまり知られていないアルバムの中の1曲。
それを、約1200人の会場全体のお客さんが日本語で合唱する光景を見て、このバンドの中国での人気は本物だなと感じました。

「明日また。」それぞれの道を
歩いても 離れないMy friend
ありのまま 生きてく強さと
失っちゃいけないモノがここにある

改めて聴くと、シンプルなメロディと歌詞が心に響いてきて良い曲。
国境を越えて、音楽を通して心が通じ合う光景に感動しました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: