2017年07月02日

2017年上半期 マイベスト20

今年も上半期が終わりましたが、個人的には、3月の終わりに日本から上海に引っ越したこともあり、かなり変化の多い期間でした。
最近は、中国のネット規制のおかげで、なかなか思うように日本の音楽が聴けない日々。
サブコンもまともに参加できなくなってしまいましたが、そんな中でも聴いていた今年上半期のお気に入りの楽曲を20曲選んでみました。 

20.流動体について/小沢健二

この先発売されることは無いだろうと半ば諦めかけていたオザケンのシングルが突然リリースされるというサプライズ。
「もしも間違いに気がつくことがなかったのなら」と、90年代に自身が作り上げたムーブメントを否定するかのようにも受け止められる歌詞が衝撃的。
個人的には、「その時、愛」の音源化と、過去のアルバム未収録曲の再リリースを強く希望します。

http://www.youtube.com/watch?v=dajpqaThpO4

19.黄昏シンフォニー/KEYTALK

メロディーも歌詞も陳腐で、KEYTALKらしさが感じられない。
そんな第一印象でありながら、不思議と何度も聴きたくなってしまう曲。
思えば、メロディーと歌詞がシンクロした爽快な王道ポップスを作るセンスこそがこのバンドの魅力。

http://www.youtube.com/watch?v=UYDYACyS4tc

18.洗濯機と君とラヂオ/マカロニえんぴつ

「洗濯機と君とラヂオ」というフレーズが強烈。
サビだけでなくAメロBメロすべてのメロディラインにキレがあって何度でも聴きたくなります。
MVの無表情で踊るダンスの中毒性。

http://www.youtube.com/watch?v=LLYPfI-cFcc

17.ダルマさんは転ばないっ/オメでたい頭でなにより

「ダルマさんが転んだ」をテーマにしたネタ要素満載の歌詞。
「ひゅるりらり」のフレーズが印象的な、和テイストのサビのメロディは口ずさみたくなります。
歌詞もメロディもメンバー自身も、全部クセだらけなのに、そこを綺麗にまとめあげるセンス。

http://www.youtube.com/watch?v=xuKZq5Jp3YI

16.触らぬキミに祟りなし/MOSHIMO

「猫かぶる」「命短し恋せよ乙女」に続く、中毒性歌謡曲的ディスコロック。
ちょっぴり毒の入った歌詞は、このバンドならではの魅力。
CHEESE CAKE時代とはまた違った、MOSHIMOとしての個性を確立してきていますね。

http://www.youtube.com/watch?v=bZbTiSb3DZE

15.キツネ憑きの唄/セプテンバーミー

和のテイストが入った中毒性ロックチューンと言えば、このバンドも忘れてはいけません。
「コンコン今夜」から始まって「イロハニホヘト」「イナイイナイバア」と、盛り込みすぎとも思えるほど中毒要素がたっぷり詰め込まれたサビは、何度でも聴きたくなってしまいます。
日本人好みの要素を巧みに取り入れるセンスが秀逸。

http://www.youtube.com/watch?v=eEmpIMa36gg

14.We Don't Need To Talk Anymore/w-inds.

もはや、世界に通用するダンスボーカルグループの域。
突き抜ける声量の高音ファルセットが絶品。
3人のパフォーマンス自体に加えて楽曲自体のクオリティの高さも安定しています。

http://www.youtube.com/watch?v=Pc3Wq1lVThg

13.MAGIC/AAA

ここ最近w-inds.ばかりに注目していましたが、AAAも今回相当かっこいい楽曲を届けてくれました。
爽快で明るいイメージの強いAAAですが、「MAGIC」はダークでアダルトなイメージ。
ブラックミュージックのエッセンスで新たな魅力を見せてくれます。

http://www.youtube.com/watch?v=rmg2N0JZYfg

12.キルミー/SUNNY CAR WASH

今までいるようでいなかったandymoriのフォロワー的存在のバンド。
andymoriすぎるほどandymoriですが、こういうバンド探していたかも。
楽曲から伝わってくる、バンド活動にひたすら純粋に打ち込んでいるような青春感。

http://www.youtube.com/watch?v=8AkTa5QjssU

11.シーブリーズ/ムノーノ=モーゼス

夏の訪れを知らせてくれる海風の香りを届けてくれる楽曲。
普遍的なロックンロールをベースにしたどこか懐かしいサウンド。
「青春ロックバンド」感が溢れるほどに伝わってきます。

http://www.youtube.com/watch?v=BaJz1r2NOD8

10.チェリー/グッバイフジヤマ

http://musinacl.seesaa.net/article/448724937.html

グッバイフジヤマのライブで最初に演奏されることでもおなじみになりつつある、スピッツのカバー。
原曲へのリスペクトが感じられるシンプルなアレンジ。
少年性を残した純粋なボーカルの「チェリー」感。



9.POWER/Lee&Small Mountains

魂を揺らしてくれるような心地良いグルーヴ。
ブラスと鍵盤の音色が醸し出す夜の街のキラキラ感。
普段着感で楽しめるポップなソウルミュージック。



8.ROCK THA TOWN/Sexy Zone

今年はw-inds.やAAAだけでなく、ジャニーズもこの手の楽曲を届けてくれました。
ファンキーなブラックミュージックのテイストが最高にクール。
年齢がようやくグループ名に追いついたと思えるほど、大人のセクシーな魅力が溢れています。



7.Hit It Up/Omoinotake

冒頭の「2人抜け出して」のフレーズから一気に心が掴まれました。
踊り出したくなるような鍵盤の音色が響くシティポップは、ライブが絶対楽しいはず。
Official髭男dismと同じく島根出身とのことですが、島根にはこういうバンドが育つ土壌があるのでしょうか。



6.カサネテク/中村千尋

女性の合コンテクを重ねて羅列した歌詞がインパクト抜群。
単なるネタ曲で終わることなく、クセになるメロディと踊りたくなるサビの振り付けが秀逸。
世の中の女性を敵に回すようなフレーズを連発した後に、「泣きたい夜もあるけど掴みたい幸せがあるから」と弱さを見せて共感を買おうとする計算高さ!



5.犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!/Official髭男dism

ブラックミュージックをベースにしながらもここまでポップでキャッチーな楽曲を作り上げてしまうセンス。
普遍的な幸せを「犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!」というフレーズで表現した歌詞のセンスも秀逸です。
「レポート」収録曲では、ライブパフォーマンスに定評がある「異端なスター」もオススメ。



4.桃色/tonetone

http://musinacl.seesaa.net/article/449279151.html

春のぼんやりとした空気感をここまで鮮やかに表現できている曲ってなかなか無いと思います。
甘くとろけるようなメロウな歌い出しから疾走感のある間奏を経て、サビ部分で再びゆったりとメロウなムードを醸し出すという構成の心地良さ。
間奏のハンドクラップは、必ずやりたくなります。
美女(?)たちがたくさん登場するMVにも注目。



3.塩と砂糖/フレンズ

冒頭16秒間の「何か楽しいことが始まりそうなワクワク感」が秀逸。
甘い女性ボーカルが歌うポップなメロディと男性ボーカルのラップパートの絶妙なバランス。
ライブで一緒に踊りたい楽しい振り付けにコミカルなMVも含めて、何もかもが絶品。
メンバー全員、フレンズで活動しているときが一番輝いているように見えてしまいます。



2.最終兵器 GIRL/SIX LOUNGE

オーソドックスなロックンロールのエッセンスが心も身体も踊らせてくれるロックチューン。
一見チャラチャラしてそうな若いバンドなのに、実は普遍的なロックンロールをベースにしているあたり、好感度高いです。
新しさの中にも懐かしさを感じさせてくれる安心感。
MVに登場する女の子も可愛いので得点UP。



1.リバティーリバティー/パノラマパナマタウン

http://musinacl.seesaa.net/article/450343015.html

1位には、単純に、再生回数がおそらく上半期1番だった楽曲を選びました。
ついに音源化されたパノパナの代表曲。
ヒップホップ的なエッセンスを取り込んだロックンロールのセンス。
音源で聴いてもMVで見ても良いのですが、何と言ってもライブでのパフォーマンスが最高にかっこいいのでオススメです。




最後に、次点の楽曲はこちら。

トロピカルナイト/ハウリングアンプリファー
http://www.youtube.com/watch?v=PNRSiJpvGGE

渡月橋〜君想ふ〜/倉木麻衣
http://www.youtube.com/watch?v=gt5AqNiTj1E

Can't Get Enough/V6
http://www.youtube.com/watch?v=fozTFym2B6s

トランジスタ/Emu sickS
http://www.youtube.com/watch?v=-Vf99F_yUFg

スプートニク/セットラウンドリー
http://www.youtube.com/watch?v=vH2WKA3eaiQ

生きているからだ/岩見十夢
http://www.youtube.com/watch?v=d56SfSmJn_w

アオハルロンド/HEADLAMP
http://www.youtube.com/watch?v=SmwZc1iqAl8

on your side!!/about a ROOM
http://www.youtube.com/watch?v=aHoVIp8m90s

ダンシングシューズ/THE BOY MEETS GIRLS
http://www.youtube.com/watch?v=LuDZJ-jW4b8

fools/DENIMS
http://www.youtube.com/watch?v=3RzkXNgU27c
posted by なっくる at 19:24| Comment(0) | お気に入り音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: