2017年05月01日

アンテナ「バースデー」

「仙台のスピッツ」

なんていうキャッチコピーを勝手に付けて以前から応援しているバンド、アンテナ。
仙台を拠点として活動を続けている男性4人組バンドですが、このバンドの魅力は何と言ってもスピッツに例えたくなってしまうほどの楽曲の良さ。
普遍的なポップスを作るセンスは、最近の若手バンドの中でもトップクラスだと思います。
特に大好きな曲が「バースデー」。
イントロの時点から始まる、切なくてどこか退廃的なムードがたまらなく好きです。
そこに加わってくる、ボーカル渡辺さんのちょっとハスキーで切ないハイトーンボーカルが楽曲の世界観にピッタリ。
切ないムードの中で、「朝日がまだまだ僕らのこと待ってる」という、新たに生まれ変わる希望を歌った歌詞が映えてきます。
歌声を草野マサムネに変えて脳内再生してみるとものすごくしっくりくるので、みなさんも是非やってみてください。
アンテナのライブでこの曲聴いていると、渡辺さんの顔がだんだん草野マサムネに見えてくるほどです。

現在の日本の音楽シーンってどうしてもライブ至上主義的なところがあって、フェスでおなじみのライブキッズ御用達のバンドばかりにスポットライトが当たりがち。
CDが売れない時代に収益源がライブにシフトするのは自然なことなのかもしれませんが、いわゆる「歌モノ」バンドにとっては厳しい時代なのかなとも思います。
もちろん楽曲自体の良さは必須条件で、そこにプラスアルファが求められる時代。
BenthamもBRADIOもサイダーガールも、イベントでは入場規制を連発してきて着実にステップアップしてきたバンドなので、メジャーデビューが決まったのも遅いと感じてしまうぐらい。
グッバイフジヤマはちょっとタイプが違いますが、それでもオリジナリティーのあるパフォーマンスで魅了させてくれるバンドなので、確実に人気が上がっている様子を肌で感じることができていました。
そんな中で、アンテナは、純粋に楽曲の力のみで勝負するバンドだという印象があります。
アンテナのライブは、ステージから煽るようなこともなく、決まった振り付けみたいなものがあったりするわけでもなくて、正直なところ、いたってシンプル。
最近ではライブ映えするようなアップテンポの曲も増えてきましたが、やっぱり純粋に楽曲を聴かせるようなタイプのライブなんですよね。
本人たちもそういう意識で活動しているんじゃないかと思いますが。
でも、余計なことをしなくても楽曲が良ければ伝わる人には伝わるんですよね。
こういうタイプのバンドにもスポットライトが当たるようになるのは、とても嬉しいです。
かつて「大阪のスピッツ」と呼ばれていたバンドは残念ながら解散してしまいましたが、「仙台のスピッツ」には、メジャーシーンでもその楽曲を武器にしてさらに活躍していってほしいと願っています。



アンテナ「バースデー」
2015年5月6日リリース
アルバム「バースデー」収録曲

バースデー - アンテナ
バースデー - アンテナ
posted by なっくる at 00:15| Comment(0) | MUSIC LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: