2016年12月25日

MERRY ROCK PARADE 2016 2日目

メリロ2日目は途中から。

SHISHAMO
(BLESS STAGE)

メリロは第1回目から連続出場中のこのバンド。

[SET LIST]
中庭の少女たち
量産型彼氏
旅がえり
僕に彼女ができたんだ
好き好き!
タオル
君とゲレンデ

ボーカル宮崎さんの、主催者の間瀬さんへの愛の告白MCも3年連続で、もはやおなじみ。
今日はまさにクリスマス当日ということで、「量産型彼氏」の途中で「あわてんぼうのサンタクロース」を1フレーズ弾いてくれるというサービスも。
このステージは、両脇に大きなモニターが設置されているのですが、曲によってはその曲のMVも曲に合わせて映し出されていました。
イントロの時点で大歓声が上がる代表曲「僕に彼女ができたんだ」、タオル回しでおなじみの「タオル」ももちろん盛り上がりましたが、今日印象的だったのは新曲「好き好き!」。
恋する女の子の気持ちを歌った「好き好き!」を連発する歌詞がキュートでこのバンドらしいところ。
キャッチーなディスコロックサウンドは、このバンドの新たなキラーチューンになりそうな予感。



ヤバイTシャツ屋さん
(ORB GARDEN)

開始5分前ぐらいに会場に着いたのですが、もう既に入場規制。
扉などで仕切られているわけではないので、遠くの方からぼんやり見ることはできたのですが、このバンドの人気の凄まじさを感じました。

[SET LIST]
喜志駅周辺なんもない
メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲
ウェイウェイ大学生
無線LANばり便利
ネコ飼いたい
あつまれ!パーティーピーポー
Tank-top of the world

サウンドだけ聴くとメロコア系ハードロックなのに、歌詞の中身とメンバーのキャラはどこにでもいそうな親しみやすさを感じさせてくれる、そのギャップがこのバンドの魅力。
ロックバンドのライブをパロディにしてしまうような展開でひたすら笑わせ続けてくれるのは、関西人ならでは。
ヤバTって賛否両論あると思いますが、借り物のフレーズで上辺だけのそれっぽいメッセージばかりを歌詞にするぐらいなら、ひたすら「ネコ飼いたい!」を連呼する方が清々しくて良いなと思いました。
素直で飾ることのないスタイルもまた人気の理由なのかもしれません。
そして何よりもキャッチーなメロディ。
イロモノ的な要素がどうしても目立ってしまいまいますが、人気を集めることができるのは、ベースとして楽曲が良いからこそ。
色々な面でセンスの良いバンドだと思います。



The Winking Owl
(ORB GARDEN)

女性ボーカルの4人組ロックバンド。
英語詞を織り交ぜたスケールの大きなサウンドが印象的。
パワフルなボーカルというタイプではないけれど、透き通った歌声がハードなロックサウンドにも負けることなく響いていたのが良いなと思いました。



175R
(BLESS STAGE)

先日、6年ぶりに活動再開したこのバンドが、活動再開後初の名古屋ライブ。

[SET LIST]
ハッピーライフ
これから
僕の声
YOUR SONG
夏のマボロシ
SAKURA
空に唄えば

かつての代表曲の連発に湧き上がるフロア。
若いお客さんの多いこのフェスでは若干アウェイだったかもしれませんが、それでも「SAKURA」や「空に唄えば」では大合唱が起こっていました。
一緒に歌いたくなるストレートなメロディが、このバンドの魅力ですよね。
新曲もたくさんできているという嬉しい報告も。
今日披露されたのは、「これから」「夏のマボロシ」の2曲でしたが、どちらも疾走感のある青春ロックチューンで、かつての175Rそのままのイメージ。
6年間の活動休止を経ても、あの日のままの175Rでいてくれたことが嬉しいです。
楽屋裏では、ようやくフォーリミのメンバーに初めて会ったというエピソード。
フォーリミのメンバーはかつて175Rのライブを見に行っていたそうですが、当時彼らはまだ中学生だったとのこと。
2003年のメジャーデビュー以来バンドシーンを盛り上げてきた彼らですが、「これから」のバンドシーンを今のバンドたちと一緒にまた盛り上げていきたいと力強く語っていた姿が頼もしく印象的でした。



グッドモーニングアメリカ
(NOEL STAGE)

途中からですが、一昨年のメリロ以来のこのバンドへ。

[SET LIST]
コピペ
ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
空ばかり見ていた
マイライフ
言葉にならない
アブラカタブラ
鉛空のスターゲイザー
未来へのスパイラル

心に届く熱いメッセージを込めた歌詞と、ライブで踊りたくなるロックサウンド。
等身大の言葉を使って若者たちの声を代弁しているところが、やっぱりこのバンドの人気につながっているのだと思います。



sumika
(NOEL STAGE)

今年のメリロのトリはこのバンドへ。
サウンドチェックで、「らいおんハート」を1フレーズ歌ってくれるというサービスも。
「カルチャーショッカー」「リグレット」の2曲を本番さながらのテンションでパフォーマンスしてくれました。

[SET LIST]
Lovers
MAGIC
ソーダ
ふっかつのじゅもん
「伝言歌」

あらゆる音楽のエッセンスを詰め込んだようなカラフルでポップな楽曲で満足させてくれるsumikaのステージ。
「MAGIC」の「イルミネーションで高鳴る街」というフレーズがクリスマスの日にまさにピッタリで、今日帰る時もずっと頭の中で流れていました。
ピザ屋でバイトしていたというボーカル片岡さんはクリスマスにあまり良い思い出がないそうですが、今日は心をあたためてくれる素敵なライブというクリスマスプレゼントを届けてくれました。
ハッピーな気持ちにさせてくれるライブは、まさに「一等賞」です。
昨年のメリロにも出演していましたが、昨年は片岡さんの病気で直前まで出演できるかどうかわからない状況だったとのこと。
それでも諦めずに直前まで枠を空けて出演交渉を続けていたのがこのイベントだったそうです。
ビジネスの要素が強いフェスも多い中で、メリロは人の体温を感じることができるイベントだと話していて、そんなメリロというイベントも素晴らしいですが、何よりもそういうことをMCでしっかり伝えてくれる片岡さんの人間性が素敵だなと思いました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: