2016年12月24日

MERRY ROCK PARADE 2016 1日目

今日は、冬の名古屋の定番イベントになりつつあるMERRY ROCK PARADEへ。
今年で3回目の開催ですが、初の2デイズ。
しかもクリスマスイブとクリスマスというピッタリの日程でした。
今年はチケットがソールドアウトせず、当日券も販売されるという状況でしたが、それでも会場内はライブキッズたちの熱気に溢れて大盛況。
ピークの時間帯を少し外していたからかもしれませんが、リストバンド引き換えが0秒だったのが素晴らしかったです。
1日目はおそらくドロス目当てのお客さんが多かった模様。
物販の列がドロスだけとんでもないことになっていました。
ステージは今年も、メインのBLESS STAGEとちょっと小さめのNOEL STAGE、あとは若手バンドが中心に出演するORB GARDENで構成されていました。
(この文章は昨年のコピペ)

フレデリック
(BLESS STAGE)

BLESS STAGEトップバッターはこのバンド。
「フレデリック始めます」の一言からライブがスタートしました。

[SET LIST]
オワラセナイト
KITAKU BEATS
ナイトステップ
リリリピート
オドループ
オンリーワンダー

中毒性の高いダンスロックサウンドでひたすら踊らせ続けてくれるのがフレデリックの音楽。
「踊ってない夜を知らない」の代表曲「オドループ」もそうですが、何度も繰り返される印象的なフレーズが頭から離れなくなります。
最近のフレデリックの中で若干異色とも言えるのが「ナイトステップ」。
ゆったりとしたBPMが心地良くて、体をゆっくり揺らしながら聴きたいディスコミュージックです。
こういう曲をライブでやってくれるのが良いですね。
最後に演奏されたのが「オンリーワンダー」。
「メリロはメリロ」「名古屋は名古屋」と替え歌をしてパフォーマンスしてくれました。
この曲、フレデリックらしい中毒性ロックサウンドと、「みんなちがってみんな優勝」という「世界に一つだけの花」的なストレートな歌詞のギャップが印象的です。



KEYTALK
(BLESS STAGE)

数年前からずっとライブを見てみたいと思いつつもなかなか見る機会がなかったこのバンド、ついに今日初めて見ることができました。
サウンドチェックでは、「桜花爛漫」「スポットライト」を1コーラスと、クリスマスイブということで「LAST CHRISTMAS」のカバーも。
しっとりと歌い上げるKEYTALKもまた別の魅力があります。
サウンドチェックからお客さんも巻き込んだ本気のステージで、本編自体は約30分間のステージでしたが、合わせて40分ぐらい楽しむことができてお得な気分。
こういうフェスってどうしても予定を詰め込みたくなりますが、お目当てのバンドは余裕をもって早めに会場に着くと、リハでも十分ステージを楽しめてしまったりするんですよね。

[SET LIST]
YURAMEKI SUMMER
Love me
ASTRO
MATSURI BAYASHI
MONSTER DANCE

「YURAMEKI SUMMER」イントロの「ヤーヤーヤー」のフレーズの時点でライブキッズたち大合唱。
ポップでキャッチーな楽曲のセンスをベースとして、一体感を作り上げてライブを盛り上げてしまう才能を持っているバンドですね。
新曲2曲の演奏のあと、「気合いを入れる」と言って、缶ビールを1缶丸ごと一気飲みしたボーカル首藤義勝。
ライブ中にお酒を飲むバンドはよく見かけますが、ここまで大量に一気飲みする人は初めて見ました。
その勢いのまま、「MATSURI BAYASHI」「MONSTER DANCE」というキラーチューンを連続で。
踊れるロックサウンドで魅了させてくれるKEYTALKの代名詞的な楽曲。
「MONSTER DANCE」は、最初聴いたときはさすがに狙い過ぎなのではと思いましたが、ライブで聴くとやっぱりテンションが最高に上がりますね。
様々な要素を詰め込んだ展開の目まぐるしさ。
開始前からサビ部分の振り付けを予習しているお客さんもたくさんいましたが、まわりの人たちと一斉に踊る一体感を味わえるのは満足感高いです。



BURNOUT SYNDROMES
(ORB GARDEN)

今年ついにメジャーデビューを果たしたこのバンド。

[SET LIST]
月光サンタクロース
文學少女
PIANOTUNE
ヒカリアレ
FLY HIGH!!

大型フェスのステージでも、ギター石川さんの名司会ぶりは健在。
「名前と顔だけでも覚えて、・・・
帰りますので、あとで教えてくださいね」
と、お笑い芸人顔負けの流暢なMCでオーディエンスを沸かせていました。
年齢的には若手ですが、実は結成11年目というキャリアを持っているバンド。
お客さんに見てもらうということを念頭に置いたパフォーマンスで、間違いないライブを届けてくれます。



SCANDAL
(BLESS STAGE)

中盤のみですが、今まで見たことなかったこのバンドをちょこっと覗いてきました。

[SET LIST]
瞬間センチメンタル
SUKI-SUKI
EVERYBODY SAY YEAH
テイクミーアウト
Image
太陽スキャンダラス

今まであまり聴いたことなかったバンドでしたが、ライブで一体感を作り出す「EVERYBODY SAY YEAH」が良いなと思いました。
実は、彼女たち4人のステージよりも気になることがあって、それが会場後方にいた一人のお客さん。
応援団風の服装をした男性で、楽曲に合わせてオリジナルのヲタ芸をひたすら全力で踊り続けていて、まわりの注目を集めていました。
まわりにいたライブキッズたちを巻き込む場面も。
服に大きく「一番」と書いてあったのでもしやと思いましたが、後で調べてみるとやっぱり、アイドル系のイベントに出現することで有名な「一番先生」さんだったようです。
思わぬところでちょっとした有名人を見かけることができてしまいました。



lovefilm
(ORB GARDEN)

元the telephonesの石毛輝が結成した新バンド。
the telephonesと言えば、絶叫にも近いハイトーンボイスでひたすら「ディスコ」を連発する電子サウンドが印象的でしたが、lovefilmでは一気に作風が変わって、大人のディスコロックというムード。
男女ツインボーカルで、歌を重視したメロウなサウンドが心地良いです。
女性ボーカルの方が可愛いなと思って見てましたが、後で調べたら江夏詩織さんという方で、もともと女優をされていたみたいです。



WHITE ASH
(NOEL STAGE)

先日突然の解散を発表したこのバンド。

[SET LIST]
Xmas Present For My Sweetheart
Jails
Crowds
Thunderous
Paranoia
J.D.F.R
Pretty Killer Tune

1曲目は日本語詞のクリスマスソングからスタート。
WHITE ASHと言えば英語詞メインのハードロックのイメージが強かったので、こういうメロウな歌モノもあったのかと新たな魅力に気づかされました。
ただひたすら楽曲を演奏していくステージで、MCらしいMCはなかったです。
解散するということについても全く触れていませんでした。
「ありがとうございました。WHITE ASHでした。バイバイ!」の一言でライブ修了。
噂ではメンバーの不仲が原因のようですが、解散するという雰囲気を全く感じさせないほど息の合ったパフォーマンスを届けてくれて、お客さんの前では常に最高のライブを届けるというプロ意識の高さを感じさせました。



THE BAWDIES
(BLESS STAGE)

今日も最高のロックンロールパーティーを届けてくれたこのバンド。

[SET LIST]
NO WAY
SING YOUR SONG
(メドレー)
THE EDGE
MAKE IT SNOW
HOT DOG
IT'S TOO LATE

最新曲「THE EDGE」やクリスマスにピッタリの「MAKE IT SNOW」を演奏した後、突如、マッチ売りの少女に扮した即興コントを始めるROY。
クリスマスに欲しいものはパンだと言うROYのもとに現れたサンタが置いていったのはパンとソーセージ。
何かと思ったら、「合わせるとホットドッグ!アメリカンスタイル!」というオチで「HOT DOG」を演奏するという流れでした。
パーティーチューンで会場をヒートアップさせた後、その勢いのまま「遅れずについてきてくれ!」と言って代表曲「IT'S TOO LATE」を演奏。
最後の「わっしょい!」コールは、クリスマスイブということで、「メリークリスマっしょい!」というクリスマスバージョンになりました。



ココロオークション
(ORB GARDEN)

今年メジャーデビューして、もうすっかりメジャーバンドの仲間入りとなったこのバンド。
今年の冬は、レディクレにもCDJにも出演と大活躍。
疾走感のあるロックチューンはフェスシーンとの親和性は高いかも。
そんな中で
「大切な曲を置いていきます」
と言って演奏されたのが「蝉時雨」。
5年ぐらい前にこのバンドを知ったきっかけの曲ですが、前メンバー時代のこの曲をいつまでも大切に歌い続けてくれることが嬉しいです。



Brian the Sun
(ORB GARDEN)

このバンドを見るのは、実は今日が初めて。

[SET LIST]
HEROES
13月の夜明け
Maybe
パトスとエートス
ロックンロールポップギャング

疾走感のあるギターロック「HEROES」や「気に入らないことばっかりだ」というフレーズが印象的な「ロックンロールポップギャング」も良かったですが、やっぱり秀逸なのは「Maybe」。
この曲を聴くためにこのバンドを見に来たと言っても過言ではありません。
この曲で、単なるギターロックバンドではないこのバンドのソングライターとしての魅力に気付かされました。
口ずさみたくなるポップでどこか切ないメロディ。
メロウなサウンドが心地良いです。
MCも印象的でした。
「音楽を始めた頃、こんなステージに立てるようになるとは思っていませんでした。
・・・・・・、なんてことは言いません。
こういうステージに立てると思っていました」
という自信たっぷりの発言。
でも、これで満足することなく、ここからまだ先を目指しているということを宣言。
「そのためには良い曲を作っていかなければいけない。
良い曲っていうのは、本当のことを歌っている曲だと思う」
と話すこのバンドのこれからに期待しています。



ACIDMAN
(BLESS STAGE)

このバンドも、実は今日が初見。
お客さんの年齢層が全体的に若かったこともあるのか、あまりお客さんが集まっていなかったのがもったいないほどのステージでした。

[SET LIST]
造花が笑う
FREE STAR
REAL DISTANCE
ノエル
最後の星
ある証明

1曲目からいきなり代表曲「造花が笑う」。
結成20年目を迎えるベテランバンドらしく、間違いないパフォーマンスを届けてくれます。
印象的だったのは、ボーカル大木さんが話すMCの内容。
「今日ここに来ている人たちは楽しいクリスマスを過ごしているけれど、世界にはクリスマスを楽しく過ごすことができない人たちもたくさんいる。
だから今日は世界の平和を祈る日だと思います」
と言って「ノエル」を演奏。
捉え方によっては、イベントで楽しく過ごしている気分に水を差すような発言ですらありますが、まったくそう感じさせないのは大木さんの人間性によるもの。
一人の人間としてかっこいいなと思いました。
「最後の星」の前に話していた、「目に見える世界は不平等だが、目に見えない世界ではみんなどこかで繋がっている」という内容も印象的でした。
MCの内容を聞いたからこそ深く理解できる歌詞のメッセージ。
ライブのMCとはこうあるべきなのかもしれません。
初めて聴く曲でも感動してしまいました。
ほとんどの若手バンドが、場を盛り上げるためにお祭り気分でアッパーチューンを連発させる中で、メッセージの強いシリアスなナンバーを歌い上げる姿は、バンドとしての格が違うなと思いました。



SHE'S
(ORB GARDEN)

このバンドも今年メジャーデビューでしたね。
多くのお客さんを集めていて、注目度の高さを感じました。

[SET LIST]
Night Owl
Un science
freedom(新曲)
Evergreen
Curtain call

洋楽的なポップセンスの心地良い楽曲で魅了してくれるこのバンド。
楽曲によってピアノを弾いたりギターを弾いたりしながら歌うボーカル井上さんのマルチプレイヤーぶり。



KANA-BOON
(BLESS STAGE)

もはや年に1回のペースでこのバンドのライブを見ることが恒例になってきています。

[SET LIST]
Wake Up
ないものねだり
スノーグローブ
Weekend
Fighter
フルドライブ
シルエット

久々に「ないものねだり」を聴くことができましたが、やっぱりこの曲は一番盛り上がりますね。
「ワン・ツー」の掛け声やハンドクラップのタイミングが、バッチリ決まっていました。
本日ライブ初披露の新曲をなんと2曲も連続で。
ポップでキャッチーな「Weekend」、ガンダムのオープニングテーマとなる疾走感溢れるロックチューン「Fighter」。
どちらもKANA-BOONらしい楽曲ですが、個人的には「Weekend」の方が好きかも。



Bentham
(ORB GARDEN)

オープニングSEは、B'zの「いつかのメリークリスマス」でした。

[SET LIST]
クレイジーガール
HEY!!
サテライト
STORY
手の鳴る方へ
パブリック

クリスマスイブということで、Benthamのクリスマスソング「STORY」を披露。
この曲、ライブで演奏することはレアですが、こういうミディアムチューンをライブで聴くのも良いですね。
でもやっぱりこのバンドの魅力は、疾走感溢れる爽快なダンスロックチューン。



[Alexandros]
(BLESS STAGE)

トリは、今年さらに人気を拡大し続けたこのバンド。

[SET LIST]
ムーンソング
Girl A
Kaiju
Kick & Spin
SNOW SOUND
Run Away
Starrrrr
en)
ワタリドリ
city

大会場に決して見劣りすることないスケールの大きなパフォーマンス。
会場の後ろの方まで響き渡る川上洋平のボーカル。
アンコールで「ワタリドリ」を1フレーズ歌った後に続けてパフォーマンスしたのは、まさかの「city」。
このバンドのライブを前回見たのは5年ぐらい前だったのですが、その時にも演奏されていた[Champagne]時代の楽曲を今日も聴くことができるとは思わなかったので嬉しかったです。
楽曲の洋楽的なアプローチやメンバーのルックスばかりが注目されがちですが、根本的なところではメロディの良さこそがこのバンドの魅力ですね。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: