2016年12月01日

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016 「Dr.Izzy」

今日は、UNISON SQUARE GARDENのワンマン。
7月の岐阜公演に引き続き、今ツアー2回目です。
会場は、日本特殊陶業市民会館。
今日初めて来ましたが、やっぱりスケールの大きさが違いますね。
若い人中心に会場を埋め尽くすたくさんのお客さん。
制服を着た高校生から親子連れまで、幅広い客層でした。

[SET LIST]
エアリアルエイリアン
アトラクションがはじまる(they call it “NO.6”)
場違いハミングバード
リニアブルーを聴きながら
マジョリティ・リポート(darling,I love you)
マイノリティ・リポート(darling, I love you)
Miss.サンディ
パンデミックサドンデス
8月、昼中の流れ星と飛行機雲
君はともだち
等身大の地球
23:25
mix juiceのいうとおり
BUSTER DICE MISERY
オトノバ中間試験
シュガーソングとビターステップ
シャンデリア・ワルツ
Cheap Cheap Endroll
徹頭徹尾夜な夜なドライブ
en)
(新曲)
フライデイノベルス
桜のあと (all quartets lead to the?)

セトリは前回と似ていましたが、そんなこと関係なくたっぷり楽しめました。
アルバム「Dr.Izzy」の楽曲はわりとロック色が強いので、激しめのパフォーマンスが全体的に続きましたが、そんな中だからこそ映えるのがメロディの綺麗なミディアムチューン。
「場違いハミングバード」とか「Miss.サンディ」とか、メロディラインの心地良い曲が多いなと改めて思いました。
「8月、昼中の流れ星と飛行機雲」のようなバラードナンバーで引き込んでくれるのもこのバンドの魅力。
そこからの「君はともだち」の合唱パートには、ちょっとウルッときてしまいました。
かっこよかったのは、「マジョリティ・リポート(darling,I love you)」のイントロ前のベースとドラムのセッション。
ユニゾンってほぼ全曲をベースの田淵さんが作詞作曲しているので、ベースラインが際立った曲が多くて、ライブでも自然とベースの存在が目立つんですよね。
もっとも、ベースが目立つのは、演奏中に田淵さんがステージ上を縦横無尽に動き回っているからかもしれませんが。
客席からも、「田淵!」っていう歓声がよく上がっていました。
田淵さんがフロントマン的な立ち位置でパフォーマンスをしている中で、それに負けない存在感を見せつけているのがボーカル斎藤さん。
王子様的なルックスもあって、なんというか、生まれ持ったスターのオーラのようなものがあるんですよね。
そんな強烈な2人の後ろで、どうしても影が薄くなりがちなのがドラムの鈴木さんですが、今日は、昨日あった天然エピソードを斎藤さんから暴露されていました。
自動販売機で120円のナタデココを買おうとした鈴木さん。
ところが10円玉のつり銭切れだったようで、1000円札しか手持ちがなかった鈴木さんは、別の自動販売機で別の飲み物を買って小銭を作ることにしたそうです。
そのとき買ったのが、100円のジョア。
1000円札を入れて900円のお釣りが出てきてから、ようやくこれではまだ120円のナタデココが買えないことに気付いたそうです。
そこで次に買ったのは、2本90円のヤクルト。
お釣りで出てきた10円玉は1枚。
これでもまだ120円のナタデココが買えない!ということで、再びまた2本90円のヤクルトを買って、ようやくナタデココを買うことができたとのこと。
手元に残ったのは、ジョア1本とヤクルト4本とナタデココ1本という乳酸菌飲料オンパレード。
これを一人で全部飲んで、結果お腹を壊したというオチつき。
というわけで体調が悪い中でのステージだったらしいですが、そんなこと感じさせない力強いドラムを響かせてくれていたのは、さすがプロです。
アンコールでのMCでは、今年はバンド史上最長のツアーで、メンバーと一緒にいる時間が今まで以上に長かったという話。
その中で、新曲もいくつか既に作っているとのこと。
アンコール1曲目で、新曲を披露してくれました。
真夜中の妖しいムードを醸し出した、ユニゾンらしいスピーディーでスリリングなロックチューンでした。
また新作のリリースも今から楽しみですね。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: