2015年12月30日

2015年 ベストアルバム

さて、お待たせしました。
今年も、今年リリースされた邦楽のアルバム限定で、ベストアルバム10枚を決めてみました。

ちなみに、2014年のベストアルバムはこんな感じでした。
http://musinacl.seesaa.net/article/411492376.html

1. ボールズ「スポットライト」
2. 荒川ケンタウロス「よどみに浮かぶうたかたは」
3. go!go!vanillas「Magic Number」
4. 吉澤嘉代子「幻倶楽部」
5. プププランド「BYE!BYE!BYE!」
6. ayU tokiO「恋する団地」
7. フジファブリック「LIFE」
8. 竹内まりや「TRAD」
9. D.W.ニコルズ「スマイル」
10. 神聖かまってちゃん「英雄syndrome」

それでは、2015年のベストアルバムを10位から一気に紹介します。

10. muuka「愛を止めないで」
愛を止めないで - muuka
愛を止めないで - muuka

9. DENIMS「Daily use」
Daily use - DENIMS
Daily use - DENIMS

8. シンリズム「NEW RHYTHM」
NEW RHYTHM - シンリズム
NEW RHYTHM - シンリズム

7. カネコアヤノ「恋する惑星」
恋する惑星 - カネコアヤノ
恋する惑星 - カネコアヤノ

6. ボールズ「SEASON」
SEASON - ボールズ
SEASON - ボールズ

5. グッバイフジヤマ「スイートセブンティーン」
スイートセブンティーン - グッバイフジヤマ
スイートセブンティーン - グッバイフジヤマ

4. Suchmos「THE BAY」
THE BAY - Suchmos
THE BAY - Suchmos

3. Official髭男dism「ラブとピースは君の中」
ラブとピースは君の中 - Official髭男dism
ラブとピースは君の中 - Official髭男dism

2. 星野源「YELLOW DANCER」
YELLOW DANCER (通常盤 初回限定仕様) - 星野 源
YELLOW DANCER (通常盤 初回限定仕様) - 星野 源

1. Base Ball Bear「C2」
C2 - Base Ball Bear
C2 - Base Ball Bear

個人的に、今年はブラックミュージックのエッセンスが感じられる作品を好んで聴いてきたかなという気がします。
特に、上位4枚はその傾向が顕著。
ネット見ていても今年のベストアルバムでベボベと星野源のアルバムを挙げている人が多くて、ありきたりなランキングになってしまうのが正直ちょっとイヤだったのですが、でもやっぱりこの2枚は相当良かったので、これはもうしょうがないです。
星野源は、想像通り(というより想像以上に)ポップでグルーヴィーな作品を届けてくれましたが、今年はBase Ball Bearというバンドのポテンシャルを再発見できた一年だったので、その思いも込めて1位にしました。
単なる爽やかギターロックバンドで終わることがなく、世間がこのバンドに対して持っているイメージや期待感をある意味裏切ってまで、自分たちがやりたい音楽を貫くこの姿勢。
来年以降もこのバンドがどんな展開を見せてくれるのか本当に楽しみです。
Official髭男dismとSuchmosとDENIMSは、いずれも初の全国流通となったアルバム。
ブラックミュージックをベースとしていながらも、Official髭男dismはキャッチーなポップソングに昇華させており、Suchmosは重低音が身体に響くメロウでジャジーなサウンド、DENIMSはライブバンドらしくグルーヴィーな印象の強い作品を作り出してくれました。
Official髭男dismとDENIMSは個人的に待望のリリースだったのですが、Suchmosとシンリズムは、今年初めて知ったアーティスト。
特に、シンリズムは、現役男子高校生とは思えないほどの至極のポップソングのセンスに、ただただ驚かされるばかりでした。
グッバイフジヤマとボールズは、前から大好きなバンドですが、今年も素敵なアルバムをリリースしてくれました。
グッバイフジヤマは、ポップな中にも時折シリアスな面を覗かせるギャップが魅力的な作品で、ボールズは四季の中でのあらゆる風景を切り取った、誰にでも共感できる歌詞が魅力的な作品になっていますが、いずれのアルバムにもセンス抜群なポップソングがたっぷり詰まっています。
また、弾き語りライブの空気感を閉じ止めたようなアルバムにも素敵な作品がたくさんありました。
カネコアヤノは、等身大の女の子の気持ちを、ポップなメロディーに乗せて楽曲を作り上げるセンスが秀逸。
muukaはあたたかいアコースティックサウンドに心が癒されました。
今年初めて知ったバンドですが、名古屋バンドということで応援していきたい存在です。
次点としては、北園みなみ「lumiere」、シャムキャッツ「TAKE CARE」、真空ホロウ「真空ホロウ」、sumika「Vital Apartment.」、THE FOREVERS「THE FOREVERS」、Helsinki Lambda Club「olutta」あたりでしょうか。
今回も、今年リリースされた作品に限定しましたが、それ以外だと、内村イタル&musasaviband「内村イタル&musasaviband」や杉瀬陽子「遠雷」あたりをかなりリピートして聴いていました。
というわけで、2015年まとめ。

1. Base Ball Bear「C2」
2. 星野源「YELLOW DANCER」
3. Official髭男dism「ラブとピースは君の中」
4. Suchmos「THE BAY」
5. グッバイフジヤマ「スイートセブンティーン」
6. ボールズ「SEASON」
7. カネコアヤノ「恋する惑星」
8. シンリズム「NEW RHYTHM」
9. DENIMS「Daily use」
10. muuka「愛を止めないで」

エントリーアルバムリスト
(ベスト盤やコンピ盤は除外しています。)

ircle「我輩は人間でr」
愛はズボーン「IWZBN」
あいみょん「tamago」
藍井エイル「D'AZUR」
asobius「ultrarium」
Atlantis Airport「a [360°] Cosmic Flight」
絢香「レインボーロード」
荒川ケンタウロス「玉子の王様」
アルスマグナ「ARSWORLD」
[Alexandros]「ALXD」
アンダーグラフ「1977年生まれの僕らは」
アンテナ「バースデー」
androp「androp」
市川セカイ「ベルトコンベアから流れてくるもの」
indigo la End「幸せが溢れたら」
植田真梨恵「はなしはそれからだ」
ウソツキ「スーパーリアリズム」
Uchuu,「Hello,Hello,Hello,」
Awesome City Club「Awesome City Tracks」
Awesome City Club「Awesome City Tracks 2」
大原櫻子「HAPPY」
Old Lacy Bed「She Daydreams」
ONIGAWARA「エビバディOK?」
Official髭男dism「ラブとピースは君の中」
加速するラブズ「YOU ARE THE WORLD」
KANA-BOON「TIME」
カネコアヤノ「恋する惑星」
カラスは真っ白「HIMITSU」
カラスは真っ白「ヒアリズム」
KEYTALK「HOT!」
北園みなみ「lumiere」
キュウソネコカミ「ハッピーポンコツランド」
キュウソネコカミ「人生はまだまだ続く」
清竜人25「PROPOSE」
Qaijff「Organism」
グッドモーニングアメリカ「グッドモーニングアメリカ」
グッバイフジヤマ「スイートセブンティーン」
久保田利伸「L.O.K」
クラムボン「triology」
GLIM SPANKY「SUNRISE JOURNEY」
GRAPEVINE「Burning Tree」
sir oriental orchestra「天然関係」
サイダーガール「サイダーのしくみ」
斉藤和義「風の果てまで」
Silent Siren「サイレントサイレン」
SAKANAMON「あくたもくた」
SAKEROCK「SAYONARA」
サザンオールスターズ「葡萄」
Suchmos「THE BAY」
Suck a Stew Dry「Wake me up!」
SANABAGUN.「メジャー」
The SALOVERS「青春の象徴 恋のすべて」
Salyu「Android & Human Being」
沢井美空「憂鬱日和。」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「PLANET SEVEN」
サンドクロック「EPOCH」
SHISHAMO「SHISHAMO 2」
シナリオアート「Happy Umbrella」
シャムキャッツ「TAKE CARE」
シュリスペイロフ「その周辺」
ジョゼ「Sekirara」
真空ホロウ「真空ホロウ」
シンリズム「NEW RHYTHM」
Superfly「WHITE」
Swimy「ラブルと宇宙」
空きっ腹に酒「愛と哲学」
SPYAIR「4」
sumika「Vital Apartment.」
SEKAI NO OWARI「Tree」
Cettia「he(a)re」
セプテンバーミー「YES! YES! YES!」
cero「Obscure Ride」
DATS「DIVE」
Czecho No Republic「Santa Fe」
chay「ハートクチュール」
ザ・チャレンジ「スター誕生」
DJみそしるとMCごはん「ジャスタジスイ」
DAISY LOO「8 songs EP」
DISH//「MAIN DISH」
テスラは泣かない。「ONE」
DENIMS「Daily use」
でんぱ組.inc「WWDD」
東京カランコロン「UTUTU」
東京60WATTS「サヨナラトーキョー」
ドラマチックアラスカ「アンカレッジ・シティー・ポップ」
ザ・なつやすみバンド「パラード」
ななみ「ななみ」
2gMONKEYZ「JUNKFOOD」
NICO Touches the Walls「Howdy!! We are ACO Touches the Walls」
NECOKICKS「ネコキ名人スーパーベスト」
ねごと「VISION」
never young beach「YASHINOKI HOUSE」
BURNOUT SYNDROMES「文學少女」
パスピエ「娑婆ラバ」
back number「シャンデリア」
ハナレグミ「What are you looking for」
原田茶飯事「いななき」
ヒグチアイ「全員優勝」
BIGMAMA「The Vanishing Bride」
ビッケブランカ「Good Luck」
ピロカルピン「a new philosophy」
FIVE NEW OLD「Lisle's Neon」
fhana「Outside of Melancholy」
ふぇのたす「PS2015」
THE FOREVERS「THE FOREVERS」
04 Limited Sazabys「CAVU」
フジファブリック「GIRLS」
藤原さくら「a la carte」
BLUE ENCOUNT「≒」
フレデリック「OTOTUNE」
フレデリック「OWARASE NIGHT」
Base Ball Bear「C2」
PELICAN FANCLUB「PELICAN FANCLUB」
Helsinki Lambda Club「olutta」
Bentham「OMG」
Bentham「NEW LIFE」
THE BOYS&GIRLS「バックグラウンドミュージック」
polly「青、時々、goodbye」
ボールズ「SEASON」
星野源「YELLOW DANCER」
ポタリ「ポタリ」
ポルノグラフィティ「RHINOCEROS」
My Little Lover「re:evergreen」
マカロニえんぴつ「アルデンテ」
槇原敬之「Lovable People」
三浦大知「FEVER」
Mr.Children「REFLECTION」
Mrs. GREEN APPLE「Variety」
Mrs. GREEN APPLE「Progressive」
ミソッカス「反逆の♭m7」
miwa「ONENESS」
muuka「愛を止めないで」
武藤彩未「I-POP」
mol-74「まるで幻の月をみていたような」
もるつオーケストラ「みにくいアヒルでゴー」
UNISON SQUARE GARDEN「DUGOUT ACCIDENT」
吉井和哉「STARLIGHT」
吉澤嘉代子「秘密公園」
吉澤嘉代子「箒星図鑑」
yonige「Coming Spring」
米津玄師「Bremen」
余命百年「二十二世紀からの手紙」
LUCKY TAPES「The SHOW」
LAMP IN TERREN「silver lining」
LILI LIMIT「Etudes」
roppen「旅の途中」
ロマンチップス「me light us」
Ykiki Beat「When the World is Wide」
和田アキ子「WADASOUL」
ONE OK ROCK「35xxxv」
posted by なっくる at 00:11| Comment(0) | お気に入り音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: