2017年02月04日

でらロックフェスティバル2017 1日目

昨年の第1回に引き続き、今年も開催されたでらロックフェスティバル。
今年も2日間行ってきました。
昨年に比べると運営面、特にリストバンド引き換えが改善されてました。
RAD系のイベントだとサーキットイベントでもお目当てのバンドを聞くという風習があって、昨年はリストバンド引き換え時に一人一人にお目当てのバンドを聞いていたのでそれが長蛇の列を作る原因に。
今年はお目当てカードが配布されて、それをそのアーティストが出演する会場のボックスに投函するという形になったので、リストバンド引き換え時の混乱が無くなりました。
さらにリストバンド引き換え場所が増えたため、列に並ぶことなくスムーズにリストバンド引き換えができた人が多かったのではないでしょうか。
もっとも、このお目当てカードもシステムがわかりづらくて、最初間違えて控えの券の方を投函してしまったのですが。

Dr.FOOL

大阪を中心に活動する5人組バンド。
以前、ミナホの時に無料音源をいただいたことがあったのですが、それがまさにダイレクトで自分の好みなライブで踊りたくなるディスコミュージックだったので、それ以来ずっと注目していました。
想像していた通り、ファンキーにひたすら踊りまくるライブステージ。
時にはユーモラスな仕草を見せてくれるのは大阪人らしくて親しみやすいところ。
「Tonight」のようなクールでソウルフルな楽曲も良かったです。
暑苦しいほど濃いキャラのアフロのボーカルがインパクト大。
この手のバンドとしては、紅一点の鍵盤の存在が珍しいです。
個人的には、さらにライブ数を重ねてからの成熟したステージを見てみたいなと思いました。
BRADIOが好きな人は注目しておいたほうがいいかも。



The Folkees

このバンドを見るのはミナホ以来。
今日も博多から長い時間かけて車でやってきたとのこと。
今ブレイク中のSIX LOUNGEは九州バンドとして後輩にあたるそうです。
自分たちのことを自らセンスが良いと言ってましたが、オールドスタイルなロックンロールをベースとした楽曲はどれも口ずさみたくなるほどの親しみやすさがあります。
勢いのある青春ソングも、ミディアムテンポのラブソングも、等身大の心地良さが魅力。
ボーカル糸永さんの、投げキッスを連発させる暑苦しいほどのパフォーマンスも印象的。



さしすせそズ

サーキットイベントの時に見に行くことがやけに多い気がするこのバンド。

[SET LIST]
TAIWAN CALLING
悪意はない
O.P.P.
チリ〜南アメリカの細長い国〜
どす恋物語〜あなたの笑顔にごっつぁんです〜
WEEKEND

1曲目から「TAIWAN CALLING」で盛り上がるフロア。
「台湾台湾行きたいわん」というフレーズのコール&レスポンスを
「松下くんはかっこいい」に替えて満足するボーカル松下さん。
ドラム山田さんの、
「でら!」「ロック!」かと思いきや、
「でら!」「でら!」という斜め上のコール&レスポンスにも笑いが起こっていました。
メンバー全員のキャラが立っていてMCで活躍してくれるのは、大阪人バンドらしいところ。
ただ、大阪人だからというだけで笑いのハードルが高くなってしまうと愚痴をこぼすギターのイケダーマンさんに対してベース勝瀬さんが謎かけ披露。
「イケダーマンの話」とかけまして「平地」とときます、
その心は、「山も谷もないでしょう」。
「イケダーマン」とかけまして「トイレットペーパー」とときます、
その心は、「どちらもつまらないでしょう」という2本立て。
若干「おー!」という声も上がりましたが、ややウケでした。
もちろん、ユーモラスなテーマ選びをするユニークな楽曲もこのバンドの魅力。
フロア前方が若い女性で埋め尽くされていましたが、等身大のポップミュージックは老若男女問わず受け入れられるはず。



HOWL BE QUIET

このバンドのライブをしっかり見るのは、実はちょっと久々。

[SET LIST](不完全)
(?)
Higher Climber
ライブオアライブ
レジスタンス
MONSTER WORLD
サネカズラ

ライブ向けのアッパーチューンの連発で上がりまくるフロアの温度。
合唱できる「ライブオアライブ」はライブで盛り上がりますね。
「MONSTER WORLD」は、ロックサウンドの中で響くカラフルな鍵盤の音色が鮮やか。
その流れで最後に演奏されたのが、「サネカズラ」。
ボーカル竹縄さんが自分自身のことを歌ったという、男の女々しさをテーマにしたバラードナンバー。
別れても忘れられない人への思いを綴った歌詞が切なく胸に響きます。
彼女の誕生日の花がサネカズラで、その花言葉が「再会」だということに微かな希望を捨てきれない男の女々しさ。
このバンドの楽曲、どちらかというと、こういうラブバラードの方が好きかも。
髪の色が赤だったり金髪だったりするので見た目で判断されがちなんてネタにしてましたが、クオリティの高い楽曲を作ってくれるセンスは確かです。



モノブライト

前からちょこちょこ聴いてましたが、実はライブ見るのは今日が初めて。
奇抜なセンスが光るディスコミュージックは、ライブで体験するのが楽しいですね。
特にライブで聴きたかった「空中YOU WAY」を聴くことができて満足。
でもいちばん嬉しかったのは、大好きな「冬、今日、タワー」を歌ってくれたこと。
人々のそれぞれの毎日の中でもいつもそこで見守ってくれるタワーの存在を歌った、冬にピッタリなバラードナンバー。
短い時間のステージでも、こういうしっとりした面も見せてくれるのは嬉しいですね。



INKT

KOKIこと元KAT-TUNの田中聖がボーカルを担当するバンドということで、完全に興味本位で見に行ってきました。
教えていただいて初めて知ったのですが、ベースとドラムは元HIGH and MIGHTY COLORなんですね。
フロア前方はやっぱり女性のお客さんが多くて、「聖!」という黄色い歓声が上がっていたのは、アイドルのコンサート的。
ただ、KOKIは、そんな女性ファンのことを「メスども」と呼んでいて、ジャニーズ時代ではとても考えられないほどロックでした。
男性のお客さんも多かったのが意外。
(その後に出るアーティスト目当てだったのかもしれませんが。)
バンドとしては新人でも、スケール感の大きなパフォーマンスができるのは、これまで数々のビッグステージを経験してきた田中聖だからこそ。



The Floor

今日もライブハウスがパンパンになるほどお客さんが詰まっていて、このバンドの人気を感じました。
セトリは、「Wannabe」、「Toward Word World」、「ハイ&ロー」、「リップサービス」など。
身体が踊り出す軽快なダンスロックを作るセンスは秀逸。
ライブハウスシーンで、確実に人気を拡大しつつあります。



音速ライン

結成15周年を迎えるというベテランバンド。
かなり久々にライブ見ましたが、キャリアの長さを感じさせる息の合ったパフォーマンスは安心感があります。
感情を振り絞るかのような切ない高音ボーカルがこのバンドの楽曲の魅力。
1stシングル曲の「スワロー」は久々の披露だったようです。
新曲「ウーロンハイ」は、「ウーロンハイ」というフレーズの連発が頭に残る中毒性ソング。
「炭酸はもうきついからウーロンハイ」という、ユルいながらも恋の駆け引きと重ね合わせた歌詞がユニーク。



パノラマパナマタウン

神戸を中心に活動する男性4人組バンド。
ルックスもスラッとした長身イケメン4人組ですが、作る音楽もスタイリッシュでかっこいいです。
1曲目の「世界最後になる歌は」からフロアに降りてきてその場の温度を一気に上げてくれたボーカル岩渕さん。
ロックサウンドをベースとしたヒップホップが最高にクール。
Suchmosよりはブラックミュージックの要素が弱めかもしれませんが、今の時代に合った音楽だなと思いました。
掛け声で一体になって盛り上がることができる、新曲の「リバティーリバティー」が特に良かったです。
正直、こんなに良いバンドだとは思ってなかったですね。
純粋に自分たちがかっこいいと思う音楽を追求しているような姿勢が伝わってきて、好感度高いです。
音楽オーディションで賞を勝ち取っている理由がわかったような気がします。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする