2016年09月04日

花泥棒/Theキャンプ/MY YOUNG ANIMAL/The Skateboad Kids/moon drop ONEBYONE presents IF I FELL -花泥棒「Yesterday and more」リリースツアー-

今日は、花泥棒のリリースツアー名古屋編へ。
京都出身で現在は東京で活動する花泥棒ですが、対バンには東海の若手バンド4組が集まりました。

moon drop

三重を拠点に活動しているという男性4人組バンド。
イケメン男子のギターロックという定番なパターンですが、「歌」を大切にしたメロディアスな楽曲のセンスに魅力を感じました。

The Skateboad Kids

昨年結成された男性4人組の名古屋バンド。
ボーカル日置さんは、一昨年に解散してしまったHalf moon spiralのボーカル。
ハーフムーンは大好きなバンドだったので、The Skateboad Kidsもずっと気になっていましたが、今日ようやくライブを見ることができました。
キャンドルの光のような、オレンジ色のライトがピカピカ光る中での演奏。
ドリーミーで幻想的なサウンドは、ライブで体感するのが一番ですね。
ハーフムーンは、ポップなメロディが魅力的なギターロックバンドでしたが、このバンドはシューゲイザー的なサウンドで、よりスタイリッシュな印象。
でも、日本語詞で綴るポップな歌モノのセンスは変わってなくて嬉しいです。
人懐っこい、少しクセのあるボーカルも健在。

MY YOUNG ANIMAL

男性6人組バンド。
全曲英語詞で、身体を心地良く揺らしてくれるアグレッシブなサウンド。
フロアライブだったので、より一層迫力がありました。
先ほど日置さんが、「高校の頃からやっていたバンドのメンバーと今日ようやく対バンすることができた」という話をしていましたが、このバンドのベースが元ハーフムーンの武藤さんだったんですね。
こうやって仲良く対バンする姿を見ることができたのが良かったです。

Theキャンプ

途中離脱していたので、今日はこのバンド見ていないです。

花泥棒

ミニアルバム「Yesterday and more」レコ発だった花泥棒が本日のトリ。
このバンド見るのは2年前の見放題以来。
メンバー編成も変わり、正規メンバー2人にサポートを加えた形でライブを行っているようです。
肩の力を抜いて楽しめるような、どこか懐かしく心地良いサウンドがこのバンドの魅力。
普遍的でポップなメロディのセンスは、まさにスピッツに通じるものがあります。
大好きな「渚」も聴くことができて満足。
このバンドは、夏の終わりの、どことなく切ない雰囲気がピッタリですね。
まだ持っていなかった過去の音源も含めて、物販で売っていたCD全種類買ってしまいました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする