2016年09月22日

LINE wanna be Anchors/グッバイフジヤマ/アンテナ Share Rock Homes

※メモです。

グッバイフジヤマ

ステージ上にはメンバー3人が登場。
ルーさんがいないなと思ったら、フロアの後ろから登場して、1本の赤いバラをお客さんの女性にプレゼントしてました。

[SET LIST]
ひばり君の憂鬱
レノンとマッカートニー
Summer of Lovers
ですとらくしょん!
やまぐちみかこに騙された
恋のダンスビート
HELLO
はっぴいえんど

「ですとらくしょん!」では、拡声器を持って登場した中山さん。
お客さん全員にクラッカーを配って、サビの一番盛り上がるところでみんな一斉に鳴らすという演出。
クラッカーのひも引っ張るタイミングの緊張感がハンパなかったです。
音が出るだけのタイプのクラッカーを用意するという、ライブハウスへの配慮も。
中山さんのギターが折れるというハプニングも発生。
急遽、アンテナ池田さんにギター借りて演奏していました。
このギター、もともと2年前に名古屋で買ったものだとのこと。
名古屋のワンマンのときに1回ヒビが入り、そして今日の名古屋でついに折れてしまったそうです。
思い入れがあるギターなので、名古屋で修理に出して、大切に使っていくそうです。

アンテナ

どこか懐かしい心地良さに包まれるアンテナの音楽。
本人も言ってましたが、振り付けやコールなどで、わかりやすく楽しいタイプのライブではないんですよね。
でも、純粋に音楽を届けようという思いが伝わってきます。
「一つでも言葉を残すことができたら」というスタイルは、シンプルでありながらも、本当に良い音楽を作って届けていこうという決意が感じられました。

LINE wanna be Anchors

このバンドは、今日が初見。
同じようなセトリでも同じライブをすることはない。
お客さんの顔を見て、会話するようにライブする。
と語っていたMCが印象的でした。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

GRAPEVINE×TRICERATOPS IN A LIFETIME 2016

※メモです。

今日は、トライセラとバインのツーマンライブ。
デビューの頃から聴き続けてきたこの2組が対バンするというだけで嬉しいのに、今回のツアーは、1stアルバムを再現するというコンセプトのライブ。
ともに98年に1stアルバムをリリースして以来、第一線で活動し続けてきたバンド。
この貴重なライブ、東京公演は即日ソールドアウトしたらしいですが、名古屋公演は比較的ゆったり見ることができました。
でも、当時からのファンと思われるお客さん中心に、多くの人たちが集まっていました。
男性の姿も意外と多くて、男女比は半々ぐらいだったかも。
若いお客さんの姿も多く見られたのは、現在でもリアルタイムで活躍しているこの2組だからこそ。

GRAPEVINE

1998年に1stアルバム「退屈の花」をリリースしたGRAPEVINE。
サポートメンバーを加えた5人編成で、「退屈の花」を曲順もそのままに演奏するパフォーマンスでした。

[SET LIST]

君を待つ間
永遠の隙間
遠くの君へ
6/8
カーブ
涙と身体
そら
1&MORE
愁眠

当時の音源を改めて聴いて、「大人ぶっていた」と語る田中さん。
今になって、スキルなども含めて楽曲に年齢が追いついてきたという実感があるそうです。
ファンたちもバインとともに年齢を重ねてきたわけですが、お客さんの年齢層の高さをネタにするMCに爆笑連発。
「今日は若い人ばかりですね。こちらから、お嬢さん、お嬢さん、イケメン、イケメン、・・・」
という皮肉たっぷりの客いじりは田中さんらしいです。
実際、若い人もいましたけれどね。
二十代の悶々とした気持ちを綴ったという歌詞は、若いリスナーも魅了してくれるのかも。
「退屈の花」の世界観をそっくりそのまま再現したパフォーマンスで、まさに「夢みたいな 夢でもない様な」時間を過ごすことができました。



TRICERATOPS

1998年に1stアルバム「TRICERATOPS」をリリースしたTRICERATOPS。

[SET LIST]
Two Chairs
彼女のシニヨン
オレンジライター
ロケットに乗って
復刻ジーンズ
Raspberry
Star Jet
プレゼント
アイ・ラヴ・エスカレーター
My Skywalker's T-Shirt

1時間の持ち時間でしたが、アルバム「TRICERATOPS」自体は39分ほどしかないので、楽曲のアレンジやMCも加えてたっぷり楽しませてくれました。



GRAPEVINE×TRICERATOPS

最後は、この2組のセッション。
バインのメンバーはトライセラの出番中にかなりお酒を飲んでいたようで、ハイテンションで登場してきました。

[SET LIST]
Let's Spend The Night Together(The Rolling Stones)
ROCK MUSIC(TRICERATOPS)
エレウテリア(GRAPEVINE)
Maybe I'm Amazed(Paul McCartney)

ローリング・ストーンズのカバーでは、バインのサポートの金戸さんとトライセラ吉田さんがミック・ジャガーになりきって、ステージ上を走り回っていた姿にお客さんも爆笑。
「ロックミュージックは好きですか?」
というMCに続いて演奏されたのはトライセラの「ROCK MUSIC」。
バインの楽曲は何をセッションするのかと思ったら、2007年リリースのシングル「超える」カップリング曲というマイナーな選曲。
最後は、田中さんが和田さんに「歌わせたかった」という「Maybe I'm Amazed」で感動的なラスト。

改めて、バインとトライセラを2組連続で見てみると、この2バンドかなり対照的ですね。
でも、和田さんも言っていた通り、「根っこの部分はつながっている」印象を受けました。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

花泥棒/Theキャンプ/MY YOUNG ANIMAL/The Skateboad Kids/moon drop ONEBYONE presents IF I FELL -花泥棒「Yesterday and more」リリースツアー-

今日は、花泥棒のリリースツアー名古屋編へ。
京都出身で現在は東京で活動する花泥棒ですが、対バンには東海の若手バンド4組が集まりました。

moon drop

三重を拠点に活動しているという男性4人組バンド。
イケメン男子のギターロックという定番なパターンですが、「歌」を大切にしたメロディアスな楽曲のセンスに魅力を感じました。

The Skateboad Kids

昨年結成された男性4人組の名古屋バンド。
ボーカル日置さんは、一昨年に解散してしまったHalf moon spiralのボーカル。
ハーフムーンは大好きなバンドだったので、The Skateboad Kidsもずっと気になっていましたが、今日ようやくライブを見ることができました。
キャンドルの光のような、オレンジ色のライトがピカピカ光る中での演奏。
ドリーミーで幻想的なサウンドは、ライブで体感するのが一番ですね。
ハーフムーンは、ポップなメロディが魅力的なギターロックバンドでしたが、このバンドはシューゲイザー的なサウンドで、よりスタイリッシュな印象。
でも、日本語詞で綴るポップな歌モノのセンスは変わってなくて嬉しいです。
人懐っこい、少しクセのあるボーカルも健在。

MY YOUNG ANIMAL

男性6人組バンド。
全曲英語詞で、身体を心地良く揺らしてくれるアグレッシブなサウンド。
フロアライブだったので、より一層迫力がありました。
先ほど日置さんが、「高校の頃からやっていたバンドのメンバーと今日ようやく対バンすることができた」という話をしていましたが、このバンドのベースが元ハーフムーンの武藤さんだったんですね。
こうやって仲良く対バンする姿を見ることができたのが良かったです。

Theキャンプ

途中離脱していたので、今日はこのバンド見ていないです。

花泥棒

ミニアルバム「Yesterday and more」レコ発だった花泥棒が本日のトリ。
このバンド見るのは2年前の見放題以来。
メンバー編成も変わり、正規メンバー2人にサポートを加えた形でライブを行っているようです。
肩の力を抜いて楽しめるような、どこか懐かしく心地良いサウンドがこのバンドの魅力。
普遍的でポップなメロディのセンスは、まさにスピッツに通じるものがあります。
大好きな「渚」も聴くことができて満足。
このバンドは、夏の終わりの、どことなく切ない雰囲気がピッタリですね。
まだ持っていなかった過去の音源も含めて、物販で売っていたCD全種類買ってしまいました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

伊藤俊吾(キンモクセイ)/サトミツ&ザ・トイレッツ/コアラモード./山田稔明(GOMES THE HITMAN)/まちだガールズクワイア 秋の夜長の音祭り

※メモです。

今日は、別件で東京に行っていたついでに、気になるイベントへ。
大人が聴いても楽しめる良質なポップミュージックがたっぷり詰まったイベント。
いかにも音楽好き、といった感じの大人なお客さんが多かったです。

まちだガールズクワイア

オープニングアクトとして登場したのは、町田を拠点に活動しているというローカルアイドル、まちだガールズクワイア。
普段は7人で活動しているとのことでしたが、今日は6人でのステージでした。

[SET LIST]
やさしい悪魔
Be my baby
ひ・み・つ・のシークレット
恋するポルカドットポルカ

最近のアイドルは、差別化を図るために奇をてらったパフォーマンスを行うグループも多いですが、まちだガールズクワイアは、楽曲の良さを重視した正統派アイドルグループ。
サウンドプロデュースを手掛けているのは、なんと石田ショーキチと佐々木良(キンモクセイ)という、インディーズアイドルとは思えないほどの力の入れ方。
「恋するポルカドットポルカ」は作詞作曲を石田ショーキチが手掛けたポップソング。
衣装の水玉柄スカートにピッタリな、爽やかで楽しいナンバー。



コアラモード.

本日はバンド編成でのパフォーマンス。
サポートのギターがキンモクセイの後藤秀人、ドラムがGOMES THE HITMANの高橋結子という豪華メンバーでした。

[SET LIST]
七色シンフォニー
流れ星
Dive!
雨のち晴れのちスマイリー
未来

今日は、コアラモード.目当てで来ていたお客さんが多かったみたいです。
サビ部分での振り付けを練習してから本番に臨んだ「Dive!」での盛り上がりは最高潮に達しました。
コアラモード.といえば、スタンダードなポップソングを作ることができる若手アーティストとして期待の存在。
あんにゅさんが初めて買ったCDがゲントウキ(!)で、小幡さんが初めて組んだバンドで演奏したのがキンモクセイの「さらば」だったのだとか。
二人ともチョイスが渋め。
今回のイベントでは、元ゲントウキの伊藤健太さんがサポートミュージシャンとして参加、伊藤俊吾さんを始めとしたキンモクセイのメンバーも多数参加しているということで、自分が憧れていたミュージシャンと対バンできる日が来たということは感慨深かったようです。



山田稔明

今回はレーベルメイトが集まったイベントだとのこと。
GOMES THE HITMANがデビューした2年後に入れ替わるようにデビューしたのがキンモクセイだったんですね。
前半は、高橋結子(GOMES THE HITMAN)と二人でのアコースティックステージ。
後半は、キーボード伊藤俊吾(キンモクセイ)、ギター佐々木良(キンモクセイ)、ベース伊藤健太(元ゲントウキ)、ドラム森信行(元くるり)という超豪華編成でのバンドライブでした。

サトミツ&ザ・トイレッツ

トイレの素晴らしさを伝えることをコンセプトに結成されたという新人バンド。
どきどきキャンプの佐藤満春が、知り合いのミュージシャンに声をかけたところ実現したそうです。

伊藤俊吾

[SET LIST]
二人のアカボシ
あたりまえの事だけど
ちょうちょ

みんなの空
僕がいなくなっても

ラストには、出演者全員で、キンモクセイの「さらば」をセッション。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする