2016年06月25日

惑星アブノーマル/Mona Monica/フレンズ/コレサワ 「ビビとバビのマジカルパーティ」

今日は、惑星アブノーマルのリリースツアー。
若い女の子ボーカルばかりなので、お客さんはおじさんばかりなのかなと思っていたら、意外と若い女性の姿も多かったです。
男女比半々ぐらいだったかも。

Mona Monica

トップバッターは、名古屋で活動する女性ボーカルの4人組バンド。
男子メンバーの存在でロックバンド色が強いですが、ボーカル石田さんの艶のある歌声が歌謡的なムードを漂わせています。
爽快なアッパーチューンも良いですが、メロウなグルーヴ感がこのバンドには合っているかも。
CDのリードトラックになっているナンバー「花嵐の季節に」が、抜群にキャッチーでした。



後で調べて分かったのですが、ボーカルの石田さんは、元ソライロシマウマのせにゃさんだったんですね。
そもそもソライロシマウマが解散していたことも今初めて知りました。

フレンズ

今日のライブはこのバンド目当てでした。
Vo.おかもとえみ、Key.ひろせひろせ、Ba.長島涼平、Gt.三浦太郎、Dr.SEKIGUCHI LOUIEという、ベテランミュージシャンたちにより結成された新人バンド。
今日が初名古屋ライブだったそうです。
打ち込みトラックに生バンド音をのせた演奏。

[SET LIST]
夜にダンス
シンデレラガール
DIVER
ベッドサイドミュージック
Love,ya!

「フレンズのことを知ってるよっていう人と、知らないよっていう人、手を上げてもらっていいですか?」
という、ひろせさんの最初のMCの時点でバッチリ心つかまれました。
心地良いグルーヴに体が動き出す楽曲の連続。
おかもとさんとひろせさんの男女ボーカルが掛け合うような展開が楽しいですね。
ハッピーなムードに包まれて心まで満たされました。
このバンドが良いなと思ったのは、自然体のところ。
特におかもとさんの飾らないキャラによるところが大きいと思いますが、気取らない普段着感のシティポップを聴かせてくれるので、聴いている方も何のストレスもなくすんなり聴き込むことができます。
メンバー間も、終始、和気あいあいとした雰囲気。
メンバー全員が、レコード会社などの制約に捉われずに、ただ自分たちがやりたいように音楽を作っている様子が伝わってくるようでした。
MCでは、三浦さんが物販担当大臣として、グッズのアピールをしていました。
ライブ会場限定のCDももちろん買ってきたので、ヘビロテで聴くことになりそう。



コレサワ

今日は、ソロ弾き語りのステージ。

[SET LIST]
君のバンド
トーキョー
ジエイポップ
おやじ
あたしを彼女にしたいなら

代表曲「君のバンド」からスタート。
コレサワといえば、ゆるふわサブカルガールというイメージがあったので、「おやじ」というタイトルで家族への感謝を歌う曲があったのにはちょっとビックリしてしまいました。
今度リリースされるミニアルバム「ジエイポップ」から、新曲もいち早く披露。
「J-POPを聴かない君は 私の知らない歌を歌う」という歌詞の新曲。
「あたしの好きなバンドはなぜかちっともちっとも売れない
君の好きなバンドはどれもすっごくすっごく売れてる」
と歌う「君のバンド」とは、「私」と「君」の立場が逆転しているのが面白いですね。
(「君のバンド」を聴いた人から苦情でもきてこの曲でバランス取ったんでしょうか。)
ただ、どちらの曲でも共通しているテーマは、価値観の違いを超えた愛。



惑星アブノーマル

今回アルバム「VIVI de VAVI de LOVE」のリリースツアーだったこの2人組がトリ。
リリースツアーと言っても、アルバムのリリースが延期になってしまったため、CDが店頭に並ぶ前のツアーという形になってしまいました。
ただ、今回のツアーのライブ会場限定でアルバムを先行発売してくれたので、いち早くチェックすることができました。
(物販にタワレコが入ってそこで販売するという形でした。)
今日のライブは、ギター、ベース、ドラム、パーカッションのバックバンドを加えた編成。
惑星アブノーマルのライブを見るのは約2年ぶりだったのですが、こんなに良いライブをするアーティストだったのかと、ちょっとビックリしてしまいました。
振り付けを交えたエンターテイメント性の高いパフォーマンス。
演奏自体でも満足させてくれる上に、見て体感して楽しめるステージというものを意識しているあたり良いなと思いました。
楽曲は、極彩色のハッピーなオーラをまといつつも、どこかアブノーマルな毒の部分を含んでいるあたり、クセになります。
アルバムのリードトラック「LET IT DIE 〜時をかける殺し屋〜」。
ふんわりした声質とシャープなラップのギャップがクセになります。
ちょっと過激なMVにも注目。



アンコールで演奏されたのは、「チータラ、サラミ、魚肉、ジャーキー、サキイカ。」。
おつまみの名前を連呼したサビが楽しいコミカルなディスコチューン。
ライブでハンドクラップしながら聴くのが楽しいですね。
今回アルバムを買ったらライブ会場限定でデモCDが貰えて、その中にこの曲が収録されていました。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

Official髭男dism インストアライブ

Official髭男dismのニューアルバム「MAN IN THE MIRROR」リリース記念のインストアライブに行ってきました。
前回同じ場所で開催されたインストアイベントでは、若い女性のお客さんが大多数でしたが、今日は男性の姿も目立ち、年配の方や子ども連れのファミリーの姿なんかも見えました。
普遍的なポップソングの力で、人気を拡大してきているのが嬉しいところです。
メンバーのあたたかい人柄も、多くの人たちに愛されるポイントだと思います。
サウンドチェックでは、「I Want You Back」と「Isn't She Lovely」を演奏。
モータウン系サウンドをポップソングに昇華させているこのバンドらしい選曲ですね。

[SET LIST]
日曜日のラブレター
恋の去り際
コーヒーとシロップ
恋の前ならえ

前作「ラブとピースは君の中」はポップでカラフルでキャッチーなイメージが強かったですが、今作はわりとシックで大人っぽい印象。
歌詞の内容もどこか切なくて、ちょっとハスキーなボーカルとマッチしています。
リード曲の「コーヒーとシロップ」は、ボーカル藤原さんがサラリーマンだったころの経験をもとに作られたというナンバー。
社会人として生きていく中では、どうしても嫌なことを避けて通ることはできませんが、そんな時に共感して一緒に乗りこえてくれてくれそうな存在の曲だなと思います。


posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

THEラブ人間/石崎ひゅーい/最終少女ひかさ/the unknown forecast 「メケメケの花」

今日は、THEラブ人間と石崎ひゅーいのスプリットツアー名古屋編。
THEラブ人間のアルバム「メケメケ」と石崎ひゅーいのアルバムタイトル「花瓶の花」より、「メケメケの花」と命名された今回のツアー。
ゲストバンドも含めて熱いアーティストばかりが集結していました。

the unknown forecast

一組目は、名古屋バンドのthe unknown forecastから。
「今日の出演者の中で知名度がいちばん低い」と自ら言っていましたが、トップから他の出演者に負けないほど熱いライブを見せてくれました。
このバンド、見るたびに過去最高のライブパフォーマンスを更新してくれているような気がします。
楽曲自体のクオリティはもちろんのこと、魂を剥き出しにしたような熱唱が心を打ちます。
シリアスなムードの楽曲が多い中でユーモラスな一面を見ることができたのは「ゆとりばんざい!」。
「ゆとり世代」と呼ばれ続けた彼ら自身からの社会に対するメッセージ。
ドラマ「ゆとりですがなにか」放送よりもずっと前からできていたそうですが、某バンドよりもこの曲の方が主題歌にピッタリだったんじゃないかとも思ってしまいます。
MCで話していた内容も印象的でした。
学校を卒業して、まわりが就職していく中で、このようにバンドを続けていくことには不安もあったようで。
でも、自分たちの音楽を聴きに来てくれる人たちの存在で、進んできた道は間違いじゃなかったと感じることができたそうです。
人の心を動かす音楽を作る才能があるバンドだと思うので、自分を信じてこのままバンドを続けていってほしいと思います。



最終少女ひかさ

ミナホ以来のこのバンド。
ボーカル但野さんがステージ上を暴れ回りながら大声で叫び続けるパフォーマンスは圧倒的。
エモーショナルなボーカルの声質が爽快。
ステージ上から伝わってくる熱量がハンパないですが、今日印象に残ったのは「豊平川」。
名古屋でのライブの思い出を語ったMCからつなげて、バンドマンとして生きる自らの思いをストレートに綴ったナンバー。
聴かせるタイプの曲もあったんだというギャップにやられました。
そんなしんみりしたムードから一転して、ラストの「いぎありわっしょい」ではハチャメチャに騒いでくれるのもこのバンドらしいところ。
巨大スヌーピー(フロート?バルーン?)が登場し、ステージ上からフロアにダイブされて、カオスな空間が広がりました。



石崎ひゅーい

今日は、ソロでアコースティックギター弾き語りのステージ。
今までバンドセットでしか見たことが無かったので新鮮でしたが、歌に込めた思いがよりダイレクトに伝わってきたような気がします。

[SET LIST]
夜間飛行
ピーナッツバター
カカオ
第三惑星交響曲
メーデーメーデー
花瓶の花
天国電話

「第三惑星交響曲」はもともと大好きな曲でしたが、今日のパフォーマンスは特に秀逸。
バックバンドが無いからこそ、歌声が際立って心にダイレクトに伝わってきました。
全身全霊をかけたような熱唱。
あまりの迫力に、全身が固まってしまうほどの感覚を味わいました。
今回リリースされたニューアルバムの表題曲は「花瓶の花」。
この曲は、もともとはバンド仲間(石崎ひゅーいがバンドを組んでいたころ)の結婚式で演奏するサプライズのために作られた楽曲なんだとか。
「何年も何十年も何百年も君を探してたんだ」という歌詞は、結婚式にピッタリですね。
本当はその結婚式で演奏する限りのつもりだったそうですが、好評だったため、その後もライブでも歌い続けてきたとのこと。
そんなバンド仲間の彼は今は名古屋の銀行に勤めているとのことで、以前名古屋でライブしたときに遊びに来てくれて、再び彼の前で「花瓶の花」を歌ったこともあったそうです。



THEラブ人間

トリは、毎回熱量たっぷりのパフォーマンスを届けてくれるこのバンド。

[SET LIST]
クリームソーダ
幸せのゴミ箱
コント
ハレルヤ
大人と子供(初夏のテーマ)
砂男
これはもう青春じゃないか
en)
京王線
リンダリンダ(全出演者登場)

このバンドの音は、バイオリンの存在がポイントですよね。
1音目から幸福感溢れる華やかなサウンドを響かせてくれました。
ライブ初見と思われるお客さんでもグイグイ引き込んでいってライブを盛り上げてくれるのはさすが。
「これはもう青春じゃないか」では、ボーカル金田さんがフロアに降りて行って、大合唱を起こしていました。
アンコールラストでは、今日の全出演者がステージ上に登場(巨大スヌーピーも)。
そもそもTHEラブ人間金田さんと石崎ひゅーいの出会いは2年ほど前の深夜のDJイベントだったとのこと。
ライブハウスにベロンベロンに酔っぱらった石崎ひゅーいが入ってきて、初対面だったそうですが即興で「リンダリンダ」をセッションしたそうです。
その時の様子を再現するような、二人の魂がバチバチにぶつかり合ったパフォーマンスを見せてくれました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

小沢健二 魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ

今日は、小沢健二のライブツアー「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」名古屋編に行ってきました。
2010年の「ひふみよ」以来、6年ぶりの全国ツアーとなる「魔法的」。
近年特に露出が少ないオザケンなので、今回のライブもプレミアチケットになるのは必至。
・・・、と思いきや、名古屋公演はそこまでチケットが売れなかった様子。
先行で高倍率の中を勝ち取らないとチケットは取れないものと最初から諦めていたのですが、一般発売で、しかもチケット発売後数日経ってからもまだチケットが残っていることを発見してしまったので、もう迷わずチケットを購入しました。
というわけで、今日が人生初の小沢健二ライブ。
オザケンの曲は小さいころから聴き続けていましたが、一時期活動休止状態になっていたこともあって、生でオザケンを見ることができる日がくるとは思いませんでした。
お客さんは、やっぱり幅広い年齢層。
若いファンから当時からのファンと思われる人まで、男女問わず多くのお客さんたちが集まっていました。
会場に到着してまず購入したのは「魔法的電子回路」というツアーグッズ。
開演前に買っておいたほうがいいという書き込みを数件見かけたのですが、これがライブ中にけっこう活躍しました。
スイッチを入れればLEDが点灯するサイリウム的なライブグッズで、針金状になっているので体に巻き付けて装着することができます。
首からかけている人も多かったですが、手首に巻き付けるのがオススメかも。
1個500円で、アオ、ミドリ、アカ、ムラサキの4色から選べます。
グッズ売り場に並ばなくても、魔法的電子回路専用の売り子さんがいたのですぐに買うことができました。
購入時には針金が巻き付けてあるような状態だったのですが、絡まってしまって、これをほどくのに悪戦苦闘している中で開演の合図が。
(結局、無事装着することができました。)
カウントダウンとともに演奏がスタート。
セトリは、ナタリーの記事から転載。

[SET LIST]
昨日と今日
フクロウの声が聞こえる(新曲)
シナモン(都市と家庭)(新曲)
ホテルと嵐
大人になれば
涙は透明な血なのか?(サメが来ないうちに)(新曲)
1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)
それはちょっと
ドアをノックするのは誰だ?
流動体について(新曲)
さよならなんて云えないよ
強い気持ち・強い愛
超越者たち(新曲)
天使たちのシーン
飛行する君と僕のために(新曲)
ラブリー
その時、愛(新曲)
en)
シナモン(都市と家庭)〜フクロウの声が聞こえる(新曲)

1曲目の演奏が始まっても、幕は降りたまま。
姿が見えないので、本当にそこで演奏しているのか若干半信半疑だったのですが、時折照明が強く点いて幕の向こうが見えるシーンが。
まさに「魔法的」な演出。
2曲目からは普通に幕が開いた状態での演奏となり、しっかりとこの目でオザケンの姿を確認することができました。
なんというか、オザケンは本当に実在するんだなと。
それまで音源や映像でしか触れることができなかった存在だったので、同じ空間にいるということだけでも感動してしまいました。
何と言っても嬉しかったのが、期待していたオザケン像そのものでいてくれたこと。
ブランク期間が長かったので、今の姿を見たら、もしかしたらかつてのポップミュージックのスター的なイメージが崩れてしまうのではないかという不安も実は若干あったのですが、それは完全に杞憂でした。
48歳という年齢を感じさせないほど当時の若々しさを保ったままで、ヒット曲の数々を歌う姿を見ることができたのが本当に嬉しかったです。
オリジナルとはアレンジを変えている部分もけっこうあったりして、最初は何の曲かわからないことも多かったのですが、おなじみのイントロのフレーズや歌い出しが聴こえてくる度にフロアのお客さんみんなの体温が一斉に上がったのを感じることができて、改めてこの場にいることができてよかったなと思いました。
「大人になれば」「それはちょっと」「ドアをノックするのは誰だ?」「ラブリー」などなど、今まで覚えるほど聴き込んできた曲の数々。
「歌える人は一緒に歌ってください」と言ってくれて、フロアが大合唱するシーンも多かったです。
特に最高潮に達したのは、「さよならなんて云えないよ」からノンストップで演奏された「強い気持ち・強い愛」。
サビ部分でお客さんが一斉に手を高く上げ、魔法的電子回路の幻想的な光に包まれる空間。
あまり好きな言葉ではないのですが、「多幸感」という言葉はこういう時のためにあるんだなと。
本当に幸せを感じることができて、感動のあまり何度も泣きそうになりました(というか泣きました)。
今の音楽シーンの中では小沢健二という存在があまりにも偉大になりすぎているような気がするのですが、90年代においてはあくまでもテレビから流れてくるJ-POPの一部だったわけで、かつてのヒット曲を口ずさみながら楽しんでいる老若男女さまざまなお客さんの姿を見て、そんなことを改めて感じました。
おなじみの曲での盛り上がりは相当なものだったわけですが、今回のツアーで初披露となる新曲全7曲もまた良かったです。
ポップでグルーヴの心地良い曲の数々。
曲によっては一緒に踊れる振り付けもあって、それもまた楽しかったです。
「涙は透明な血なのか?(サメが来ないうちに)」では、サメを発見して泳いで逃げるというテーマのユーモラスなダンス。
「その時、愛」では、手でハートの形を作って胸の前で左右に揺らす振り付けがあるのですが、そんなダンスを踊るオザケンを見て、王子様キャラは健在なんだなと思ってしまいました。
この新曲7曲については、すべてステージに歌詞が投影されていて、良い試みだなと思いました。
初めて聴く曲でも理解を深めることができるし、曲によっては一緒に口ずさむことができます。
印象的だったのは、本編最後の「その時、愛」演奏前のMCでサビ部分の歌詞を映し出し、
「これを覚えて一緒に歌ってください」
と言っていたこと。
今日のライブの中ではMCは少なく、どれも短いものばかりだったので、このMCは余計に印象に残りました。
初めて聴く曲だしけっこう長かったので覚えられるわけないなと思ってましたが、このサビ部分は曲中で何度もリピートされるので、最後の方になるともうすっかり歌えるようになっちゃいました。
しかも振り付けもあるので、身体の動きとともに楽曲がしみ込んでいくような感覚。
実際、この曲のサビ部分は振り付けとともにもうすっかり覚えてしまって、終演後も頭の中をリフレインしていました。
この曲の中に、「ライブで聴いた曲を帰り道に口ずさむ」というような歌詞があったのですが、まさにその狙い通りなのかも。
今回のツアー開催発表のイベントで、
「新曲をたくさんやろうと思います。おなじみの曲もたくさんやりますが、帰り道に体に残っているのは、新しい曲たちだと思います」
という発言があったそうですが、その言葉の意味がわかりました。
もちろん代表曲の数々の演奏にも感動したのですが、その日初めて聴いた新曲が終演後もここまで印象に残るっていうこともあるんですね。
アンコールでは、本編で既に披露された「シナモン(都市と家庭)」を再びワンコーラス分演奏した後、今日演奏した新曲7曲をすべてダイジェストで振り返るというまさかのコーナー。
そして、「フクロウの声が聞こえる」をもう一度フルで演奏するという構成になっていて、今回のライブは新曲を届けたかった場だったんだと改めて感じました。
「フクロウの声が聞こえる」のサビの「導くよ!宇宙の力」というフレーズも、終演後になっても頭の中をずっとグルグルと流れ続けていました。
今回のツアーで発表された新曲が音源としてリリースされる望みは薄いので、今頭の中で流れているフレーズは、大切にいつまでも忘れずにいたいなと思います。
毎週のように多くのライブに行っていても、新曲を聴いてこんな風に思えるライブはめったにありません。
終わり方もまた鮮やかでした。
開演時と同じように「5,4,3,2,1」というカウントダウンの後、
「日常に帰ろう」
という一言でステージの明かりが落ちるという展開。
あまりにもあっけなくて、名残惜しい気分でいっぱいでしたが、まわりのお客さんたちも同じ気持ちだったようで、みんなあっけにとられているような様子が、まさに魔法がとけた後のよう。
2時間弱の魔法の時間。
本当は聴きたい曲もっとあったのですが、でもすっかり満たされたような気分になりました。
代表曲を生で聴けたことと新曲を聴けたことが同じぐらい嬉しかったです。
改めて、小沢健二は凄いアーティストだなと思いました。
また遠くない未来に、ステージを見に行ける日が来ることを信じています。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする