2016年04月30日

D.W.ニコルズ インストアライブ

D.W.ニコルズが4月にリリースしたミニアルバム「スマイル3」リリース記念のインストアライブ。
スマイルシリーズも第3弾となりました。

[SET LIST]
ハッピーラッキーデイ
ちちんぷいぷい
エイプリル
スマイル
レインボウ

本人も言ってましたが、聴いたら笑顔がもらえて前向きになれるような曲が、ニコルズの楽曲の魅力。
今日も小さな子ども連れのお客さんの姿も多く見られましたが、子供でも分かるような表現で普遍的なポップソングを作ることができるバンドって、なかなかいないですよね。
今日はアコースティックセットでのライブ。
でも、この方が、「ハッピーラッキーデイ」のカントリーテイストがより際立っていて良かったなと思いました。
ニコルズ流のコミカルな詞のセンスが満載なのが「ちちんぷいぷい」。
この曲に登場する「だいじょぶだぁ」という歌詞にちなんで、タワレコ特典として「だいじょぶだぁ」ステッカーも作成されました。
このステッカー、あまりにも「志村けんのだいじょうぶだぁ」のロゴにそっくりなので、タワレコの店員さんに「これだいじょうぶなんですか?」と聞かれたとか。
(だいちゃん曰く、これは無料であげているものなので大丈夫だとのこと。)
「エイプリル」は、打って変わって、ちょっとしんみりと聴き入りたいナンバー。
4月からの新生活にピッタリな、希望の中にもどこか切なさを感じさせるナンバー。
4月の最終日に「エイプリル」を聴くことができて良かったです。
そして、もはや代表曲とも言えるのが「スマイル」。
やっぱりこの曲があったからこそ、今のニコルズの路線が確立されたようなところがありますよね。
「ハイリハイリホー」の大合唱の風景は、ライブではおなじみ。
そして、ラストに演奏されたのが「レインボウ」。
先日、ドラムの岡田梨沙が結婚を機にバンド脱退という、おめでたくもちょっと寂しいニュースが発表されたばかりですが、
「茜色の空には残像 なつかしい声がきこえる 手をふるよ 何度でも かなしみよ さよなら」と歌い上げるこの曲の歌詞が、このバンドの今の思いがそのまま反映されているような気がしてしまいました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近藤晃央 フリーライブ

今日は、近藤晃央のニューアルバム「アイリー」リリース記念のイベントに行ってきました。
イベントは2部構成になっていて、前半は、近藤晃央がレギュラーで担当しているラジオ番組の公開収録。
番組のジングル録音と、お悩み相談コーナーとあいうえお作文コーナーを収録していました。
あいうえお作文は、どれも完成度が微妙なところでしたが、最後の「あきひさ」でのあいうえお作文が、
あれから3年
君たちに捧げる
久しぶりのアルバム
さあ買って
という見事な出来栄えで、客席からも拍手喝采でした。

後半は、その3年ぶりにリリースされたアルバムの収録曲を披露するミニライブ&特典会。

[SET LIST]
恋文
ビビリーバー
心情呼吸

繊細な男心を歌い上げたラブソング「恋文」、
ライブでのコール&レスポンスが盛り上がる応援ソング「ビビリーバー」に続き、
最後に演奏されたのは一昨年にシングルとしてもリリースされた「心情呼吸」。
この曲を歌う前のMCで語っていた内容が印象的でした。
メジャーデビューから4年。
その間、怒涛のリリースラッシュで、好きで始めたはずの音楽が好きでなくなってしまっこともあったんだとか。
でもその時に気付いたのは、それだけ自分は音楽が好きなんだ、自分にとって音楽が大切なんだ、ということ。
どうでもいいと思っているようなことに対しては、こんなに苦しい思いをすることはないはず。
だから、もがいて苦しいようなことがあったとしても、そこには光があるということを忘れないでください。
そんなメッセージの後に歌われた「心情呼吸」のフレーズが、
「届けたくて泣いてるんだ
届かなくて泣いてるんじゃない」
音楽を届けたいという純粋な思いが伝わってきます。
この曲って、そういう意味が込められていたんですね。
やっぱり、近藤晃央が綴る歌詞のセンスは抜群だなと改めて感じました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

Halo at 四畳半/Bentham/ドラマチックアラスカ まぼろしの国の作り方

今日は、Halo at 四畳半のリリースツアーに行ってきました。
対バンが、Benthamにドラマチックアラスカという大好物の組み合わせ。
若い女性ばかりかと思いきや、意外と男性のお客さんの姿も見られ、ソールドアウトでパンパンのフロアに熱気が溢れる中、ライブスタート。

ドラマチックアラスカ

今日も、正規メンバーはボーカルとドラムの2人で、残り2人はサポートメンバーという編成でのステージ。
サポートギターは、先日活動再開が発表された爆弾ジョニーのロマンチック☆安田。
サポートベースは、ガガガSPの桑原さんでした。

[SET LIST]
無理無理無理
ニホンノカブキ
なんでもないうた
ずるい
東京ワンダー
河原町駅
人間ロック

ニューアルバム「アラスカ・ベリーズ」がリリースされたばかりということで、その収録曲中心のセトリ。
そのアルバム1曲目に収録されている「ニホンノカブキ」は、日本的な情緒を盛り込んだ、ドアラ流のさくらソングのインパクトが秀逸。
ライブでも「アラスカ屋!」のコールが響き渡りました。
Halo at 四畳半とは、意外にあまり共演したことがないようで、1年前の大分でのライブ以来だったとのこと。
その時は、「負けるかもしれないので、あまり誘うことができなかった」と言われたそうですが、
今日は、「もう戦えるんじゃないか」というタイミングになったとのことで、リリースツアーの対バンに誘われたのだとか。
ドアラにとっても、昨日の対バンが、四星球と魔法少女になり隊という異種格闘技戦的なライブだったらしく、今日は正統派ギターロックバンドばかりで、やりやすかったみたいです。
ヒジカタさんが、今日のライブへの思いをMCで熱く語っている中で、隣でなぜかバナナを食べ始める安田さん。
安田さんの、とぼけているようで実はしっかり真面目なキャラが、サポートでありながら最近のこのバンドのカラーを作り上げている部分はありますね。
ヒジカタさんの「名古屋シティに愛を鳴らせ!」というMCに続けて演奏された「人間ロック」は、もはや定番のキラーチューン。
終盤のコール&レスポンスでは、ヒジカタさんがフロアに降りてきて、最高潮の盛り上がり。
いちばん大きなレスポンスを返していたお客さんに、さっきの残りのバナナをあげていました。
ドアラの楽曲は、激しいロックチューンであっても、どこか切なさが漂ってきて、涙腺を刺激してくるんですよね。
今日改めて感じたのは、ヒジカタさんの歌声は、優しさを含んでいるということ。
上手く生きることができないような人たちに対しても、寄り添ってくれるような優しさ。
「東京ワンダー」に「教室の隅から 世界革命を」という歌詞がありますが、このフレーズにこそ、このバンドが目指しているものが凝縮されているような気がします。



Bentham

[SET LIST]
HEY!!
TONIGHT
タイムオーバー
夜明けの歌
クレイジーガール
手の鳴る方へ
Undulate
パブリック

軽快なダンスビートに、踊りまくるフロア。
クリアなボーカルが気持ち良いほど爽快で、やっぱりこのバンドはライブで体感するのが最高に楽しいです。
おなじみのアッパーチューンが並ぶ中、かなり初期のナンバー「夜明けの歌」も披露。
名古屋で演奏するのは今日が初めてだったという、かなりレアな選曲でした。
しっとりと聴かせる歌モノミディアムチューンで、Halo at 四畳半との対バンということを意識していたのかもしれません。
「手の鳴る方へ」では、ギター須田さんがコール&レスポンスするのが恒例になっていますが、今日はツアータイトル「まぼろしの国の作り方」にちなんで、「まぼろし〜!」(IKKOさんのマネで)でした。



Halo at 四畳半

今回の主催バンドが本日のトリ。
このバンドのライブを見るのはけっこう久々でした。

[SET LIST]
春が終わる前に
箒星について
アメイジア
トロイメライ
ペイパームーン
海鳴りのうた
リバース・デイ
飛行船
en)
シャロン

3月にミニアルバム「innocentpia」がリリースされたこのバンド。
叙情的な落ち着いた雰囲気の中にも、感情を爆発させるような展開を見せてくれる楽曲がこのバンドの魅力。
千葉県佐倉市出身の4人組バンドということで、バンプを意識しているところは大きいと思いますが、それだけではないこのバンドならではのオリジナリティを感じさせてくれました。


posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

ONIGAWARA インストアライブ

ONIGAWARAのアルバム「欲望」リリース記念のインストアライブ。
屋外のフリーイベントでありながら、「ガワラー」さんたちが多く集まり、熱いライブが繰り広げられました。

[SET LIST]
ボーイフレンドになりたいっ!
ポップミュージックは僕のもの
恋はすいみん不足
欲望
Eじゃん

自己紹介で、
「僕たち、見た目の通り、二人組のアイドルユニットです」
と言い切ってしまう潔さが好きです。
アイドルのライブさながらの盛り上がりは、ONIGAWARAのライブならではの光景。
新曲の振り付けもバッチリ踊っているお客さんも多かったです。
人通りが多い会場で、何も知らない人たちから見たら異様な光景だったと思います。
男女多くのファンたちにケチャされているのがおじさん(という年齢でもないですが)二人組という。
ONIGAWARAのライブは写真撮影OKにしてくれているのも嬉しいところ。
撮影ポイントを何度も作ってくれて、思わず何枚も写真撮ってしまいました。
でも、そんなユニークなパフォーマンスだけでなく、もちろんポップミュージックを極めた楽曲自体の良さこそがこのユニットのいちばんの魅力ですよね。


posted by なっくる at 00:00| Comment(2) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

waybee/おかえりヒーローズ/The Floor/私の思い出/℃フーズ/QLTONE/ナードマグネット/はっとり(マカロニえんぴつ) ひみつの公園 vol.1

今日は、気になるバンドがたっぷり出演するライブを見に行ってきました。
長丁場だったので、最初から最後まで全部は見ていませんが、他にもおかえりヒーローズ、QLTONEが出演していました。

The Floor

今人気が急上昇している、札幌で活動する4人組バンド。
見放題東京以来、このバンドのステージを見るのは2回目でした。
オープニングSEはなぜか第九。
名古屋でのライブは今日が初めてだったそうですが、初名古屋とは思えないほどの盛り上がり。
「リップサービス」を聴きこんできたお客さんも多かったみたいで、手を上げるタイミングとかもバッチリでした。
このバンドは、何と言っても、キレのある軽快なダンスビートにマッチするクリアなボーカルのバランスが秀逸だと思います。
いわゆる四つ打ちダンスロックバンドの流れを汲んでいますが、今の若いリスナーが好む要素が詰め込まれているようなサウンド。
来月全国リリースされるミニアルバムがタワレコメンにも選出されるとのことで、この先人気が爆発していく予感しかしないです。



私の思い出

京都を中心に活動する男性5人組バンド。
このバンドのライブを見るのは初めてでしたが、想像していた以上のインパクトがありました。
インディー・ジョーンズのテーマ曲が流れる中、フロアの後ろからステージ目指してメンバーが登場。
ボーイスカウトのような服装で、サバイバル感に溢れた見た目の時点で、ライブが楽しそうな予感しかしなかったです。
ライブのことを「キャンプ」と呼んでいるそうですが、とにかくハイテンションでエンタメ性の高いパフォーマンスは、曲を全く知らなくても楽しめてしまいます。
「現存する唯一のアドベンチャーロックバンド」を自称していましたが、現存するどころか過去にもこんな規格外なバンドは見たことないです。
内容の無い歌詞をひたすらリピートするような楽曲は、相当「クレイジー」。
いきなりステージから降りてフロアを踊り回ったり、何が飛び出してくるかわからないライブパフォーマンス。
MCでも爆笑の連続で、またライブ(というかキャンプ)で見たいと思わせてくれます。
最後に演奏されたのは、「お米フリーク」。
お客さんの中に、しゃもじを持参していた人がちらほらいましたが、この曲で活躍するんですね。



須田(ナードマグネット)×はっとり(マカロニえんぴつ)
ゆうき(waybee)×はっとり(マカロニえんぴつ)


はっとりさんの今夜限りのコラボ弾き語りコーナー。
ステージ上ではなく、フロアでのアンプラグド・ライブでした。
ナードマグネットの須田さんとは、Weezerのカバー。
はっとりさんが元々ナードマグネットのファンだったことから実現したコラボだそうですが、なんと二人は今日が初対面。
リハーサルもしていないとは思えないほど息の合った演奏はさすがでした。
waybeeのゆうきさんとは奥田民生の「イージュー★ライダー」をカバー。
生音だからこそ映えるハーモニーの美しさに魅了されました。

ナードマグネット

先日、ボーカル須田さんの自宅の隣の空き家が放火されたことが話題になったこのバンド。
「燻製おじさん」がTwitterでトレンド入りして、NAVERまとめにも取り上げられるなど、もう完全にネタ化されていますが、目の前がケムリに包まれたという経験は本当に怖かったと話していました。

[SET LIST]
テキサス・シンデレラ
C.S.L.
ラズベリー
いとしのエレノア
アフタースクール
Mixtape
ウェンズデイ

実は、このバンドのライブを見るのは今日が初めて。
ずっと音源で聴いていて、ライブで聴くのを楽しみにしていました。
生で聴くとベース音の心地良さが際立つパワーポップサウンド。
5月リリースのアルバムがThe Floorとともにタワレコメンに選出されたとのことで、そちらも楽しみですね。
でも、今日は楽曲そのものよりも、「燻製おじさん」を始めとするメンバーのキャラに注目してしまったかも。
紅一点のベース前川さんもサバサバしていて良いキャラしています。
燻製おじさんは、DENIMSのTシャツを着ていましたが、この2バンドは親交あるんでしょうか。



℃フーズ

東京を中心に活動する4人組バンド、シーフーズ。
完全にノーマークでしたが、日本的な情緒を感じさせるロックチューン「春一番」が良かったです。
クリアに響くボーカルも良いですね。
新曲だったみたいですが、今日先行でCDを販売していました。



waybee

トリに登場したのは、このバンド。
ずっと見てみたいと思いつつもタイミングを逃し続けていて、今日ようやく初めてライブを見ることができました。
このバンドは、何と言っても、「NIGHT CRUISING」が最高。
夜の街を走り抜けるような浮遊感と疾走感。
グルーヴの心地良さは絶品です。
ドライブ中に浸りたくなる「Good Music」。



waybeeの出番前に、声が大きくてちょっとクセの強そうなおじさんがフロアに出現していました。
誰かと思ったら、なんと、今日ちょうど近くのライブハウスでライブをしてきたばかりの、アルカラのボーカル稲村さんでした。
稲村さんもお客さんと一緒に普通にwaybeeのライブを見ていたのですが、「めっちゃ良い!」と大絶賛。
来年あたりネコフェスに出演しているかもしれませんね。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする