2015年05月31日

GRAPEVINE tour2015

今日は、GRAPEVINEのワンマンライブに行ってきました。
昔からずっと好きなバンドでしたが、実はワンマンを見るのは今日が初めて。
普段は小さなライブハウスにバンド取り置きでインディーズバンドのライブ見に行くことばかりですが、たまにこういうライブに行くのも新鮮な感覚です。
客層は、若い人も多かったですが、やっぱり年齢層高め。
意外と男性も多くて男女比は4:6ぐらいで、なんか落ち着きました。
開演前の緊張感は、こういう大会場のライブならでは。
セトリはいただきものです。

[SET LIST]
IPA
Empty song
Soul Foundation
Tinydogs
SLAPSTIC
アルファビル
MAWATA
1977
流転
Big tree song
Darlin’ from hell
アンチ・ハレルヤ
死番虫
Weight
Silverado
KOL
疾走
Esq.
覚醒
サクリファイス
吹曝しのシェヴィ

en)
NOS
羽根
B.D.S

最新アルバム「Burning tree」収録曲を中心に。
ボーカル田中さんの「ハイ、こんばんは」という素っ気ないようなMCで始まりましたが、そんな気さくなムードがまた良いんですよね。
最初のMCで田中さんが話していた内容が印象的でした。
GRAPEVINEのライブは他のバンドみたいな盛り上がりはないですが、心で聴いてください。
ここにいても心は別のところにいるような感じで。
といった趣向でしたが、こういうことを言えてしまうのって凄いなと思います。
普通のロックバンドだったら、ライブが盛り上がるように煽るところなのに、そういったことをしないんですよね。
普段音楽を聴く時って、音楽を聴きながら、そこから発想して別のことを考えているものですが、そういう聴き方をライブでもしてください、というスタンス。
ロックバンドのライブには珍しいですよね。
それはキャリアを重ねて余裕さえあるこのバンドだからこそ言えることなのかもしれないけれど、何より音楽を好きなように楽しんでほしいという心遣いが伝わってきて、なんかすごく良いなと思いました。
メロウなナンバーが多いということもありますが、お客さんも基本横揺れで心地良く聴き入っていました。
激しめの曲もありましたが、フロアが一体となるというよりは、みんな思い思いに手を上げたりして楽しんでいる雰囲気。
このバンドとお客さんが作り上げる空気感が終始心地良かったです。
でもMCの内容は基本適当。
「Burning tree」が48枚目のアルバムだとか、今ツアーでは全200曲演奏しているとか、ウソばっかり。
「日本の中でも、とりわけ名古屋でライブができて嬉しいです」的なことも言ってましたが、
「70年代に西海岸で活動していた頃の曲」という曲紹介で演奏されたのは、「1977」。
でも、西海岸の風(イメージですが)に吹かれるような心地良さがある曲です。
MCで、年齢層が高くなってきているお客さんに向けて、何度も「お腰の具合はいかがですか」とスタンディングのお客さんを気遣っていたのはちょっとツボでした。
田中さん本人も、だんだん「きみまろ」化しているという自覚があるそうです。
このバンドのライブでは、基本、コール&レスポンスやシンガロングのようなものは無いのですが、唯一「皆さんの声を聞かせてください」というのがあったのが「Big tree song」。
1フレーズだけ「どやさ」というコーラスが入る部分があって、そこが参加ポイント。
それにしても、「どやさ」って、何というタイミング。
田中さん曰く、天に届く「どやさ」が生まれていた瞬間でした。
今日、良いなと思ったのが、「MAWATA」。
途中で曲調が変わる部分があって、ダイナミックな展開がライブで聴くと体に響いてきました。
正直言うと、かつての代表曲の数々を今日は聴けるかなとちょっと期待していたのですが、演奏されたのは最近の曲中心。
でもそれは、ライブでは今のGRAPEVINEの姿を見てほしい、という思いがあるわけですよね。
常連でライブ行っているファンの方にとっては、やっぱり新曲中心に聴きたいだろうし。
それでも、アンコールで「羽根」が聴けたのは嬉しかったです。
「羽根」の曲終わりで、
「3枚目のアルバムから」
って、そこだけ正確な情報なのかよ、と心の中で突っ込んでしまいましたが。
GRAPEVINEの曲って、気だるいようなボーカルを聴いているうちに、だんだん浮遊感に包まれてくるような気がして、でも所々のフレーズが急に自分に響いてきてハッとさせられるような、そんなところがあるなと体感できたような気がします。
最初のMCで田中さんが言っていた通り、そんな思い思いの聴き方が楽しめるのが、GRAPEVINEのライブの魅力かなと思いました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイスケ インストアライブ

今日は、ダイスケのインストアライブに行ってみました。
「ZIP!」でかつて放送されていたコーナー「スマイルキャラバン」で有名になったシンガーソングライター。
若い女性中心に多くの人が集まっていました。

[SET LIST]
ボク☆ロケット
五畳半とラブソング
あなたにしかできないこと
潮騒のディスタンス
せかいにひとつのフタリ

カラオケ演奏にギター弾き語りで歌うスタイル。
タオルを持って振り回しているお客さんも多くて、ライブハウスさながらの熱気でした。
ライブで盛り上がるデビュー曲「ボク☆ロケット」から始まって、しっとりとしたラブソングの「五畳半とラブソング」に、スマッシュヒット曲の「あなたにしかできないこと」。
本当は4曲のみの予定だったらしいですが、
「次で最後の曲です」
と言った時のお客さんの「え〜〜〜」という声に押されるように、急遽アコースティックでもう1曲「潮騒のディスタンス」を歌ってくれました。
サービス精神満点ですね。
最後に歌われたのは、今回リリースされた新曲「せかいにひとつのフタリ」。
夏に盛り上がるのにピッタリのアッパーチューン。
ダイスケのライブを見るのは今日が初めてでしたが、ポップソングのメロディを作り上げるセンスが良いなと思いました。



名古屋にはおいしいものが多いですよね、というMCで、最近ハマっているのは山本屋なんだとか。
と言っても味噌煮込みうどんではなくて、お替り自由の漬物が好きで、前回は7回もお替りしたそうです。
漬物目当てで山本屋に行きたくなってしまいました。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

完全にノンフィクション/飛べるトリ/オワリカラ/夜の本気ダンス/テジナ/ミギギミ/UN-LOCK DJ's 完全にノンフィクション tour A.D.2015 feeling 〜春〜 +UN-LOCK

今日は、UN-LOCKのDJイベント。
ライブハウスで聴きたい中毒性満点のバンドばかりが集結していたイベントでした。
昨日のGOODWARP企画も良かったですが、今日のライブも、ジャンルは違ってもこんなに良い対バンはなかなかないと思います。
オープニングアクトのミギギミは見ていないですが、2組目から。

テジナ

今日初めて見たバンド。
良い意味でチープさを感じさせるサウンドが、なんかクセになります。
「ユーのダンス」は、MVのセンスがユルすぎて素晴らしいです。
昭和のB級感満点で中毒性高いですね。
「君とフュージョン」という、ちょっと歌詞が「エロい」フュージョンナンバーも良かったです。



夜の本気ダンス

ミソフェスに続き、今年2回目のこのバンド。
今日はこのバンド目当ての人が多かったんじゃないでしょうか。
会場がかなりキャパ小さめのハコだったのですが、今やフェスの常連となりつつあるこのバンドをこんな至近距離で見ることができる機会も貴重だったと思います。

[SET LIST]
WHERE?
B!tch
Japanese Style
Only Nineteen
fuckin' so tired
戦争

「踊れる準備はできてますか?」
と煽るMCに応えるように、踊りまくるフロア。
これでもかというほどのキラーチューンの連続に、熱気が凄かったです。
キレのある演奏は、踊るのにピッタリ。
クールなダンスナンバーと、グタグダ気味の関西弁MCのギャップは、このバンドのライブの見どころの一つなのかも。



飛べるトリ

今日初めて見た名古屋バンド。
まだ活動してから1年ちょっとだという若手バンドです。
メンバーはまだ学生で、普段はカブト虫のフンを混ぜて抗がん物質を取り出す実験をやっているんだとか。
若いながらも、キレのある演奏は迫力ありました。
普段は歌モノバンドと対バンすることが多いようで、スリリングなダンスロックサウンドがベースですが、けっこうメロディアスな部分もあって歌モノ的でもあったり。
早口で刻み上げるような展開が印象的です。



オワリカラ

2月に下北沢で見て以来のこのバンド。

[SET LIST]
踊るロールシャッハ
swing
ホモサピエンスは踊る(新曲)
ガイガンガール・ガイガンボーイ
new music from big pink

今日初めて聴いた新曲「ホモサピエンスは踊る」(タイトル合ってる?)は、メロウなサウンドが心地良い歌モノナンバー。
昭和の特撮ソング的な要素も感じました。
激しいダンスロックサウンドの中にも昭和歌謡的な部分があるのはオワリカラならではのセンスだと思います。
歌詞の中では、人間の心の危うい部分や脆い部分も繊細に描かれていて、だからこそ聴いていて心地良いのかなと思います。



完全にノンフィクション

トリは、今回レコ発(と言っても配信シングルですが)のこのバンド。
2年前のサカスプ以来久々。
完全にノンフィクションはしばらく活動を休止したのですが、この度本格的に活動を再開したようです。
バンドが活動休止や解散をするという情報を聞くことは多いですが、活動再開するというニュースはあまりないだけに嬉しいですよね。

[SET LIST]
DRUNK NEWCITY
午前11時半
MUSESSOU COMMUNICATION
ぼくらの2002年
2005年感覚
2015年感覚
en)
新曲

中毒性満点のキラーチューン「DRUNK NEWCITY」からスタート。
「MUSESSOU COMMUNICATION」「午前11時半」「2015年感覚」と、配信限定でリリースされた新曲も織り交ぜたセトリでした。
完全にノンフィクションの名古屋ライブ史上、最も盛り上がったそうです。
アンコールでは、今レコーディング中だというニューアルバムのリードトラックをいち早く披露。
メロディーがキャッチーなのが良いですよね。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

GOODWARP/sumika/BRADIO YOASOBI vol.5

今日は、GOODWARPの企画ライブ、「YOASOBI」に行ってきました。
今までは東京で開催されていたこのイベントですが、今回は初の大阪での開催。
しかも、ゲストバンドとして登場するのは、BRADIOとsumikaという、ライブが絶対楽しいことが保証されているバンド2組。
こんな夢のような組み合わせのスリーマンライブはめったにありません。
会場は梅田Shangri-laでしたが、大阪まで行く価値が十分にあると思えるライブです。
ところが、残念なことに、前日になってsumikaの出演キャンセルが発表されました。
ボーカル片岡さんが体調を崩していて、直前まで出演できるように調整していたそうですが、苦渋の決断で出演キャンセルに。
sumikaもライブが絶対楽しいバンドなので、見れないのが残念でしたが、こればっかりはしょうがないですよね。
というわけで、出演バンドはGOODWARPとBRADIOの2組となりました。

BRADIO

最高のファンキーパーティーを届けてくれるこのバンド。
BRADIOのお客さんは、若い子ばかりではなくて、けっこう層が幅広いのが良いですよね。
でも、みんな最高のファンキーパーティーピープルばかりで、BRADIOが登場した途端に、フロアの熱気が異常なほどに高まりました。

[SET LIST]
ハートビートを打ち鳴らせ
Golden Liar
感情リテラシー
Take Me Higher
Abracadabra
雨恋
Flash Light Baby
Overnight Superstar
雨天決行(sumikaカバー)
Flyers

いつ見ても最高のエンターテイメントを届けてくれるBRADIOのライブ。
自然に体が動き出してしまうようなファンクミュージックの連続。
フロアの後ろの方までお客さんがみんな振り付けで一体化している空間は、まさにファンキーパーティーでした。
さらに、ソウルフルな歌唱で心を震わせてくれる真行寺さんのボーカルは圧巻。
ボーカルにカリスマ性があるのは良いですよね。
こんなに最高のライブで楽しませてくれる若手バンドってなかなかいません。
BRADIOのライブは、1回見たら本当にハマってしまいます。
最新シングル曲「Flyers」はアニメのテーマ曲にもなっていたナンバー。
ファルセットの入り混じったボーカルが爽快。
そして、いよいよ6月に1stフルアルバム「POWER OF LIFE」がリリースされるとのことで、その中からもいち早く新曲「Flash Light Baby」を披露してくれました。
この先どんどん人気が出てきそうな気がします。



今回出演できなかったsumikaへの思いを語ったMCの後、なんとsumikaの「雨天決行」を1コーラスカバーで演奏してくれました。
俺たちの音楽が「ふっかつのじゅもん」になったんじゃないかと思います、
と語る、sumikaへの愛の込められたサプライズに胸が熱くなりました。

GOODWARP

このバンドを見るのは早くも今年4回目でしたが、ここまでのロングセットでたっぷり曲を聴くことができたのは初めてでした。

[SET LIST]
Lucky
サーチライト
command C
ゆめのつづき
(新曲)
My Girl
TROPHY
真夜中のダンス〜恋する爪先〜
ESPER
My Moon
STAR SIGNAL
大人になれば
en)
直線距離

定番曲はもちろん、普段のライブではあまり演奏されないレアな曲もたっぷりのセトリ。
アルバム「SOUND FROM A DINGDONG」収録曲は、「真夜中のダンス〜恋する爪先〜」以外は最近あまりライブでやってなかったですからね。
「ゆめのつづき」も「My Moon」も、甘いボーカルが際立つポップチューンで、心地良かったです。
もしかしたら、「command C」は、ライブで聴いたの初めてかも。
こういうBPM速めのロックチューンはこのバンドには珍しいですが、スリリングな演奏がかっこよかったです。
今日披露された新曲は、「ダンス」を連発する、GOODWARPの真骨頂とも言えるディスコナンバー。
初めて聴いた曲でも盛り上がっていた今日のお客さんは凄かったです。
GOODWARPが作り出す素敵なサウンドにフロア全体が心地良く揺れていて、本当に幸せな空間でした。
やっぱり、ライブハウスで踊れるクールなトラックが、このバンドの魅力ですよね。
さらに、メロディがポップで、ボーカルの声質が甘いので、心地良いあたたかみがあります。
楽曲だけ聴くと草食系的な印象を持ちがちですが、これからさらに売れるという野望を持ちながら活動をしているこのバンド。
「STAR SIGNAL」の歌詞にちなんで、
いつの日か、今日のライブにプレミアを付けます!
と力強く宣言する姿を見て、安心してこれからもこのバンドについていきたいなと思いました。



GOODWARP吉崎さんが、sumika片岡さんの言葉を引用して話していたMCが印象的でした。
バンドは華々しく見えるかもしれないけど、楽しいのはライブをしたり楽曲を聴いてもらったりする全体の5%だけで、残りの95%は大変なことばかりだとのこと。
でも、その5%が強烈だからこそバンドを続けることができるんだそうです。
見えないところで努力を重ねているからこそ、素晴らしいライブで楽しませてくれるんですよね。
バンドとしては若手でもキャリアのあるメンバーにより結成されたGOODWARPだからこそ、言葉に重みが感じられました。
この5%の話は、お客さん側としても同じことが言えますよね。
生きていく中で苦しいこと大変なことはたくさんあるけれど、5%でも楽しいことが待っていればがんばることができる。
その5%は、まさに自分にとってはライブであり音楽だなと思います。

そして、今日のライブで最も素晴らしい出来事は、GOODWARPがアンコールまで演奏し終わってステージ上に誰もいなくなってから起こりました。
フロアが明るくなって、少し大きめの音で流れてきたのは、sumikaの「ふっかつのじゅもん」。
イントロが流れると、歓声が上がりました。
ライブ終演後なのに、お客さんフロアにそのままほとんど残っていて、曲に合わせて手を上げながら楽しんでいる光景。
今日はsumika目当てのはずだったお客さんも多かったのではないかと思いますが、そんなお客さんも最後に楽しませてくれる粋な計らいでした。
sumikaはみんなに愛されているバンドなんだなと思いました。
そして、何と言っても、本当に音楽が好きな人ばかりが集まっているんだなと感じることができて、嬉しかったです。
正直、sumikaのキャンセルが決まった時はかなり残念でしたが、BRADIOとGOODWARPがそんな思いを吹き消してしまうほどの素晴らしいライブを見せてくれたし、何よりも紛れのないスリーマンライブになっていたことに感動しました。
大阪まで見に行った価値は十分ありましたね。
2015年のベストライブに選んでもいいんじゃないかと思えるほどの気分です。
でもやっぱり、いつの日か必ず、GOODWARPとBRADIOと「ふっかつ」したsumikaの本当のスリーマンライブを実現してほしいですね。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュリスペイロフ インストアライブ

ライブで大阪まで来たついでに、その直前に開催されていたシュリスペイロフのインストアイベントにも行ってみました。
ニューアルバム「その周辺」をリリースしたこのバンド。
今日は、ボーカル宮本さんのみの参加でしたが、ラジオの公開収録も同時に行われており、FM802のDJ土井コマキさんがMCをしていました。
宮本さんが歌う番組の新ジングルの録音もやっていて、集まっていたお客さんも声を入れて一緒に参加。
合わせて1時間ほどのイベントでしたが、その中でライブは宮本さんの弾き語りで4曲ほど。

[SET LIST]
働きたくない
空中庭園
スターレット
ルール

良い意味でユルいというか、力の抜けたような雰囲気が、このバンドの魅力だと思います。
ユルすぎて、途中で間違えて、若干グダグダ気味になってましたが、それもシュリスペイロフらしいところ。
でも、等身大のありのままを見せるようなところは、楽曲自体からも感じられます。
アルバムタイトルが「その周辺」ということで、まさにリスナーそれぞれの日常とその周辺に溶け込むような心地良さがあると思います。
シンプルにギター弾き語りで聴いても良いですが、今度はやっぱりバンドで聴きたいですね。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする