2014年11月30日

石崎ひゅーい/小山田壮平 石崎ウォーズ〜シンガーソングライターの逆襲〜

今日は、石崎ひゅーい企画のイベント名古屋編に行ってきました。
各地でいろんなアーティストとのコラボステージを展開しているみたいですが、名古屋編のゲストは、なんと小山田壮平。
つい先日、武道館で解散ライブを大々的に行って大きな話題になったandymoriのボーカル小山田壮平が、名古屋でもさっそくソロでステージに立ってくれました。

小山田壮平

定刻を過ぎて照明が落ちたステージ上にすっと現れた一人の青年。
SEも何もかかっていない状態であまりにも自然に入ってきたので、それが小山田壮平だと認識するのに少し時間がかかりました。
ジーパンにTシャツというラフなスタイルで、最初スタッフなのかと思ってしまったぐらい。
このTシャツにまつわるエピソードも後のMCで話してくれました。
以前名古屋のラジオに出演した際、
お気に入りのTシャツはありますか?
というファンからの質問に、
脳みそにヤシの木が生えていて水に浮かんでいるイラストのTシャツ、
と答えたそうです。
(まあ、そんなイラストがお気に入りだっていうところがいかにも彼らしいですよね。)
その時点ではツアーで次に名古屋来る日が決まっていて、
その時に着て行きます!
と言ったそうですが、彼の入院でそのライブは結局中止に。
で、今日はそれ以来の名古屋ライブだったそうで、ちゃんとその約束を守ってそのTシャツ着てきてくれてました。
バンドの解散、というよりも一時は彼自身が再び音楽活動をできるのか危うい状態にあったこともあり、そんな些細な約束どころではなかったのに。
しっかりファンとの約束を守ったという現場に居合わせたことに、感動してしまいました。
あまりにも自然体な姿でギターのチューニングを始めた後、約50分弱、アコースティックギター弾き語りで展開された小山田壮平のステージ。
バンド時代の曲はやらないのかと思いきや、1曲目からいきなり、「Sunrise & Sunset」。
その後も、「MONEY MONEY MONEY」「すごい速さ」「16」「路上のフォークシンガー」などなどandymori時代の楽曲をたっぷり聴かせてくれました。
ソロで弾き語りでありながらも、バンドサウンドと遜色ない表現力。
見た目だけではその辺に歩いていそうな青年でも、やっぱり才能に溢れた人なんだなということが空気で伝わってきました。
andymoriの楽曲以外にも、笠木透のカバー「私に人生といえるものがあるなら」や、
「耳をすませば」を何度も観たというエピソードを話した後に、彼が14歳の時に初めて作ったという曲も披露していました。
ラストは、「グロリアス軽トラ」。
歌詞の「所沢の空の下」を「名古屋の空の下」に変えて歌ってくれたところでは、フロアが沸きました。
でもいちばん聴けて嬉しかったのは、「1984」。
andymoriの曲の中で一番好きです。
幼い頃の夕暮れ時の風景が蘇ってくるかのような切なさとあたたかさ。
サビのファルセットが美しくてセンチメンタル。
小山田壮平と石崎ひゅーいはもう5年ぐらいの付き合いになる仲なんだそうですが、二人とも1984年生まれなんですよね。



小山田壮平は、意外と、解散直後から(実は直前も)精力的にライブ活動をしているんですよね。
都内の小さなライブハウス中心に、ザ・ラヂオカセッツとかヒラオコジョー・ザ・グループサウンズとかグッバイフジヤマとかとも対バンしているみたいで、そのあたりのインディーズバンドと一緒に活動しているところがすごく嬉しいです。
(グッバイフジヤマの「いつも飛んでる♪」は、まさに小山田壮平をモデルにした曲。)
andymoriを解散するにあたって、
「やれるだけのことをやりきったという気持ちなのです。」
と語っていた小山田壮平。
彼のやりたいことをやるには、andymoriというバンドは大きくなりすぎたのかな、と今日のライブを見て妙に納得できたような気がします。
スキャンダラスに取り上げられることも多かった彼ですが、生で至近距離で見たら当たり前だけどやっぱり普通の一人の人間で、でもその溢れるほどの才能が非凡であったために、周りの人間が求めすぎて、小山田壮平という存在を大きくしすぎてしまったのかなとも思います。
ちょうどまさに今日、新レーベルの設立を発表。
これからは、等身大の小山田壮平として、自分のペースで活動を続けていってほしいですね。

石崎ひゅーい

いつもの白シャツに黒ズボンで登場した石崎ひゅーい。
バンド編成での迫力あるライブが展開されました。
実はバックバンドも、ドラムが元BEAT CRUSADERSのマシータさんだったりして、けっこう豪華メンバーだったみたいです。
セトリ。

ピーナッツバター
ファンタジックレディオ
反抗期
シンデレラへの伝言
シーベルト
星をつかまえて
おっぱい
メーデーメーデー
バターチキンムーンカーニバル
仮装行列
花瓶の花
第三惑星交響曲
僕だけの楽園

この前のインストアライブで、最近はライブで盛り上がることを意識した曲作りをしていると語っていましたが、まさに、「ピーナッツバター」や「僕だけの楽園」なんかでは、フロアが一体になった盛り上がりを見せていました。
ステージ上を縦横無尽に飛び跳ねたり歩き回ったりするライブパフォーマンスは、ますますパワフルになってきたような気さえしました。
まだ曲残っていること忘れているんじゃないかと思ってしまうほど1曲1曲で暴れまわっていたため、途中かなりの疲れを見せていて、「花瓶の花」のサビの高音部分は歌えていなかったりしましたが、そんな後先考えないところも彼らしいなと思ってしまいました。
では、ここで今決めた、石崎ひゅーいの好きな曲マイベスト10。

1. 第三惑星交響曲
2. 夜間飛行
3. シーベルト
4. 1983バックパッカーズ
5. 花瓶の花
6. 仮装行列
7. バターチキンムーンカーニバル
8. 僕だけの楽園
9. 3329人
10. ピーナッツバター

やっぱり、「第三惑星交響曲」ですね。
石崎ひゅーいを知ったきっかけの曲であり、この曲があまりにも素晴らしかったので、一気にファンになってしまいました。
彼自身の亡くなった母親に対する愛情がストレートに伝わってきて、何回聴いても涙腺が緩んでしまいます。



石崎ひゅーい×小山田壮平

今回の石崎ひゅーいツアーは、ゲストとのコラボステージも見どころ。
再び小山田壮平が登場して、演奏は小山田壮平のギターのみで、andymoriの「兄弟」。
二人で見つめ合いながら歌う姿が印象的でした。
続いて、バックバンドも再び登場して、石崎ひゅーいに歌ってほしかったという、andymoriの「空は藍色」。
本当にピッタリだと思わせる選曲で、二人のボーカルがただただ心地良かったです。
石崎ひゅーいも小山田壮平も、透明な歌声だなと思うのですが、それは決して何も無い透明ではなくていろいろなものが詰まっているように感じられて、そんな二人のボーカルの魅力をたっぷり感じることができたように思います。
そして、石崎ひゅーいの「夜間飛行」。
石崎ひゅーいのオリジナルバージョンももちろん素晴らしいのですが、この二人がコラボすることによって、新たな化学反応が生まれていたような気がします。
二人とも魂が飛び出すようなパフォーマンス、まさに魂と魂のぶつかり合いが凄まじかったです。
これで終わりなのかと思いきや、
石崎ひゅーいの
「壮平をここで帰すわけないだろ!」
の言葉とともに、ラストに演奏されたのは、andymori「ベンガルトラとウィスキー」。
壮絶でした。
ライブが終わって時間が経った今でもこんなに余韻に浸っていられるほど、心に響くものがありました。
まさにイベントのタイトル通り、二人のシンガーソングライターによる対決のような魂のライブパフォーマンス。
このコラボステージがこの日限りというのは本当にもったいないなと思いますが、石崎ひゅーいはもちろん、小山田壮平にもこの先ずっと音楽活動を続けていってほしいと、改めて思いました。


posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

UN-LOCK presents "#ヤバロック"

今日は、ヤバロックというイベントに来てみました。
名古屋の矢場町のライブハウスで開催されたヤバいラインナップのイベント。
DJイベントですが、気になるアーティストもたくさん出演。
長丁場だったので、途中から行って途中で帰っちゃいましたが、いろいろなタイプのライブをたっぷり堪能できました。
(他にも、yEAN、DENSHI JISION、Tequeolo Caliqueolo、ill hiss cloverが出演していました。)

(M)otocompo

2月のホワラジ以来のオトコンポ。
スカとエレクトロ、略して?
というお決まりのMCでしたが、まだ昼間3時という時間もあってか、お客さん若干引き気味でした。
メンバー風邪気味だったらしくて、インスト曲多めにしたらしいですが、MCは饒舌。
でもライブで体動かしながら聴くには、最高に心地良いサウンドなんですよね。
無機質になりがちなエレクトロサウンドにサックスの音色が入ることによって、心に響く音楽作り出しています。
パフォーマンスとして見せることを意識したライブステージも秀逸。
「OK SKA」では、メンバーがフロアに降りて、お客さんに「OK!」の言葉を言ってもらうのが定番です。



岡崎体育

この人のステージ、今日初めて見たのですが、想像していた以上にインパクト絶大。
おもしろすぎて笑い疲れました。
ナンデードーシテーとかみそしるごはん級のインパクト。
トラックにのせて一人でパフォーマンスするスタイルなのですが、お笑いライブなのかと思ってしまうほど。
楽器は使わないので、ひたすら踊ったり、コントみたいなことしたりと、ピン芸人顔負けのステージが展開されました。
一応、「盆地テクノ」というジャンルらしいです。
(京都出身だから?)
子ども番組のお兄さん風に振舞いながら実は子どもを監禁していて警察に逮捕されてしまうというストーリー仕立ての曲があったり、
「FRIENDS」という曲では岡崎体育の友達だというペンギンのぬいぐるみが登場して、ツインボーカル(?)で一見ハートウォーミングナンバーなのかと思いきや、
バンドは収益がメンバーの人数で分けられてしまうけど、ソロでやっていたら独り占めできる、バンドざまあみろ!
という毒舌を吐いたり。
中でも爆笑に包まれたのは、「家族構成」というナンバー。
後半に向けてカオスになっていく雰囲気。
笑えるのにちょっと心に響くものがあったり。
ゲスの極み乙女。の川谷絵音も絶賛していたようです。
ライブではフリップ芸風にパフォーマンスしているナンバーです。



ラストにやった曲は、ベストヒットシングル(自称)の「Okazaki hyper gymnastic」。
右心室と左心室を交互に伸縮させる体操ってw。
またライブで見てみたいです。



ふぇのたす

岡崎体育のインパクトを引きずって、
私たちはギャラが3等分されてしまうので、みなさん物販では3倍買ってください!
なんて宣伝していたこの人たち。
セトリ。

スピーカーボーイ
かわいいだけじゃダメみたい
たびたびアバンチュール
すしですし
有名少女
ありがたす

いつ見ても、一緒に参加できる楽しいライブパフォーマンス。
みこさんのとびっきりキュートなボーカルも印象的ですが、ギターヤマモトショウさんの低音ボーカルが入ってくるところもアクセントが効いていて良いですね。



せにゃ(from ソライロシマウマ)

インパクトの強いステージが続いた後に、しっとりと弾き語りのステージ。
このイベント、幅広いラインナップですね。
普段は名古屋で活動中のソライロシマウマというガールズバンドでボーカルをしているせにゃさんがアコースティックギター弾き語りのパフォーマンスでした。
芯の強さのある歌唱が印象的でした。
もうちょっとアップテンポなナンバーも聴いてみたかったかなという気もします。



ユナイテッドモンモンサン

昨年の見放題以来、かなり久々のこのバンド。
メンバーも変わり、新しい音源もいくつかリリースされていたみたいで、ほぼ初めて聴く曲ばかりでした。
セトリ。

BaseBallGirl
星になって
セプテンバー
tokidoki
パズルゲーム
君だけのキス

初めて見た人でも巻き込んで参加させてしまうパワーを持ったボーカル松岡さんのライブパフォーマンスはすごいなと思います。
新曲ばかりかと思いきや、ラストにはおなじみの定番曲「君だけのキス」。
ハンドクラップで盛り上がる、思いっきりハッピーなムードのナンバー。
ポップソングのセンスが光ります。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

グッバイフジヤマ/ボールズ/さよなら、また今度ね 「ひばりくんの憂鬱」ツアー

今日は、グッバイフジヤマのリリースツアー名古屋編。
ゲストバンドに、ボールズとさよなら、また今度ね。
平日でしたがこの対バンは見に行かないわけにはいかない、というわけで、仕事を早めに切り上げて行ってきました。
平日のライブハウスってめったに行くことないですが、開演前から若い人中心にけっこうお客さん集まっていて、この3組の人気が感じられました。

ボールズ

トップバッターは、先月のミナホ以来のボールズ。
数えてみたら、今年だけでもライブ見るの8回目でした。
セトリ。

SING A SONG GIRL
退屈な遊び
通り雨
ひみつ
ばんねん
魔法
Akutagawa trip
メルトサマー

「SING A SONG GIRL」「退屈な遊び」「通り雨」と、キラーチューンをいきなり3曲連続で。
今日は今までボールズを見てきた中で多分一番小さなキャパのハコでしたが、それだけにいつもよりも、より熱い空気がそのまま伝わってくるかのようなエモーショナルなパフォーマンスだったなと思います。
ボールズの楽曲って音源で聴く限りはポップでしっとりしているイメージが強いのですが、ライブで見るとまた違った印象を受けますね。
ジャスミンさんか池田さんがリードギター弾いているときに、他のギターベースの3人が揃って横に揺れたり飛び跳ねたりしているのがけっこう好きです。
そんなところに、ボールズならではのグルーヴが生まれてきているような感じがします。
新曲は、「ひみつ」と「魔法」。
イントロ聴いた瞬間に、これ絶対好きなタイプの曲だっていうことがわかってしまう感覚。
「魔法」は、ボールズ史上最高速度とも言えるほどの疾走感に溢れたアッパーチューンでした。
アップテンポでもやっぱりメロディが良いので、聴き入ってしまうのがこのバンドの楽曲ならでは。
新たな音源が楽しみですね。



さよなら、また今度ね

前から気になっていたバンドでしたが、ライブを見るのは今日が初めて。
オープニングSEは「大阪LOVER」(でもドリカムのバージョンじゃなくて誰かのカバー)。
ドラムの人、MVでかぶっているカエルの帽子してました。
バンド名自体も変わっていますが、やっている音楽もちょっと変わっていて独自のシュールな世界を作り出していました。
セトリ。

瑠璃色、息白く
ミルクアイス
2秒で手に入る
夕方とカミナリ
輝くサラダ
クラシックダンサー
Q
信号の奴
僕あたしあなた君

独特なメロディラインが妙に耳に残ってクセになるんですよね。
メンバー自身(特にボーカル菅原さん)も独特なキャラでした。
そんなシュールな雰囲気の中でも、メロディが良い歌モノなので、聴き入ってしまいます。
最新アルバム「夕方ヘアースタイル」からも4曲披露。
「夕方とカミナリ」は、体を横に揺らしながら楽しみたい、ビートの心地良い曲。
「ミルクアイス」は、会話するような男女ツインボーカルで、二人のストーリーが広がります。
「クラシックダンサー」は、「恋をするとおなかがポカポカするの」というサビの歌詞がインパクトありますね。
シュールなんだけどちょっとセンチメンタルな、独特な音楽性にハマりそうです。



グッバイフジヤマ

このバンドは、先月の見な放題以来。
今年6回目。
リハで、「あの日の僕等に会いに行く」をアコースティックなしっとりアレンジで歌っていました。
この曲もけっこう好きなんですよね。
セトリ。

This is pop!
レノンとマッカートニー
ひばりくんの憂鬱
いつも飛んでる♪
ぼくらが旅に出ない理由
星めぐりの子どもたち

en)
ひばりくんの憂鬱
戦争しましょう

前半は、ライブで盛り上がる系のナンバー連続。
「レノンとマッカートニー」は音源化されていないですが、「スタンドバイミー」っていうサビが盛り上がるアッパーチューン。
「ひばりくんの憂鬱」は、もう完全にライブの定番曲となっていますね。
先日の見な放題では、沢チャレさんとコラボしてパフォーマンスしていたこの曲。
一緒に楽しめる振り付けがあるのも大きなポイント。



途中で中山さんギターの弦切ったとかで、後半ではまさに今日買ったというギターを初弾きしていました。
「ぼくらが旅に出ない理由」は、かなり好きな曲。
このバンドって、適度に過激なサブカル感とかメンバーの濃いキャラとかにどうしても注目されがちなのですが、実はポップスのソングライティングセンスも抜群で、オザケンを意識していると思われるタイトルのこの曲も、そんな良質ポップチューンです。
でもやっぱりいちばん好きな曲は、「星めぐりの子どもたち」。
このバンドを知ったきっかけの曲ですが、もし初めて聴いたのがこの曲じゃなかったら、グッバイフジヤマをここまで好きになってなかったかもしれないなと思います。
きっかけは、見放題福実行委員のDai-changさんが前やっていたUstreamの番組でこの曲をかけてくれたんですよね。
当時は、まだ前のバンド名(ルンペンフジヤマ)でした。
どんな見た目の人たちで、どんな編成で、とか全く知らない状態で、純粋に音源だけで聴いて、一気に好きになってしまったこの曲。
当時はまだ名古屋でライブやっていなかったので、東京までライブ見に行きました。
Dai-changさんもそこに来ていて、グッバイフジヤマ良いですねって、直接お話しできた思い出があります。
Dai-changさん、見放題のラインナップを決めるセンスもツボでしたけど、そのUstreamの番組でも、僕の知らなかった良い音楽をたくさん教えてくれて、また再開してほしいなと常々思っていました。
最近では、Official髭男dismのことも推していましたね。
先日急に入ってきたのは、Dai-changさんの訃報。
ショックでした。
まだ若かったのに、いまだに信じられません。
これからも素敵な音楽たくさん教えてくれると信じていたのですが。
訃報を聞いてまず頭の中で流れてきたのが、「星めぐりの子どもたち」でした。
そんなことを考えながら聴いていると、歌詞の中身もDai-changさんのことを歌っているんじゃないかと思えてきます。



湿っぽいこと書いてしまったので、最後はグッバイフジヤマの好きな曲マイベスト10を書いて締めたいと思います。

1. 星めぐりの子どもたち
2. あの日の僕等に会いに行く
3. ぼくらが旅に出ない理由
4. はっぴいえんど
5. 赤い自転車
6. いつも飛んでる♪
7. When you wish upon a twinkle star
8. サマーニート
9. きるみべいび
10. うみべの街のカーニバル
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

Czecho No Republic インストアライブ

今日は、今年7月に続いて、チェコノーリパブリックのインストアライブ。
前回はアルバムのレコ発でしたが、今回はシングル「Oh Yeah!!!!!!!」発売記念。
この曲、アニメ「ドラゴンボール改」エンディングテーマになっているとのことで、
チビッ子がたくさん来てるかと思ったら、全然来てないですね、
というMCで始まったインストアライブ。
前回はドラム山崎さんが欠席でしたが、今日は5人全員揃ってました。
セトリ。

Come On
Sunday Juggler
No Way
Oh Yeah!!!!!!!
ダイナソー

シングル収録曲と、前アルバム収録曲「No Way」と代表曲の「ダイナソー」。
リードトラック「Oh Yeah!!!!!!!」は、アニメタイアップということもあって、このバンドにしては珍しいほどストレートにキャッチーでポップなナンバー。
その分、カップリング曲の方に、チェコらしさが発揮されているかなという印象です。
特に、「Sunday Juggler」なんかは、ディズニー映画の挿入歌と言われてもおかしくないようなムードのナンバー。
曲ごとに違ったカラーを見せてくれるのはこのバンドの魅力かなと思います。
あと、ボーカルに独特な浮遊感のようなものがあるんですよね。
彼のボーカルが、どんな曲であっても、チェコならではのオリジナリティ溢れている作品に仕上げているような気がします。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

中田裕二 インストアライブ

今日は、今年6月に続いて、中田裕二のインストアライブ。
前作はカバーアルバムでしたが、今回はオリジナルアルバム「BACK TO MELLOW」発売記念のインストアライブでした。
中部ローカルの音楽番組「Uta-Tube」にも2週連続で出演していたばかり。
最近は名古屋に力を入れているとかで、その甲斐もあってか、前回のインストアライブよりたくさんの人が集まっていたような気がします。
お客さんはやっぱりアラサーぐらいの女性の方が多めですが、男性や若い人、年配の方の姿もちらほら見えるのは嬉しいですね。
セトリ。

誘惑
愛の摂理
薄紅
髪を指で巻く女

アルバム収録曲をアコースティックギター弾き語りで。
椿屋四重奏でバンドのボーカルとして活動していたころから大人の愛を歌った妖艶な歌唱が魅力的でしたが、年齢を重ねることによってより味が出てきたような気がします。
本人も同じ様なことを語っていましたが、歌の中の主人公の年齢と本人の実年齢が合ってきた感じ。
肩の力を抜いたような等身大の歌唱が心地良かったです。
「薄紅」は日本語の美しさを活かした楽曲。
日本人の奥ゆかしさや価値観のようなものが垣間見えます。
日本の歌謡曲が音楽性のルーツにある彼ならではですね。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする