2014年10月26日

Suck a Stew Dry/ビッケブランカ インストアライブ

今日は、インストアライブ2連発。

Suck a Stew Dry

まずは、Suck a Stew Dry(サックアステュードライ)のインストアライブ。
音源では聴いていましたが、今回初めてライブを見るバンド。
1stフルアルバム「ジブンセンキ」発売記念のインストアでした。
セトリ。

ユーズドクロージング
アイドントラブユー
ヒーロー
世界に一人ぼっち
僕らの自分戦争

ポップでキャッチーなメロディラインの歌モノバンド。
自らの人生をそのままさらけ出してしまうような歌詞も良いですね。
上手く生きることができない現代のモラトリアム世代に響く歌。
今回のライブはアコースティック編成だったこともあって、より歌詞の中身が伝わってくるような気がしました。
特に、「世界に一人ぼっち」なんかは、アコースティックバージョンのほうが良いのではないかと思ってしまうぐらい。
崩れ落ちてしまいそうな繊細な心情が切ないです。



アルバムのリードトラック、「僕らの自分戦争」。
何かを目指しているときは、誰かのマネだとかオリジナリティーがないとか、そんなことを言われても関係ない。
それこそが自分なんだから、というメッセージが心に響きます。



ビッケブランカ

続いては、ビッケブランカ。
ピアノ弾き語りのソロシンガー。
この人のライブを見るのも初めてでした。
1stミニアルバム「ツベルクリン」発売記念のインストア。
不完全セトリ。

秋の香り

girl
never ever
I like you

繊細かつダイナミックなピアノサウンド。
生で聴くと、ファルセットが美しいボーカルの迫力に圧倒されました。
音源ではリリースされていないですが、最後にやっていた「I like you」っていう曲も良かったです。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

Shiggy Jr. インストアライブ

今日はShiggy Jr.のインストアライブ。
先週の見な放題に引き続き、今日は屋外でのShiggy Jr.を見てきました。
セトリ。

LISTEN TO THE MUSIC
summer time
day trip
baby I love you
dance floor
Saturday night to Sunday morning

インストアだろうが、屋外だろうが関係なく、ライブハウスのノリで大盛り上がりのお客さんたち。
「Saturday night to Sunday morning」で、コール&レスポンスがライブでは定番なのですが、栄の街中に聞こえるんじゃないかというぐらいの勢いで、大声の「Sunday morning!」が響きました。
このバンドの勢いを改めて感じましたね。
今日は、アルバム「LISTEN TO THE MUSIC」収録曲中心のセトリ。
前のアルバム「Shiggy Jr. is not a child.」より好みかも。
打ち込み系電子サウンドも入って、よりサウンドの幅が広がったイメージ。
でも、相変わらず、最高にポップなんですよね。
これからの可能性をまだまだ秘めているアーティスト。
もう来年あたりにはメジャーデビューして、一気に人気拡大してしまうんじゃないかと思います。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

MINAMI WHEEL 2014 3日目

いよいよミナホ最終日。
今日も気になるアーティストのライブ、たっぷり楽しんできました。


・・・、と書きたいところですが、この日は台風直撃で、関西のJRが夕方から止まってしまうという、まさかの非常事態。
それに伴って、ミナミホイール3日目自体もすべて中止になってしまいました。
屋内ライブハウスで開催される音楽イベントとしては、異例の事態ではないでしょうか。
でも、後日パスの払い戻しをしてくれて、その対応はしっかりしてました。
そんなわけで、3日目どう回ろうかいろいろ予定を考えていたのですが、それもすべて白紙に。
あまりにも残念なので、ここでは、もし開催されていたらこう回っていた、という妄想ミナホ3日目について書いてみたいと思います。
中止になったイベントのライブレポ、という初の試み。

THE TON-UP MOTORS

ミナホ3日目は、見放題で初めて見て、一気に好きになってしまったこのバンドからスタート。
北海道179市町村を回るツアーは、119市町村まで達成されたみたいです。
ライブスケジュール見ると、聞いたことないような北海道の市町村が並んでいます。
新曲のタイトルも「北海道ブギ」。
子どもから大人まで体動かして楽しめるブギサウンド。
北海道も良いですが、たまには名古屋とかにもライブしに来てほしいです。



杉恵ゆりか

1組目のもう1つの候補は、このシンガー。
8月にメジャーデビューしたばかりの女性シンガーソングライター。
インディーズ時代の楽曲ですが、「恒星進化論」っていう曲が好きなんです。
夜空を眺めながら聴きたい、キャッチーなポップソング。



DENIMS

2組目は、昨年見たライブで一気にハマったこのバンド。
名古屋にもけっこうライブしに来てくれているのですが、なかなかタイミングが合わずに見に行けてないのです。
やっぱり、このバンドはライブで見ると魅力が倍増します。
どこか懐かしくて、でも新しいサウンド。
ライブ会場限定のアルバム「NEWTOWN」も欲しいところです。



ウルトラタワー

2組目のもう1つの候補は、このバンド。
このバンドも8月にメジャーデビューしたばかり。
キャッチーで爽快なロックサウンドが魅力的。



内村イタル & musasaviband

3組目。
内村イタルは、閃光ライオットにも出場した、若手シンガー。
完全にノーマークだったのですが、内村イタル & musasavibandというバンド編成での楽曲「電話」を試聴してみたら、これがまた素晴らしいのです。
フォークのようなあたたかい心地良さのあるポップソング。
内村イタル & musasavibandの一員でもあり、プロデュースを担当しているのは、ayU tokiO。
ayU tokiOは、7月にリリースした「恋する団地」という楽曲が、これもまた素晴らしくポップで、一度ライブを見てみたいと思っていたんですよね。





HOLIDAYS OF SEVENTEEN

3組目は、このバンドも気になっていました。
そこそこキャリアのあるバンドですが、今までノーマークな存在。
でも、今年リリースされたアルバムに収録されている「ネオンライト」っていう曲が良くて、一気に好きになってしまいました。
突き抜けるようなボーカルの爽快感と、ビートの心地良さ。



NECOKICKS

4組目。
四つ打ちロックサウンドが心地良い若手バンド。
「1秒先の未来」という曲が好きです。
どことなく懐かしくて、口ずさみたくなるメロディ。



楽団 象のダンス

5組目は、最近すごく気になっているバンド。
「楽団 象のダンス」っていうバンド名からして、強烈なインパクトありますよね。
「楽団」っていう言葉だけでもなんとなく楽しそうなのに、「象のダンス」とか絶対ライブが楽しそうなバンド名。
YouTubeで動画見てみても、なんか独特の心地良さがありますね。
とにかく、いろいろ気になりすぎているので、ライブで実際に生で目撃してみたいアーティストです。





5組目のもう一つの候補は、このバンド。
と言っても、実はまったく何者か知りません。
どこをどう調べても、この「皿」というバンドの情報が出てこないんですよね。
ミナホのパンフレット見ても、
「10代のメンバー4人からなる熱きロックバンド。
ジャンルなんて気にしないヤンチャな次世代サウンドで存在感を見せつける」
って書いてあるだけ。
(しかも、ミナホHPには、前は掲載されてたのに、今見たら削除されていました。)
会場は、OSAKA MUSE。
ミナホの会場の中でも、かなりキャパのある方です。
最終日トリ前のOSAKA MUSEに、まったく無名のバンドが出てくるとは思えません。
(もし、無名バンドだとしたら、それだけのパフォーマンススキルを持っているはずなので、見てみたいところですが。)
というわけで、おそらくですが、「皿」は覆面バンドです。
正体は誰か、と考えたら、10代4人で、それに「皿」と言ったら、このグループしか思いつきません。
今となっては、もはや真相は不明ですが。



アンダーグラフ

トリは、大好きなこのバンド。
前はワンマンやる度に見に行ってましたが、最近あまり見に行けてないような気がします。
「ツバサ」から10年の今年に再メジャーデビュー。
「ツバサ」の新しく発表されたバージョンには、今のアンダーグラフの思いが込められているような気がします。
昔のヒット曲でも、いつまでも歌い続けてくれるのが嬉しいところですよね。



BRADIO

トリのもう一つの候補は、8月にライブで見て、一気にハマったこのバンド。
とびっきりファンキーでソウルフルなライブショー。
ライブハウスで踊りながら聴くのが、最高に楽しいですね。




というわけで、3日目の中止は残念でしたが、2日間たっぷり楽しんだ今年のミナホ。
見たことないアーティスト中心で回ってみたので、たくさんの新しい音楽との出会いを楽しむことができました。
来年も楽しみですね。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

MINAMI WHEEL 2014 2日目

かなり攻めてみた、今年のミナホ2日目。
気になっていたアーティストばかり、全組ライブを今まで見たことなかったアーティストのみで回ってみました。

吉田Q

2日目トップは、YouTubeで試聴して気になっていたシンガー、吉田Q。
調べてみたところ、ジュリーや鈴木雅之に楽曲提供もしている人なんですよね。
今年になってようやく、自身のアルバム「幸せの黄色いジャケット」でデビュー。
かなり謎な存在のアーティストなので、この機会に見に行ってみることにしました。
バックバンドがスタンバイする中でまず登場したのは、3人の女性バックダンサー。
そして、幸せの黄色いジャケットにハットをかぶって登場した、吉田Q。
この時点で、昭和の歌謡ショー感、満点。
ステージ自体でも、昭和からタイムスリップしたかのようなエンターテイナーっぷりを発揮してくれました。
普段ならまず見ることないようなタイプのライブでしたが、ショーとして魅せることにこだわったステージは、とても楽しかったです。
ただ、ミナホのお客さんには合わなかったのか、お客さん10人ぐらいしか入ってなかったのがちょっと寂しかったですが。
曲は、昭和歌謡を思わせるような、ちょっと懐かしい感じが心地良いです。
哀愁漂うムードは日本人好みの、ネオ歌謡曲。
ミナホ2日目の最初から、なんかいろんなアーティストが世の中にはいるんだなとか思ってしまいました。



激団モンゴイカ

ライブステージが楽しいとの評判をよく聞いていたので気になっていたこのグループ。
ミナホにも何年か連続で出演していて、多分今年も入場規制かかっていたと思います。
ギター、ウッドベース、クラリネットにノコギリや洗濯板が加わった編成の「パーティージャグバンド」。
そんな見た目だけでも、楽しいステージ見せてくれる予感しかしないです。
「激団モンゴイカ」の「げきだん」は、「劇団」ではなくて、激しい団地妻の「激団」だという自己紹介。
MCでも終始笑いに包まれていました。
ちょっと変わった楽器で演奏される、アットホームで優しい音色の音楽。
パフォーマンスも面白くて、おでこでピアニカ演奏したり、ノコギリで「お〜ま〜え〜は〜ア〜ホ〜か〜」やってくれたり。
途中で手品も披露していたりして、ほぼ演芸の世界ですね。
FM802DJの仁井聡子さんと平野聡さんが登場して一緒に演奏するシーンもありました。
笑ってほんわか心があたたかくなるような、そんなステージが素晴らしかったです。



アサミサエ

今気になっている女性シンガーソングライター。
今回、初大阪だったそうです。
キーボードボーカルのアサミサエに、ベースとドラムのバックバンドを加えた編成でのライブ。
1曲目は、「フラストレーション」。
鍵盤の音色がアグレッシブに響くナンバー。
まさにフラストレーションをぶちまけるようにエモーショナル。
小さい体全体を使って弾けるように鍵盤を演奏しながら歌う姿は、キュートでありながらもパワーに溢れていました。
でも、アッパーな曲ばかりでもなく、しっとりと歌い上げるバラードナンバーもあったり。
まだ流通音源は出ていないようなので、今後の活躍に期待していたいアーティストです。



NaturaL Place

超個性的な濃いステージがいきなり3連発だったので、ここで一旦しっとりしたステージをゆっくり座って鑑賞することにしました。
NaturaL Placeは、女性二人組デュオ。
ボーカルとグランドピアノという編成でのステージでした。
二人の美しいハーモニーが絶品。
この流れで見たから際立っていたということもあるかもしれませんが、こういう自然体の音楽は体にスーッと入ってきます。
「Fighting song」は、ライブで盛り上がるアッパーチューン。
曲に合わせて手拍子したり、終始和やかなムードのステージでした。



Official髭男dism

山陰を中心に活動する島根出身の4人組バンド、Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)。
通称、ヒゲダン。
ちょっと変わったバンド名ですが、バンド名だけで曲を聴かずに判断してはいけません。
なんと言っても、今年のミナミホイールはこのバンドを見れただけでも行った価値があったと思えるほど、とにかく素晴らしかったです。
ピアノの音色が印象的に響く、ジャズテイストも入ってポップなサウンド、まさにストライク。
こういうバンドをまさに求めていました。
セトリ。

SWEET TWEET
夕暮れ沿い
恋の前ならえ
不器用な二人で
愛なんだが…
ごみ箱彼女

まだ若いバンドですが、ポップなメロディを作り出すセンスは秀逸。
ライブパフォーマンスも堂々としていました。
このバンドが作り出す音楽がとにかく心地良すぎるあまり、感動してしまいました。
歌詞のセンスも良いんですよね。
「SWEET TWEET」の「少しかすれた低くも高くもない普通のトーンで 笑うときだけいつもの声より二音半あがる」とか、
「愛なんだが...」の歌い出し「鳥がさえずるEbくらいのトーンが心地よい朝」も素晴らしいと思います。
YouTubeで試聴した段階でわりと好みの音楽かも、とは思っていましたが、ライブ見てここまでハマってしまうとは思わなかったです。
ライブ終わって、即行で物販行って、売っているCD全部買いました。
今回、大阪、というより関西でライブをすること自体が初めてだったそうですが、お客さんかなり集まっていて、既にジワジワと人気を集めているようです。
本当に良い音楽やっているので、人気が全国区になるのも時間の問題かもしれません。




パレードパレード

Official髭男dismに続いて、鍵盤バンドのパレードパレード。
北海道出身のバンドで、このバンドも今回初大阪だったそうです。
夜の街の風景が似合うような、ちょっとオシャレでポップなサウンド。
大阪でのライブということで、ボーカルの人が大好きだというaikoのツアーTシャツを着ていたのですが、まさにaikoなどの良質J-POPの影響が感じられました。
体が自然と動き出してくるような、ウキウキ感が最高です。



CURIO

2日目トリは、CURIO。
90年代後半に活躍していたバンドが、活動再開してなんとミナホに登場してくれました。
リアルタイムで聴いていた世代としては、今回初めて生で見ることができて本当に嬉しかったです。
リハで大ヒット曲「君に触れるだけで」をちょこっとだけ聴かせてくれたのですが、もうイントロからそれだけで感動してしまいました。
セトリ。

BUZZ
BABY BEAT IT!
ときめき
粉雪
(新曲)
DAY DREAM
ロマンス
BIG TODAY
ひまわり

改めて、当時のヒット曲「粉雪」や「ひまわり」なんかを聴いてみると、本当に優れたポップソングを作り出してきたバンドなのだと実感することができました。
今聴いても色褪せていないし、メロディも展開ももうポップスとして完璧ではないかと思ってしまうぐらい。
今回、活動再開後初のアルバム「VIVID」がリリースされるとのことで、その中からも何曲か聴かせてくれました。
このバンドすごいなと思ったのが、もちろん過去の曲も素晴らしいのですが、最近作られた新曲も負けないぐらい素晴らしいんですよね。
ポップソングを作り出す感性は今でもまさにビビッドで、まったく変わっていないんだなと。
そして、さすがベテランバンドなだけあって、ライブパフォーマンスも圧巻でした。
若いアーティストのライブをずっと見てきましたが、やっぱり別格でした。
もちろんヒットしていた当時から素晴らしいライブをしていたんだと思いますが、歳を重ねることによって、さらに大人の魅力が加わった感じ。
これからまた本格的に活動してくれるみたいなので、今後の展開が楽しみですね。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見な放題 2014 2日目

ミナホ2日目は、初めて見るアーティストのみで回りましたが、見な放題2日目は、何度もライブを見に行っている大好きなアーティストばかりを見に行ってきました。

Shiggy Jr.

今、本当に人気急上昇中のこのバンド。
深夜なのに、ライブハウスに人が溢れていました。
このバンドの、最高にポップな曲を作り出してしまうセンス、素晴らしいと思います。
やっぱりキラーチューンは、「Saturday night to Sunday morning」。
タイトルどおり、夜のライブハウスに似合いますね。
ボーカル池田さんの「Saturday night」に続いて、
「Sunday morning!」のコール&レスポンスが今日もキマっていました。



GOODWARP

ミナホ本編では見れなかったこのバンド。
セトリ。

TROPHY
サーチライト
lucky
My Girl
真夜中のダンス〜恋する爪先〜
大人になれば

ポップなメロディと甘いボーカルをまとめ上げる、キレのあるバンドサウンド。
バンドとしては若いですが、メンバーそれぞれキャリアがそこそこあるミュージシャンなので、もう安心して聴き入ることができます。
自然と体が動き出す心地良さに、フロアもアツくなっていました。
ほぼライブではおなじみの曲ばかりでしたが、新曲の「My Girl」を今回初めて聴くことができました。
ミディアムテンポでありながら、GOODWARP流のポップスセンスが発揮された踊れるロックチューン。
会場限定CD「TROPHY」とともに、「My Girl」収録のデモCDももらったので、これから聴き込んでいきたいと思います。



グッバイフジヤマ

見な放題トリは、見放題イベントではもうすっかりおなじみとなったこのバンド、グッバイフジヤマでした。
セトリ。

戦争しましょう
サマーニート
ぼくらが旅に出ない理由
ひばりくんの憂鬱
きるみべいび
はっぴいえんど

思えば、前メンバーでのライブを最後に見たのが昨年のミナホ。
新体制になってから約1年経つわけですが、新生グッバイフジヤマはもうすっかり形になってきたような気がします。
ドラム高原さんとキーボード稲荷さんはまだサポートメンバーですが、今のグッバイフジヤマのリーダーは高原さんだそうです。
サポートなのに。
でもサポートかどうか関係なく、グッバイフジヤマと言えばこの5人、というイメージは定着しました。
「ひばりくんの憂鬱」では、なんとゲストボーカルの登場。
ザ・チャレンジの沢田チャレンジさんでした。
多分、沢チャレさん、即興でやってたんじゃないかと思いますが、一気にザ・チャレンジのライブの世界に変えてしまったのはさすがでした。
深夜なのに、こんなサプライズステージ見ることができてしまうのも、このイベントならではです。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする