2014年06月29日

空きっ腹に酒/フレデリック/ミソッカス 「踊れ細胞」リリースツアー 〜ごきげんいかがっすかツアー〜

今日は、空きっ腹に酒とフレデリックとミソッカスのスリーマンというディープだけど最高の対バン見に行ってきました。
まさに、ライブハウスで見たい3組が集結。

フレデリック

トップは、今年に入ってから初の全国流通アルバムもリリースして、ノリに乗っているこのバンドから。
ライブ見るのは、昨年ミナホの深夜にやっていた見な放題以来。
公式ツイッターよりセトリ。

ふしだらフラミンゴ
ディスコプール
バジルの宴
砂利道
峠の幽霊
お家を建てよう
プロレスごっこのフラフープ
(新曲)
SPAM生活

登場シーンのハンドクラップから、一瞬にしてこのバンドがもつ独特の空気に変えてしまうパワー。
1曲目の「ふしだらフラミンゴ」からフロアのお客さん全体がユラユラ揺れてました。
シュールな歌詞の世界観が独特のセンス。
峠の幽霊どこいった
とか、
死んだサカナのような眼をしたサカナのような生き方はしない
とか、こんな歌詞なかなか書けません。
そこに、昭和歌謡的なメロディラインが加わると、中毒性が抜群に高くなります。
そんな楽曲をミラーボール回るライブハウスで聴いたら、一気にフレデリックワールドにトリップしてしまいますね。
新曲も、思わず踊りたくなってしまう、ライブで聴きたいキラーチューンでした。
ラストにやったのは、代表曲でもある「SPAM生活」。
アルバム発売に合わせて新たに作られたMVは、クールだけれども、彼らなりのセンスが爆発してます。



ミソッカス

実はライブハウスで見るのはわりと久々。
公式ツイッターよりセトリ。

切り札はハートのエース
SEXY DYNAMITE
幻のオ・ト・コ
ファッキンポリス
ム○ンライト伝説
マッドシュリンプス
擦り切れた靴とロケット
いかれたプレイボーイ
みそのテーマ
シャイニングイリュージョン
憧れのギブソン
ワルイトモダチ

着物を脱いで片仮名表記になった新生ミソッカス。
といっても、ちょっとクセのあるアッパーチューンでフロアを踊らせまくっているのは今まで通りですが、パフォーマンスにさらに磨きがかかっている印象。
このバンド、見る度に良くなってきている気がします。
ハチャメチャ感のイメージが強いですが、実は楽曲がけっこう良いんですよね。
そういう部分がより前面に出てきたような感じがします。
3日後に新しいアルバム「統一された混沌(カオス)」が発売されるとのことで、その中の曲も何曲か。
リードトラックになっているのは、「マッドシュリンプス」。
イントロのキーボードがかっこよすぎて、本当にミソッカス?って思っちゃいます。
いつもオチャラケたキャラのマイケルが本気出してますね。
この曲のテーマに関しては、ボーカルはるきちさんがMCで語っていました。
自分が作り出した音楽を、あのバンドに似てるだとか、そういったことで批評されることに対して、本当のオリジナリティって何?という楽曲制作側の苦悩と問題提起。
そういう批評などせずに、ただ音楽を楽しもうよ、というシンプルなメッセージが込められているんだそうです。



空きっ腹に酒

トリは、今回レコ発のこのバンド。
ライブで見るのは1月以来でしたが、見る度に最高なライブしてくれるバンドだなと思います。
先日リリースされたニューアルバム「踊れ細胞」収録曲中心に。
その名の通り、細胞レベルまで踊らせてしまうナンバーの連発。
ボーカルのユキテロさんは楽器を弾かずに歌うスタイルなのですが、だからこそひたすら踊りまくるパフォーマンスがかっこいいです。
キレのあるラップとともに伝わってくるメッセージ。
フレデリックとミソッカスのメンバーもステージに上がってきた「Pa」と「正常な脳」の流れはテンションマックスでした。
アルバムのリードトラックは、「イマ人」。
中毒性高くて、頭の中から離れないメロディ。
ギター西田さん、このMVの星条旗みたいなド派手な衣装。今日のステージ上でも着ていました。



今回、空きっ腹に酒がリリースツアーの対バンにフレデリックとミソッカスを選んだのは、ただ単純に好きだから、とのこと。
空きっ腹に酒がフレデリックとミソッカスの音楽を好きなのってすごくわかります。
好きだということに理由はない、と話すMCに共感。
さっきのミソッカスはるきちさんの話ともカブるのですが、音楽ってやっぱり楽しむためのもの。
音楽が好きっていうストレートな思いを持っているミュージシャンが作り出す音楽ってやっぱり楽しいです。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぱいぱいでか美 インストアライブ & まらしぃ インストアライブ

週末に行ってきたインストアライブ2件まとめて。
異色のラインアップです。

まず、ぱいぱいでか美のインストアライブ。
インパクトがありすぎる名前ですが、アダルト系の人ではなくて、普通のミュージシャン(普通ではないかもしれないけど)。
最近いろんな音楽イベントのラインアップに名前が出ていて、気になっていた存在です。
「ABCDEFカップ 歌って踊れるバンドウーマン」との自己紹介。
どんなキワモノが登場するのかと思っていましたが、けっこう普通の女の子でした。
胸元を強調する衣装でしたが、セクシーというよりかわいらしい感じ。
MCでは自虐ネタを繰り返していて、親近感持てるキャラでした。
1stシングル「PAINPU」と1stアルバム「レッツドリーム小学校」を立て続けにリリースして、今回はアルバム発売記念のインストア。
セトリ。

少年
わたくしばし 〜でか美とほりぼうの横浜ツンツン節〜
ぼくがおっぱい大きくしてあげる
PAINPU

カラオケ演奏に合わせて、本人が踊りながら歌うスタイル。
一緒に楽しめる振り付けも多数あって、ライブけっこう盛り上がりそうなポイント多数ありました。
アイドルではないけど、この人アイドル好きなんだなと思わせてくれる雰囲気。
「ぼくがおっぱい大きくしてあげる」は、デュエットソングなのですが、お客さん一人をステージに上げてのステージ。
男性ボーカルはオケに入っているので、二人で見つめ合ったりするパフォーマンス。
今後のライブでも取り入れていくらしいので、勇気あるお客さんは立候補してみるといいかもしれません(女性も可だそうです)。
ラストに、「PAINPU」。
この曲、大森靖子がプロデュースしているんですね。
これ以外のアルバム曲も、けっこう通なラインアップのミュージシャンが参加。
あの川本真琴も楽曲を提供してます。
それにしても、全体的に漂う超B級サブカル感が、逆に心地良いです。



続いて、まらしぃのインストアライブ。
ニコニコ動画から出てきた人、というぐらいの認識でした。
男なのか女なのかも知らなかったのですが、髪を青く染めてメガネをかけた若い男の方が登場。
名古屋が地元なんだそうです。
今回は、アルバム「marasy first original songs on piano〜」と「marasy animation songs cover on piano〜」が2作同時リリースとなったということで、その発売記念インストアライブ。
お客さんは、若い人中心なのかと思いきや、意外と老若男女幅広かったです。
ピアニストの方なので、歌なしで、30分ちょっとの時間、たっぷりキーボードでの演奏を聴かせてくれました。
自身のオリジナル曲とアニソンカバー曲を半々ずつぐらいのセトリ。
全体的にアップテンポのナンバーが多くて、壮絶な早弾きテクを見せてくれました。
でもその中にも感情が表現されたような演奏。
才能のあるピアニストって、現代ではこういうところから出てくるんですね。
最後に演奏されたのが「千本桜」。
ネット発音楽シーンを象徴するような曲。
こういうネット発のミュージシャンって、あまり今までちゃんと聴いてなかったジャンルですが、実は新たな才能の宝庫でもあるのかもしれないなと感じました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

倉木麻衣 15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST “一期一会” 〜FUN FUN FUN☆彡〜

今日は、倉木麻衣のライブに初めて行ってみました。
倉木麻衣といえば、自分が高校生ぐらいの頃から聴き続けていたシンガー。
デビュー直後から大ヒットを連発していたにも関わらず、しばらくテレビには出演していなかったので、ミステリアスな存在でもありました。
今まで生で見る機会がなかったのですが、今回のツアーはライブハウス公演ということで、近い距離で一体感をもって倉木麻衣を見れるチャンス。
今日がツアー初日で、倉木麻衣がライブをやるのも今年初めてだったようです。
チケットとるの大変なのかと思っていたら、意外とあっさり取れました。
というより、当日券も出てました。
会場はZepp Nagoya。
超メジャーなライブハウスですが、実は今日初めて行きました。
これだけのキャバのライブに行くのが久々だったので、整理番号順の入場とかに戸惑いつつも、開演時間ギリギリぐらいにフロアに入りました。
客層は、8割方男性。
けっこう年輩の方も多かったですが、アニメ主題歌の影響もあってか子どもや若いファンの姿も目立ちました。
開演時間をやや過ぎてからまずステージ上に登場したのはダンサーのグループ。
そして「Stand Up」とともに登場した倉木麻衣。
テレビとかで見ていたあの倉木麻衣本人がすぐそこのステージ上にいるってことにちょっと感動しました。
バンドが入るのかなと想像してたのですが、残念ながら生演奏ではなかったです。
でも、本編はMCもほぼ挟まず、ノンストップでヒット曲人気曲を連発。
今までCDで聴いていた曲がこうして生で聴ける日が来るとは、と感動しつつ。
ライブ用にいろいろアレンジを変えていた曲も多くて、歌い出しであの曲かってわかることも多かったり。
今回のセットリストは、ファンのライブで聴きたい曲のリクエストをもとに、倉木麻衣本人で決めたんだそうです。
アップテンポのナンバーが多くて、倉木麻衣自身も踊りまくっていて、全体的にダンサブルなステージでした。

ここで、今決めた、僕の好きな倉木麻衣の楽曲マイベスト10。

1. Love,Day After Tomorrow ☆
2. 風のららら
3. 明日へ架ける橋
4. Kiss
5. 夢が咲く春
6. SUMMER TIME GONE ☆
7. Wake me up ☆
8. Stand Up ☆
9. Like a star in the night
10. Feel fine! ☆

曲名の後に☆を付けたのが、今日聴けた曲です。
ライトなファンなので、全部シングル曲。
ミディアムテンポでメロディラインが綺麗な曲が好みです。
倉木麻衣のボーカルはそういう曲調の方が合う気がします。
今日はアップテンポナンバー中心でしたが、ミディアムテンポの「Reach for the sky」もちょっとラテンな感じにアレンジされて歌われてました。
最近の曲はあまりちゃんと聴いてなかったのですが、「Wake me up」とかけっこう好みな感じ。
洋楽テイストのダンストラックが心地良いです。



でもなんといっても、「Love,Day After Tomorrow」。
デビュー曲にして大ヒット曲。
これを初めて聴いたときは衝撃的でした。
自由自在に音程を動き回る感じのボーカルが心地良いです。
ライブでは、振り付けで楽しめる曲。
「L」「O」「V」「E」のところ、手でそれぞれのアルファベットを作るのがおもしろかったです。



アンコールでは、今度リリースされるシングル曲、「無敵なハート」を初披露。
ライブ映えするダンサブルなナンバーでした。
そして、ライブでは定番だという「always」。
改めて聴いてみると、歌詞が良い曲だなと思いました。
最後に、夏にピッタリのさわやかナンバー「Diamond Wave」。
タオル回しながらフロア大盛り上がりの中、終了した今日のライブ。
アンコール含めて2時間弱のステージでしたが、楽曲がほぼノンストップだったので、かなり聴けた感じです。
MCは少なめでしたが、倉木麻衣の誠実でまっすぐな人柄が伝わってきました。
最後に、
今日は本当に最後までありがとうございました。
ってマイクを使わず、会場の後ろまで届く声で感謝の気持ちを伝えていた姿が印象的でした。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

中田裕二 インストアライブ & Rhythmic Toy World インストアライブ

今日は、ライブ3つ行ってきました。

まずは、名古屋のタワレコで中田裕二のインストアライブ。
来週発売されるカバーアルバム「SONG COMPOSITE」の発売記念インストアでした。
セトリ。

いっそ セレナーデ
UNDO
モンロー・ウォーク
夢で逢えたら

ギター弾き語りで大人のアコースティックライブ。
椿屋四重奏時代から好きなアーティストでしたが、今回初めて生で見ました。
楽曲の印象では、わりと妖艶でアダルトなイメージがあったので、どんな人なんだろうと思っていましたが、実際見てみると爽やかなお兄さんって感じ。
でも、歌うと大人の男の色気が出ているようなセクシーなボーカル。
今日はちょっと喉の調子が悪かったそうですが、それはそれで味が出ていたような気がします。
自身の代表曲「UNDO」では、迫力のあるギタープレイも見せてくれました。
今回発売されるのはカバーアルバムということで、井上陽水のカバー「いっそ セレナーデ」の他、アルバムには収録されていない南佳孝のカバー「モンロー・ウォーク」と吉田美奈子のカバー「夢で逢えたら」も披露。
椿屋四重奏の頃から日本の歌謡曲をロックサウンドにアレンジしたような作品を作ってきた彼ですが、今回のカバーアルバムは、まさに彼のルーツであり得意分野。
大人の夜の雰囲気を醸し出す歌声が魅力的で、楽曲の世界観にマッチしてます。
バンド編成でのライブも見てみたいですね。



続いて、大阪に移動して、難波のタワレコでRhythmic Toy Worldのインストアライブ。
2月にココロオークションとかNUMBER VOGELとかの対バンで見たこのバンド。
アルバム「XNADIZM」発売記念でした。
セトリ。

描いた日々に
五月雨と共に
十六夜クレーター
フレフレ

アコースティック編成でのライブ。
ライブハウスでグイグイ系のパフォーマンスするバンドっていうイメージがありましたが、アコースティックでもまたいい感じ。
ストレートに響くボーカルが際立ちます。
力強さの中にも繊細な世界観。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

D.W.ニコルズ ワンマンツアー2014「スマイル大作戦!」

なんで大阪まで来たかというと、ニコルズのワンマンライブがあったからなんです。
一昨日にも名古屋公演があったのですが、会社の予定で行けず。
チケット買ってあったのに…。
というわけで、急遽大阪公演を見に行くことにしました。
会場は、心斎橋ジャニス。
僕の大好きなライブハウスです。
開演前のアナウンスをだいちゃんがやっていて、期待が高まる中、ブザーの音で開演。
セトリ。

スマイル
フランスパンのうた
GBT
ボクは三日月
haleiwa
初恋に咲く花
ありがとう
太陽
世界中の花をあつめて
太陽のこども
B.D.K.
マイライフストーリー
手のひらにホクロ
ABA宇宙
あまのじゃく
グッデイ
夢のような毎日

en)
うえい
春風
スマイル

ニューアルバム「スマイル」の曲を全部やってくれた感じです。
「スマイル」に続いて、アルバムの中では実は一番の人気曲なんじゃないかとも言われている「フランスパンのうた」。
ニコルズのコミカルな部分をギュッと詰め込んだような曲。
ツイッターで、この曲があたりまえ体操みたいだって言われたみたいですが、確かに。
あたりまえ〜
が、
バランス〜
になった感じですからね。
ライブでは、カフェオレさんに続いてカズーで参加できる曲。
キングカズー持って行っていたのに、この曲で吹くとは思っていなくて、練習してなくて吹けなかったです。
そして「GBT」。
これも手を挙げる振り付けが参加型で楽しい曲。
振り付けって言っても、「マウンテンハンドライン」と一緒なんですが。
「スマイル」は、とにかく楽しんでもらいたいアルバムだとのことですが、「ボクは三日月」みたいにしっとりクールなナンバーも良いですね。
「初恋に咲く花」の後、だいちゃん以外のメンバー3人が一旦退場して、だいちゃんソロ弾き語りのコーナーも。
ニコルズ始める前はもともとソロシンガーとして活動していたわたなべだいすけ。
その頃はこんなにお客さんが集まってくれることなんて考えられなかったといいながら、「ありがとう」と当時からやっていたという「太陽」の2曲を披露。
ニコルズ加入当時にだいちゃんのソロライブを見たけんちゃんは、だいちゃんのことを、
ちょっとした天才
だと思ったそうですが、そんなソングライティングの才能を改めて感じながら聴き入ってしまいました。
またメンバーが戻ってきて、アコースティックセットで、「世界中の花をあつめて」。
今日は、この曲がすごく良いなと思いました。
結婚式のことを歌ったナンバーで情景が目に浮かぶようかぶようです。
自分の結婚式(をもしやるとしたら)、絶対使いたい曲。
あたたかい雰囲気の「太陽のこども」をワンマンで毎回聴けるのも嬉しいところ。
後半は、盛り上がる曲連発。
今回のツアーも事前のリクエストを受けて全会場違うセトリを用意してきてくれたそうです。
MCでなぜか、
今日は松浦亜弥の曲中心にやります、
とか言ってましたが、もちろん全曲ニコルズの人気曲ばかりでした。
「ABA宇宙」と「うえい」聴けたのは、けっこう嬉しかったです。
おなじみ「グッデイ」は、歌詞の「グッデイ」のところで手を挙げるのが新鮮でした。
「春風」のラララのところで手を振るのも良いですね。
「春風」はいつも通り大合唱でしたが、だいちゃんがメロディに合わせて、「ゲラゲラポー」って妖怪ウォッチの曲歌ってたのがツボでした。
アンコール最後には、
アンコールっていうのは、本編でやった曲をもう1回やることなんだよ、
って言って、もう一度「スマイル」。
アルバムと会場限定DVDの両方を買った特典がシャボン玉だったのですが、この曲のMVみたいに曲に合わせてシャボン玉吹く人もいてメルヘンチックな雰囲気。
「ハイリハイリホー」でフロアにいたお客さん全員が一体になった感覚がとても幸せで、やっぱりニコルズのライブ大好きだなと思いました。



MCでは、ちょうど昨日のミュージックステーションにりっちゃんが絢香のサポートドラムで出演していて、その話も。
桜井和寿やCOLDPLAYも遠目に見れたそうです。
いつかニコルズでもMステに出たいねっていう話もしてましたが、そんな日が来ると良いですよね。
聴いている人の心をあたたかくしてくれるニコルズの音楽。
ミュージシャンの間でも密かにニコルズファン多いなと感じることが多いです。
前に見に行ったニコルズのワンマンでもアシガルユースとかロマンチップスとかのメンバーも来てたし、今日も5月にライブ見に行ったPURPLE HUMPTYのメンバーも来てました。
しかも、その人たちがやっている音楽もまた良くて、ますます応援したくなってしまいます。
次にニコルズ見れるのは8月(もしかしたら7月)の予定!
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする