2014年05月31日

InterFM presents Shimokitazawa SOUND CRUISING 2014

今日は、Shimokitazawa SOUND CRUISINGっていうサーキットイベント見に行くために下北沢まで行ってきました。
イベント自体は深夜明け方まで開催されてましたが、夜9時頃まで見て新幹線の終電で帰るという東京遠征のいつものパターンで。
出演者は、マイナーどころも多かったのですが、DJやクラブ系の人たちからインディーズバンドやアイドルまで、けっこういろんなジャンル。
メジャーな人たちも出ていて、まさかの小林幸子もラインアップに入っているというカオスな雰囲気。
でも、素晴らしい音楽たくさん聴けそうだったので、楽しみにしてきました。

ふぇのたす

昨年インストアライブで見て以来のこのグループからスタート。
セトリ。

たす+たす
たびたびアバンチュール
東京おしゃれタウン
ヘッドホンガール
スピーカーボーイ
おもいで酒(小林幸子カバー)
すしですし
ありがたす

打ち込み系ピコピコ電子サウンドは、ライブハウスで見ても迫力が伝わってきました。
メロディラインもどことなく日本的なところがあってクセになるんです。
一緒に振り付けを踊りながら楽しめる曲も満載。
MCでは、
小林幸子さんの裏なのにふぇのたす見に来てくれてありがとう、
って。
ボーカルみこさん自身も小林幸子が気になっていて見に行きたかったそうで、なんと特別に小林幸子のおもいで酒をカバー。
しかも、ちゃんとエレクトロポップなふぇのたすサウンドに仕上げてきてました。
かなりレアなもの見れたと思います。
なんか自由自在に好きなように楽しんで曲作っている感じが良いですね。



lyrical school

このイベントにはアイドルグループもいくつか出演していました。
普段見ることもないので、ちょっとこの機会に体感してみようかなと思って、リリスクを見に行ってみました。
メンバー6人プラスDJという編成でのライブ。
楽曲は、ヒップホップ系のクラブミュージックに特化していて、それもあってかアイドルグループの中ではファンの年齢層が若めな印象。
アイドルというよりもヒップホップダンスグループ的なイメージが強くて、普段アイドルのライブ行かない人でも見やすいのかな、という感じです。
クールなパフォーマンスに、フロアも盛り上がっていました。
brand new dayっていう曲が良かったです。



カルメラ

今日はこのバンドが最高でした!
前からライブ見てみたかったのですが、今回ようやく初めて見ることができたカルメラ。
大阪発エンタメ系インストブラスロックバンド。
ギター、ベース、ドラム、キーボードに、トランペット、サックス、トロンボーンというブラスが加わった8人組。
曲ほとんど知らなかったのですが、ライブが本当に素晴らしくて感動しました。
音楽って楽しいなと体感できるライブ。
今回のイベント、このバンド見れただけでも十分モトをとれたと思います。
ボーカルなくても、トランペットやサックスなどのブラスが歌うように響きます。
間近で見ることができて、圧倒的な迫力に、心が直接震わされるような感覚。
こういう大編成タイプのライブ好きだなと改めて感じました。
フロアも踊りまくっていて、幸せな空間でした。
演奏の見せ方にもこだわりが感じられて、ダンスを取り入れていたり、関西人らしいユーモアのセンスがあったり。
漫才みたいなMCも楽しいポイント。
何よりも本人たちが本当に楽しみながら音楽やっていることが伝わってきたのが良かったです。
一流の大人のエンターテイメントショーを観れたような気分になりました。



Awesome City Club

良い評判をよく聞くので最近気になっていたバンド。
ハイトーンボーカルが心地良いイージーリスニング的なサウンド。
女性ボーカルとツインボーカルになるところとか、かっこよくてゾクゾクしちゃいました。
MCは主にベースの人が担当していて、この人がリーダーっぽいです。
あとで調べてわかったのですが、元THIS IS PANICの人だったんですね。
昨年結成された新人バンドにしてはクオリティ高すぎるなと思っていたのですが、メンバーそれぞれ別のバンドでもともと活動していたみたいです。
物販でCD買って帰ろうと思っていたら、このバンドまだCD出していないんですね。
SOUNDCLOUDでフル音源無料公開っていうのが、新世代バンドっぽいところ。
涙の上海ナイトっていう曲がクセになります。
「上海」っていうフレーズをチョイスするセンスも好き。



スーダラ少年

ボーカル&ギターとドラムとキーボードという3人編成のアコースティックセットでのライブ。
アーティスト名は「スーダラ少年」ですが、別にコミックソング系とかではなくて、ブラックミュージックをルーツにしたサウンド。
レプリカで撃てっていう曲を本当は聴きたかったのですが、時間の都合上2曲だけ聴いて次の会場へ移動。
大人のかっこよさに溢れた渋いライブ見せてくれました。



D.W.ニコルズ

実は今年初めてのニコルズ。
初見のアーティスト続いていた中でニコルズが登場すると、なんかホッとします。
セトリ。

おはようグッドモーニング
City boy! City girl!
スマイル
マウンテンハンドライン
I like you
夢のような毎日
グッデイ

だいちゃん今日はサスペンダーしてて、
サスペンダーのひもパチンってやったらみなさん盛り上がって下さい、
っていう相変わらずメチャクチャなノリ。
セトリは、最近の曲中心。
おはようグッドモーニング、City boy! City girl!、マウンテンハンドラインって、アルバム「SUNRISE」の中でも特にライブで聴きたいナンバーですね。
来週発売のアルバムからも、スマイルと夢のような毎日の2曲を披露。
スマイルがすごく良い曲で泣きそうになりました。
グッドラックの神様はスマイルを見つけて宿る
って、あたたかくてやさしい詞。
メンバーみんながとびっきりのスマイルで演奏しているのも楽しいです。
ライブでは、
ハイリハイリホー!
って一緒に楽しめます。



THE BOHEMIANS

最後は、このバンド見て帰ることにしました。
初めてライブ見たのですが、圧倒的に女子ファン多くてビックリしました。
色気を感じさせるセクシーなボーカル。
悲鳴にも似た歓声がハンパなかったです。
でも、音楽的には、UKロックをルーツとしたような正統派ロックンロールミュージック。
体を動かしながら聴くロックンロールの楽しさを凝縮したようなライブ。
ちょっと懐かしい感じが心地良かったです。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

グッバイフジヤマ/Shiggy Jr./THE BOY MEETS GIRLS/deronderonderon/undersign WhiteRadio vol.4

今日は、1周年記念のしろーさんのイベント、WhiteRadio。
普段DJイベント行くことなんてないですが、このWhiteRadioだけはゲストバンドのメンツが毎回素晴らしいので、4回中3回も行ってます。
途中から行ったので最初のundersignは見れず。

THE BOY MEETS GIRLS

今回初めて見た名古屋バンド。
公式ツイッターよりセトリ。

ミラーボール
やさしい金髪
SPA NOVA
LIVE SIMPLY
Night Rider

でも、予想外の収穫だったかも。
キャッチーなメロディラインは涙腺刺激してきます。
このテのロックバンドって、歌詞がはっきり聞き取れるのも一つのポイントだと思うのですが、そのあたりもクリアするストレートなボーカル。
疾走感あふれるミラーボールも良いけど、やさしい金髪の昭和歌謡感にもハマりそうです。



deronderonderon

横浜の男女混合5人組バンド。
ミラーボールみたいにピカピカの衣装で登場。
男性ボーカル。
自称、小悪魔系ダンスロックバンド。
公式ツイッターよりセトリ。

bassssshoy
NO SHIKO
not destroyer but breaker
color,dance,animal,love
wall off
niburu
D.E.R.O.N.

deronderonderon(デロンデロンデロン)っていうバンド名からして素晴らしいですよね。
ウネるようなメロディラインは、まさにデロンデロンデロンに酔ってしまうほどクセになります。
ダンスロックチューンの連続に、最高に盛り上がるフロア。
でもミディアムチューンもなかなか良いなという印象。
デロンすごーい!
デロンやばーい!
っていうコール&レスポンスがツボでした。



Shiggy Jr.

実は、今日一番楽しみにしていたのは、グッバイフジヤマよりもこのバンド。
東京で活動中の女性ボーカルバンド。
名古屋でバンドセットでライブするのは今日が初めてだったんだそうです。
何と言っても、Saturday night to Sunday morning。
このバンド知ったきっかけの曲ですが、これ素晴らしすぎるんです。
ポップすぎるほどポップ。
ほどよく力が抜けている普段着感のパーティーソング。



ライブで聴いても、いけださんのキュートなボーカルが最高にオシャレでポップでした。
「Sunday morning!」のコール&レスポンスもバッチリ。
7月に2枚目のアルバムが発売になるそうで、それも楽しみですね。
最近いろんなところで話題になっているバンドなので、これからさらにブレイクしそう。

グッバイフジヤマ

サポートメンバーにドラム高原さんとキーボード稲荷さんを加えた5人編成。
最近このメンバーでライブしているみたいですが、個人的には初めて見る編成でした。
セトリ。

戦争しましょう
レノンとマッカートニー
ひばりくんの憂鬱
いつも飛んでる♪
うみべの街のカーニバル
はっぴいえんど

en)
星めぐりの子どもたち

en2)
きるみべいび

リクエストにこたえて、なんとダブルアンコールまでたっぷりと。
いつも通り、できるーー!で始まった戦争しましょう、今日はやけにBPM高かったです。
最近のライブではいつもこんな高速になっているんでしょうか。
ひばりくんの憂鬱、聴くの二度目でしたが、ライブで一体になって楽しめる曲。
前半は、アッパーチューン連発でしたが、後半は聴かせる系でかためてきました。
うみべの街のカーニバルとかかなりレアな選曲。
鍵盤が入っててほしい曲なので、サポートキーボードが入った今だからこそ映える曲。
はっぴいえんども久々に聴いて、このバンドのポップスセンスの良さを改めて感じました。
でもやっぱり一番好きな曲は、星めぐりのこどもたち。
このバンド知ったきっかけがこの曲だったし、この曲1曲だけでこのバンドが大好きになりました。
今日もイントロから涙腺直撃するメロディラインにやられました。



キーボード稲荷さんのキャラけっこう濃そうだけどこのバンドに合ってる感じ。
高原さんのドラムもストレートに気持ち良く響いてきて、これからの新生グッバイフジヤマが楽しみになってきました。

このイベント、DJしろーさんの選曲もすごく良かったです。
ちょうど聴きたい流れを再現してくれるDJ。
グッバイフジヤマの前にandymoriとかゴイステとか。
特に、Shiggy Jr.スタンバイ中に、
「愛はおしゃれじゃない」(岡村靖幸 w 小出祐介)
からの
「ディスコの神様 feat. 藤井隆」(tofubeats)(※Shiggy Jr.ボーカルいけださんがコーラスで参加)
っていうDJの選曲には感動さえしました。
どうやら、次回(?)のWhiteRadioも素晴らしいバンドが集まりそうな予感(!)がするので、このイベントまた行ってしまうかもしれません。
posted by なっくる at 18:06| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

ココロオークション/感覚ピエロ/GOODWARP/BURNOUT SYNDROMES 「七色のダイス」レコ発東京編〜ダイズじゃないよダイスだよ〜

今日は、東京まで来たついでに、面白そうなライブに行ってみました。
ココロオークションのレコ発ツアー東京編ですが、ゲストバンドも大好きなバンドばかり。
初めて行った新宿のライブハウスで、小さめのハコでしたが、最初から最後までお客さんでパンパンになってました。

GOODWARP

実は、今日唯一の東京バンド。
あと3組とも大阪バンドなんですよね。
セトリ。

ESPER
(新曲?)
直線距離
lucky
真夜中のダンス〜恋する爪先〜
大人になれば

このバンドを東京で見るのは初めてでしたが、やっぱりホームなだけあって、お客さんの盛り上がりも熱気がスゴかったです。
体が勝手に動き出す、軽快なシティーポップロックサウンド。
音源聴いている限りではわりと爽やかでクールな印象が強いですが、ライブでは意外と男臭くアツいパフォーマンス見せてくれるのも魅力の一つ。
いつもなんでだろうと思ってしまうぐらい、このバンドの音楽は、僕の涙腺を直球で刺激してくるんですよね。
理由はなくても、聴いているだけで泣きそうになってしまうというか。
歌詞で感動するとかそういうことではなくて、感覚に直接訴えてくる感じ。
やっぱりこのバンド好きなんだなあと、改めて感じることができました。



感覚ピエロ

昨年の見な放題でちょこっと見て以来のこのバンド。
通称、感エロ。
ツイッターでいただいたセトリ。

Japanese-pop-music
ウラムの螺旋
暴動
O・P・P・A・I
JIJI
メリーさん

結成したのが2013年7月なので、なんとまだ結成してから1年経ってないんですね。
ここまで若いバンドとは思えないほど、卓越したライブパフォーマンス。
ノリのいい四つ打ちロックサウンドに、踊りまくるファンの人たちも多かったです。
音源ももう3枚目のデモCD出してるし、YouTubeに公開されているMV2作も高い完成度。
そして、このバンドの魅力は何と言っても、独自の世界観をしっかり持っているところ。
最初、このバンド知ったきっかけは、メリーさん。
この曲のインパクトにやられて、まさにピエロのように個性的なバンドが出てきたなと思ったのですが、このバンドのスゴさがわかったのが、何と言っても、O・P・P・A・I。
タイトル通り、オッパイを連発するオッパイ(!)の歌。
どストレートな下ネタソングです。
でも、思いっきりキャッチーで、いやらしさをまったく感じさせないほど最高にクール。
中毒性もあり、こんな曲を作ってしまうセンスが素晴らしいなと思います。
ライブでは、コール&レスポンスもあり、最高に盛り上がれる曲。
あまりにもかっこ良かったので、不覚にもこの曲で泣きそうになってしまいました。



これからが本当に楽しみなバンド。
今日、今まで発売されたデモCD全部買って帰るつもりでしたが、1st(メリーさんなど収録)と2nd(O・P・P・A・Iなど収録)は早くも完売してしまったとのことで、3rdしか買えませんでした。
今までの楽曲含めたCDのリリースが待ち遠しいです。

BURNOUT SYNDROMES

大阪のスリーピースバンド、バーンアウト・シンドロームズ。
今日唯一の初見バンド。
楽曲はちょこっと聴いたことぐらいはあったのですが、バンド名から受けるイメージで、パンクロック系でライブキッズが踊りまくる激しい感じのライブやる人たち、という先入観を勝手に持っていたのですが、そんなことなかったです。
そういうテイストの曲もないわけじゃないですが、聴かせるタイプの曲が多いという印象。
メロディラインだけを切り取れば、かなりポップで、むしろフォークとかの要素も入っているんじゃないかと思ってしまうくらい、親近感があって心地良い感じ。



6月にタワレコ限定100円(!)シングルとしてリリースされるという、LOSTTIMEも良い曲でした。
サッカーをテーマにしたタイムリーな楽曲。
そして、7月には初の全国流通版もリリースされるということで、今後の活躍が楽しみですね。

ココロオークション

早くも今年3度目のこのバンド。
公式ツイッターよりセトリ。

君の魔法
夢の在り処
バタフライ
蝉時雨
Answer
ワールド
ナゾノクサ

en)
シャバ・アーサナ

アルバム「七色のダイス」の楽曲を全曲披露だったんですね。
新幹線の終電の時間があったので、見れたのはAnswerまで。
このバンド、大阪以外でも本当に人気拡大しているんだなということを実感しました。
音楽好きのツボを押さえた楽曲たち。
BURNOUT SYNDROMES(だったかな?)もMCで言ったましたが、ココロオークションの楽曲は、独りよがりではなく聴く人のことを考えた音楽ですね。
この前も書きましたが、蝉時雨はまさにココロに響く楽曲。



GOODWARPのMCで気付いたのですが、今日の4組すべてサカスプに出演するんですよね。
見放題実行委員長も来てたし(ココロオークションのマネージャーなので)、見放題に4組とも出るのは気付いていたのですが。
というわけで、時間の都合が合えば、来月はサカスプで、再来月は見放題でこの4組を見たいと思います。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

栄ミナミ音楽祭'14

栄の街がライブステージに変わり、あらゆるところで音楽が鳴り響くこのイベント。
無名のインディーズミュージシャンから超大御所まで、今年は約360組を超えるアーティストが出演していたそうです。
フリーイベントとは思えないほどのラインアップ。
昨年に引き続き、今年は2日間ともちょこちょこっと気になるアーティスト見に行ってきました。
まず、1日目途中から。

タオルズ

会場着いたら始まったのが、タオルズのライブ。
2人組男性デュオ。
タオルズって名前どこで聞いたんだっけ、って思ったら、爆笑オンエアバトルのエンディング歌ってた人たちなんですね。
ライブのキャリアを積んでいるだけあって、初見のお客さんも一気にホームの空気に変えてしまうパフォーマンスはさすが。

大瀬戸千嶋

広島を中心に活動している、インストゥルメンタルユニット、大瀬戸千嶋(おおせどちしま)。
サックスの大瀬戸嵩とエレクトーンの千嶋里志による二人組。
前からYouTubeで見て気になっていたのですが、ライブで見たらやっぱり最高にかっこよかったです。
普段ライブであまり見ないタイプのアーティストなだけに、新鮮な心地良さを感じました。
サックスの音色が野外で空に届くように響いていて爽快。
キーボードとは違ったエレクトーンの魅力にもハマりそうです。
野外ライブも気持ちよかったですが、ライブハウスでバンド編成バージョンとかで聴いたら、それも絶対良いですね。



あきいちこ

名古屋で活動する女性シンガー。
バンド編成でのライブ。
キーボード弾きながら、元気いっぱいなパワフルなボーカルを響かせていました。
ライブで一緒に楽しみながら盛り上がる曲が多そう。
彼女自身の明るさが楽曲にもにじみ出ている感じがしました。



斉藤利菜

この人も、名古屋で活動する女性シンガー。
夏が良く似合う青い爽やかな衣装で登場。
楽曲が良いので、前からライブで見てみたかったんです。
持ち時間短めで、3曲のみだったのですが、まさに聴きたかった曲は聴けました。
波乗りLIFEは、ちょっと大人な夏の海っていうイメージ。
アップテンポの明るい曲なんですが、シックにまとめてるっていう感じなんですよね。
一緒にコーラスしたり、手を振ったり、ライブで楽しめる曲。



1stアルバムのリードトラックになっているのが、ひまわりの通り道。
心地良いメロディライン。
彼女の楽曲は、夏の美しさを思い起こさせてくれます。



大知正紘

男性ソロシンガー。
名前はよく見るので、前からちょっと気になっていた存在でした。
ライブをすること自体久々だったらしいです。
きれいなバラードナンバーが魅力。



2日目も途中から。

Qaijff

行ったらちょうどクアイフやってたので、ちょっと見てきました。
最近、全国流通盤も発売して人気が全国的に急上昇中の印象がありますが、やっぱり地元名古屋での人気もすごいです。
かなりの多くの人が集まっていました。
ボーカル森彩乃さんの澄み渡る歌声とピアノロックサウンドは野外で聴くのもピッタリ。



kogakusyu翔

大阪のバンド。
和太鼓や篠笛といった邦楽器にキーボードとベースとカホンを加えたような変わった編成で、和の空気を取り入れたサウンドが特徴的。
前からミナホとかで見たいと思いつつも見れていなかったので、今日ようやく見ることができました。
篠笛の響きが爽快。
青空に響き渡っていました。
普段あまり聴かないタイプの音だけに新鮮でしたが、こういうのもいいなって思いました。
完全にインストゥルメンタルのバンドかと思いきや、歌の入った曲もありました。
今回は小編成バージョンでしたが、普段のライブハウスでは和太鼓がステージ上にズラッと並んだアツいライブを届けてくれるらしいので、それもちょっと見てみたいですね。



HOTNOTE

男女ギターボーカルデュオ。
二人は夫婦なんだそうです。
今回初めて見る、かと思いきや、過去の日記読み返したら昨年の栄ミナミ音楽祭で見てました。
二人の息の合ったアコースティックサウンドが心地良かったです。
今日のために、「ひまわりとタイムカプセル」っていう新曲も作ってきてくれて、初披露。
初夏にピッタリの甘酸っぱい恋の歌でした。
代表曲、たんぽぽ。
出会いと別れがテーマ。
このアーティストの楽曲は歌詞が良いですね。



ノックチャック

昨年の12月にも見たこのユニット。
DJの人も正式にメンバーになって、3人組ユニットになっていたみたいです。
曲にいろいろ振り付けがあって、やっぱりライブで見て一緒に楽しみたいですね。
街の中で踊るのはちょっと恥ずかしかったですが。
楽曲自体も王道J-POPって感じで、自然に耳に入ってきます。



kainatsu

最後は、kainatsuを見ることにしました。
しっとりとキーボードソロ弾き語りで。
もともとストリートライブを中心に活動していたということで、原点に戻ったようなステージだったとのこと。
夏に公開される「物置のピアノ」という映画の主題歌もいち早く披露してくれました。
透き通った歌声が魅力的ですね。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

phonon/PURPLE HUMPTY/Bob is Sick/simple story 『ゼロと白』

今日は、思いっきりポップでクールな感じのバンドが見たい気分だったので、名古屋に来ていたPURPLE HUMPTYを見に行ってきました。

PURPLE HUMPTY

いきなりトップバッターから、お目当てのこのバンドでした。
公式ツイッターよりセトリ。

シンガー
輝き果てるまで
デイドリーム
Walkin'
CITY
未熟者のブルース
パーティーは終わらない

3月のなんばHatchで見て以来。
今日はちょっと持ち時間長めだったのでたっぷり聴けました。
このバンドのサウンドの心地良さは最高ですね。
PURPLE HUMPTYのCDはライブ会場限定で販売しているのですが、この前CD買いたいと思いつつも買い逃してしまったので、まとめて3枚一気に購入してしまいました。
ライブではあまりやってないのかもしれないですが、本当は「あの子とドライブ」聴きたいんですよね。
まさに、天気が良い日のドライブに最適な曲。



Bob is Sick

実は、PURPLE HUMPTYが終わったらもう帰ってもいいかなぐらいのノリでいたので、あとのバンドはそんなに期待してなかったのです。
ですが、次に出てきたBob is Sickが思ってた以上にすごく良くて、それが今日の収穫。
このバンド見たの2回目だったのですが、前回見たときの印象が残ってなくて、そんなに好きなタイプじゃなかったのかなと思っていたんですが、そんなことなかったです。
抑えるところはささやくように、でも激しいところは圧倒的な熱量をもってパフォーマンス。
そんな静と動の対比みたいなのがはっきりしてるなという印象を受けました。
多分、曲の構成のセンスが良いんだと思います。
あと、曲もメロディアスだし、ボーカルもはっきり響く感じが良いですね。



simple story

今回、完全にはじめまして状態のバンド。
全然知らなかったのですが、そこそこキャリアありそうなバンドでした。
キレのあるロックサウンド。
曲名わからないですが、最後にやってた曲が良かったです。
MCではドラムの人のキャラが濃かったです。
このテのギターロックバンドは、2回目見たときに思いっきりハマるというパターンが最近多いので、機会があれば次回のライブを楽しみにしていたいと思います。

phonon

トリは、今回レコ発のこのバンド。
この前のインストアイベント以来。
アンコール含めて1時間半近くのロングステージでした。
なぜか、全バンドから「phononちゃん」とちゃん付けで呼ばれていたのですが、人柄の良さと音楽に対して真面目に取り組んでいる姿勢みたいなのが垣間見れた気がします。
アンコールの時には、MCで喋るのが苦手なのでということで、プロジェクターを使って告知というちょっと珍しい試み。
そこで発表されたのが、初全国流通アルバムの発売。
良い楽曲多いので、これきっかけで人気が全国的に拡大していくかもしれないですね。
公式ツイッターよりセトリ。

メランコリア
濡れ鼠
高架下の秘密基地
唄うたいの二コラ
ぼくはしってたよ
夏の送電塔
トワイライト
かげろう花火
signet

en)
Lir
極楽鳥花

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする