2013年03月31日

sacra/アンダーグラフ sacra前線ツアー2013

今日はアンダーグラフ見に行ってきました。
sacraのツアーの対バンとして登場。
いつものアンダーグラフのライブに比べてお客さん女子率高い!
しかも、親子連れ多くて、何でだろうと思ってたら小学生以下無料だったんですね。

アンダーグラフ

先に登場したのはアンダーグラフ。
セトリ。

スカイホール
やっぱり地球は青かった
ツバサ
空へ届け
Sekai-no-Kibou
パラダイム
ビューティフルニッポン

スカイホールで爽快なオープニング。
もう完全にライブの定番曲ですね。
同じく定番のやっぱり地球は青かったに続いてツバサ。
この曲になるとsacraファンで来た人もよく知っているようで、イントロから歓声が上がってフロアが一体化していました。
次にミャンマーに行ったことがきっかけで作られた新曲、空へ届け。
ライブで初めて聴きましたが、彼ららしい生きることのメッセージが込められた曲。



その後はロックなアンダーグラフを、ということで、Sekai-no-Kibou、パラダイムの連続という最高のセトリ。
最後の曲は、アーティストの意思が強く込められた曲かみんなで歌えるポップな曲か、どっちが聴きたいか多数決とって前者に決定。
ちょっと久々のビューティフルニッポンでした。
後者だと何の曲になっていたのか気になるところです。
幸福連鎖か人か心の瞳あたりか。
という感じで、短い時間ながらもアンダーグラフの魅力がしっかり詰まったライブでした。

sacra

このバンド、正直「イエスタデイ」ぐらいしか知らなかったのですが、思いっきり楽しいライブ見せてくれました。
やっぱり「イエスタデイ」のイメージが強かったので、きれいめのバラードっぽい曲が多いのかなと勝手に思っていたのですが、そういうわけでもなかったですね。
sacraって一度活動休止してて、活動再開後に出た曲多めのセトリだったっぽいです。
元気をもらえそうな応援歌や、お客さんも一体となって楽しめるような曲が多くて、良いライブでした。
こんな良い曲多いバンドだったんだという再発見。

アンコールでは、なんとsacraとアンダーグラフがコラボ!
sacraの「ネバエバ〜100万粒の涙〜」を聴かせてくれたのですが、この曲すごく良いです。
人生応援メッセージが心に響いてきて、ちょっと泣きそうになってしまいました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

カルマセーキ/クウチュウ戦/はいざらこうかん/イツキライカ/ツルギ 鍵は開けてある Release tour 京都編

今日は京都まで行ってライブ!
カルマセーキのレコ発で、対バンがあまりにも良かったので、3時間弱電車に乗って行ってきました。
VOXHALLって初めて行ったのですが、階段状になっているから見やすくて、雰囲気も良いライブハウスですね。

ツルギ

OAは男性シンガーソングライターのツルギさん。
クールでかっこいい歌声。
ループステーションの効果で、一人で演奏しているのに重なっていく音の広がり。
最初にやっていたPuppetって曲は@wayというユニット組んでいた頃の曲だったみたいですが、ソロで演奏してもすごくかっこよかったです。
Give me loveはコールレスポンスも楽しめる盛り上がる曲。



イツキライカ

最初名前出てなかったので、今日見れるとは思ってなかったです。
知ってる曲カントリーロードしかなかったですが。
アコースティックギター弾き語りで聴かせてくれました。
透き通って響く歌声が素敵。

はいざらこうかん

見な放題以来、約半年ぶりに見ましたが、やっぱりこのバンド好きだなぁと確信させてくれました。
はいざらこうかんの本物のライブは、音楽好きにはたまらないです。
極上のポップスサウンドに、心から音楽を楽しむ時間を過ごすことができました。
公式ツイッターよりセトリ。

My music
誰かがどこかで待ち合わせ
明日へ
アスファルト
日々

アスファルトって曲初めて聴いた気がしますが、ちょっとアダルトな雰囲気がかっこいい曲でした。
今までこのバンド見た中で、今回がいちばん良かったかも。

クウチュウ戦

下北沢にてでちょこっと見たのですが、しっかり見るのは初めて。
YouTubeとかで見る限り、どっちかというと苦手な感じのバンドなのかと勝手な先入観持っていましたが、全然そんなことなかったです。
最初の音が響いた瞬間に引き込まれてしまいました。
激しく魅せるパフォーマンスで、想像してたよりもはるかに素晴らしいライブでした。
音の静と動の対比がドラマチック。
曲の中身としては、昭和歌謡にも通じるような世界観が良いです。
なぜかでMCはカッパの話をしていましたが、あまりウケなかったので次回は雪女の話をするらしいです。

カルマセーキ

約1年半ぶりのカルマセーキ。
その間にできた新曲「サガポー・ティアモ・ラヴャ」があまりにも良かったのでライブで聴いてみたいとずっと思っていたのですが、いきなり1曲目からやってくれました。
ちょっと無国籍な感じのメロディが、歌謡曲的。
なんか心が安らぐ至極のポップソングです。



セトリは、アルバム「鍵は開けてある」収録曲を中心に。
他の曲も良い曲ばかり。
最後は「計画」で、アンコールに「Big River」でした。

今日のライブ、本当に全組好きなミュージシャンばかりで、奇跡的とさえ思えるほど最高のメンツでした。
そんな素晴らしいミュージシャンのライブを最高のライブハウスでたっぷり見ることができて、至福の時間。
京都まで行った甲斐ありました。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

東京カランコロン インストアライブ

今日は東京カランコロンのインストア。
リリースの度に名古屋でもフリーライブやってくれるのが嬉しいところです。
今回もいちろーとせんせい二人のアコースティックライブ。
最初のリハーサルからきっちり見ました。

リハーサルセトリ。

サヨナラ バイバイ マルチーズ
ラブ・ミー・テンダー
ウキウキエブリデイ

本編セトリ。

泣き虫ファイター
×ゲーム
ロンリーナイト・フォーリンラブ
ワンモアタイムをもう一度
サヨナラ バイバイ マルチーズ
いっせーの、せ!
ララララ

位置的にステージ真横で見てて、せんせいがバッチリ見える場所でした。
せんせいの使っているキーボードがプロが使うもの?って思ってしまうほどちっちゃくておもちゃみたいなものだったのですが、そこがむしろカランコロンっぽいなと思ったり。
今日は、フルアルバム「We are 東京カランコロン」収録曲を中心におなじみの曲を何曲か。
アルバムリードトラックの「いっせーの、せ!」はアコースティックバージョンにするのが難しかったんだとか。
このバンドらしい、思いっきり元気もらえるウキウキソングです。



今回のアルバムをタワレコで買うとカランコロン京都とのオリジナルコラボ手ぬぐいがもらえるのですが、このカランコロン京都がバンド名の由来だったんですね。
今日初めて知りました。

というわけで、この二人のアコースティック編成ライブを見るのは3回目だったのですが、アコースティックだからこそ楽曲のかわいらしさみたいなのが際立ってきますね。
でも、バンド編成のサウンドも絶対楽しいバンドなので、またライブハウスで見に行きたいところです。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

andymori ライブハウスツアー“FUN! FUN! FUN!”

今週もまた浜松まで行ってライブ。
約1年半ぶりのandymori。
前から行きたかったワンマンについに行くことができました。
不完全セトリ。
知らない曲もあったり覚えきれなかったりで間違ってるとこもあるかもしれませんが、だいたいこんな感じ。

クラブナイト
FOLLOW ME
ユートピア
革命
青い空
インナージャーニー
愛してやまない音楽を
ダンス
ネバーランド
サンシャイン
Peace
16
宇宙の果ては この目の前に
ベースマン

僕が白人だったら
ボディーランゲージ
クレイジークレイマー
MONEY MONEY MONEY
兄弟
投げKISSをあげるよ
ロックンロール
Sunrise & Sunset
everything is my guitar
すごい速さ
グロリアス軽トラ
life is party

en)
teen's
1984
ベンガルトラとウィスキー

オープニングSEの中、スモークがかかった会場に回るミラーボール。
夜のクラブのような雰囲気の中で登場したメンバー。
今回のツアーでは、andymoriの3人に加えくるりのファンファンがサポートで参加しています。
1曲目のクラブナイトは、ファンファンのトランペットソロでスタート。
音楽を体で楽しみながら、素敵な夜を過ごせそうな予感で始まりました。
そこから革命までキラーチューンをいきなりノンストップで。
一気にテンション急上昇。
聴かせる曲が続いた後、ファンファンがいったん退場。
愛してやまない音楽をは、3人のアカペラ&ハンドクラップで楽しませてくれました。
小山田さんアコースティックギター弾き語りで16を。
改めて聴いてみると良い曲ですね。
青い空を想像して、無力感とぼんやりとした希望みたいなものを感じながら聴いていました。
ベースマンからは、アップテンポナンバーをノンストップで。
andymoriの曲って短い曲が多いので、次から次へと息つく間もなくキラーチューンが連発されて、すごく得した気分です。
最高にかっこいいステージでしたが、光を歌ってるとき小山田さん歯に挟まってたサバかなんかを飲み込んでたらしいです。
投げKISSをあげるよからは再びキーボード&トランペットでファンファンが登場。
音に彩りが加わりますね。
そしてなんと、くるりのロックンロールをカバー。
andymoriの曲だったっけって思ってしまうくらい、自然に自分たちのものにしてました。
そして再びアップテンポナンバーのノンストップで盛り上がりが最高潮に。
すごい速さのサビのラララララララ〜ってとこ楽しいですね。
大好きなグロリアス軽トラも聴けました。
所沢の空の下は浜松の空の下に変えてくれて。
アンコールのteen'sって曲は10代の頃に作った曲なんだとか。
その後のMCでandymoriとファンファンは同い年という話で、続いてはタメの曲をということで1984。
僕がandymoriを知るきっかけになった曲で、andymoriの中で一番好きな曲で、今日一番聴きたかった曲!
しかもファンファンのトランペット入り。
イントロのギターからすごくかっこいいんですよね。
この曲聴いていると、子どもの頃に見ていた赤くて大きい夕日を思い出して、懐かしさと物悲しさの入り混じった何とも言えない感情になります。



そして、ベンガルトラとウィスキーで、最高に盛り上がりながら終了した今日のライブ。
MCも少な目でしたが、2時間弱でアンコール含めてなんと30曲!
新旧いろんな曲をたっぷり聴けました。
もちろんCITY LIGHTSとか他にも聴きたい曲いっぱいありましたが。
昨年の事件で活動休止になってしまうのではないかとちょっと心配になりましたが、こうして良い音楽届け続けてくれるのは嬉しい限り。
次のアルバム制作中とのことですが、本当にセンスの良い音楽ばかり作ってくれるので、新作聴けるのが待ち遠しいです。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする