2012年12月31日

2012年 ライブ

1.22 原田茶飯事/寺前未来/小玉哲也/あさじ 3. 2. 1! Cheers!!!
1.29 Galileo Galilei インストアライブ
2.3 空中ループ ライブ アクロス ザ ユニバース4
2.4 ロマンチップス/日比直博 インストアライブ
2.5 ワライナキ フリーライブ
2.11 小南泰葉/LOVERSSOUL/TRIPLANE Music Japan TV presents LIVE μ
2.22 THE BAWDIES/[Champagne]/ねごと Livejack vol.6
3.3 BONNIE PINK インストアライブ
3.3 スムルース インストアライブ
3.9 ANATAKIKOU/ゲントウキ/クリトリック・リス/寺前未来 ドミトリー大阪 vol.1
3.10 寺前未来 インストアライブ
3.18 plane/フジタユウスケ/蜜/ロマンチップス ドミトリー京都
3.25 QUATTRO インストアライブ
3.31 指田郁也 インストアライブ
4.15 アンダーグラフ live tour 2012 spring 〜旅路に花咲く春の空〜
4.29 FoZZtone インストアライブ
5.3 SOFFet インストアライブ
5.5 ビリケン フリーライブ
5.5 亮二 フリーライブ
5.5 原田茶飯事 みずからを祝うワンマンライブ
5.20 A(c)/ghostnote/nothingman/ロマンチップス ”皐月の大三角形”
6.2-3 SAKAE SP-RING
6.10 LOST IN TIME 10th anniversary TOUR 「10年後の地図に君の名を刻め」
6.17 MILKBAR インストアライブ
7.1 amazarashi LIVE TOUR 2012 「ごめんなさい ちゃんといえるかな」
7.7 見放題2012
7.8 TRICERATOPS 15TH ANNIVERSARY TOUR
7.16 TRICERATOPS/NONA REEVES 15TH ANNIVERSARY TOUR
7.22 UNIST インストアライブ
8.11 TREASURE05X 2012 〜glowing treasures 1st day〜
8.12 TREASURE05X 2012 〜glowing treasures 2nd day〜
8.18 地慕里ジャンクション/ビアンコネロ/雨先案内人/オズニッキ/Dolly Trip 『KINDERGARTEN OF POP』
8.19 東京カランコロン インストアライブ
8.19 pegmap/Half-Life/ARTOWN BAND/nano.RIPE/【j.u.k.e.b.o.x】 "see you,again" release tour
8.25 Re:mix 2012
8.26 GRIKO/みそっかす/Liaroid Cinema/オーバーテイク/センチメント/i GO & THE NOW POND DESTINATIONS 『エステバン』リリースツアー〜逆襲のGRIKO〜
9.1 TREASURE05X 2012 〜dancing colorz〜
9.2 D.W.ニコルズ presents サイトシーイングシリーズ Vol.5 「磯貝サイモンと浜松観光」
9.9 アシガルユース フリーライブ
10.6 Wienners/Dr.DOWNER/オワリカラ Wienners presents UTOPIA TOUR 2012
10.8 FoZZtone "INNER KINGDOM TOUR"
10.12-14 MINAMI WHEEL 2012
10.13 見な放題 2012
10.21 QUATTRO SOCIAL TOWER MARKET
10.21 THE NAMPA BOYS/バックドロップシンデレラ/みそっかす/acari/all that jaz: NAGOYA BOOTLEG VOL.4
11.10 空中ループ インストアライブ
11.10 アルカラ/The SALOVERS No Sense of the Season.
11.23 アンダーグラフ live tour 2012 autumn 〜虹かかる秋の夜長に〜
11.25 泉沙世子 フリーライブ
11.25 東京カランコロン インストアライブ
12.2 D.W.ニコルズ ワンマンツアー2012「I like you TOUR」
12.8 FRONTIER BACKYARD/avengers in sci-fi NEO CLASSICAL
12.15 wacci インストアライブ
12.23 THEラブ人間決起集会 「下北沢にて'12」
12.29 キドリキドリ/キュウソネコカミ/palitextdestroy/QUATTRO/Sawagi/She Her Her Hers 年末調整GIG 2012



複数回見に行ったアーティスト。

2回

acari
avengers in sci-fi
A(c)
ghostnote
小玉哲也
TRICERATOPS
はいざらこうかん
原田茶飯事
palitextdestroy
ひらくドア
フジタユウスケ
WHITE ASH
本棚のモヨコ
みそっかす

MILKBAR
Liaroid Cinema
0.8秒と衝撃

3回

Applicat Spectra

なんだかんだで3回も見てました。
「セントエルモ」は何回聴いても良いです。

アンダーグラフ

メンバーが3人になってしまいましたが、相変わらず良いライブ見せてくれます。

空中ループ

「その光 -for a long time-」は大作。
今年に入って新境地切り開いてきてますね。

寺前未来

愛知に来てからライブ見に行けなくなってしまったのが寂しいところ、

東京カランコロン

今年はメジャーデビューの年でしたね。
ミナホオールナイトイベントでのかっこよさは最高でした。

FoZZtone

前から知ってはいたけど、今年初めてライブを見て一気にハマりました。

ザ・ラヂオカセッツ

今年に入ってから存在を知りましたが、こんな良いバンドを知ることができたのは今年の収穫の一つ。
「東京」は名曲中の名曲。

LLama

ライブで初めて存在を知って、一気に好きになってしまったバンド。
音楽の楽しさを十分に堪能できます。

wacci

このバンドのポップ感は最強。


4回

オワリカラ

今年大好きになったバンドの一つ。
最初見たときは、ここまでハマるとは思いませんでした。

QUATTRO

安定した間違いないパフォーマンスに引き込まれました。

D.W.ニコルズ

やっぱりニコルズ好きすぎます。
今年前半は全然見に行けなくて、本当はもっとライブ見に行きたかったくらい。

ロマンチップス

若手バンドながら、最高のポップスセンス持ってます。
見放題でのBIG CATのステージは素晴らしかったです。


来年のライブ予定も少しずつ決まりつつある今日この頃。
また来年もライブレポ更新していきたいと思います。

それでは、よいお年を!
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | 音楽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

キドリキドリ/キュウソネコカミ/palitextdestroy/QUATTRO/Sawagi/She Her Her Hers 年末調整GIG 2012

今日は、今年ラストのライブ。
クラブクアトロの年末イベントに行ってきました。

palitextdestroy

トップバッターは、見放題以来2回目のパリテキ。
インストバンドながら、キレのあるロックサウンド。
この前見たときはかなり小さめのハコだったのですが、大きめのライブハウスでも決して見劣りしない、ダイナミックなライブパフォーマンスでした。
ギターを弾くかのような激しい演奏のしかたなのに、美しい旋律を奏でる鍵盤の音色がかなり好みです。

キドリキドリ

最近ずっと気になっていたキドリキドリ。
バリバリのロックでした。
野外ライブで聴いたら気持ちよさそうな、突き抜けるような爽快感。
重低音のうねるようなラインは、中毒性あります。
最後にやった「Hug Me」って曲は、もともとボーカルマッシュさんが蒸発していなくなってしまった先輩を思って書いた曲なんだそうです。
その先輩との再会後はライブでやってなかったみたいですが、今年のクリスマスイブにマッシュさんの大切な人が亡くなったそうで、久しぶりの演奏となったようです。

She Her Her Hers

元オトナモードのとまそんが在籍するということで気になっていたバンド。
YouTubeでちょこっと見て良さそうだとは思ってましたが、やっぱりかなり好きな感じの音楽でした。
ぼんやりとどことなく幻想的なムードさえある演奏の中で、しっとり落ち着いたボーカルが合わさって、サウンドのバランスの良さを感じました。
他のメンバーもPLINGMINやチリヌルヲワカなどでキャリアがあるだけあって、昨年結成とは思えないほどベテランぽさがあるバンド。
MCでは、とまそんが自分のバンド名のherの数を間違えるというハプニングもあったり。
CD買っておけばよかった。



Sawagi

4人組インストバンド。
もうライブハウス全体がダンスフロアと化しました。
曲知らなくても踊れるサウンド。
本当に楽しめるライブやってくれます。
鍵盤の存在感もかなり良いです。

キュウソネコカミ

最近よく聞く名前。
ですが、休憩で外出てたので見てないのです。
でも、物販とかかなり盛況あって、人気急上昇中のように感じました。

QUATTRO

トリはQUATTRO。
今年4度目です。
フロア全体が踊ってました。
間違いないかっこよすぎるロックサウンド。
大好きな「Last Dance」もやってくれました。
アンコールは「HEY」。
アメリカンロックンロールなステージが楽しすぎるこの曲で、2012年のライブ納めとなりました。


posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

THEラブ人間決起集会 「下北沢にて'12」

THEラブ人間が主催する下北沢のライブサーキット型イベント、下北沢にて。
良い音楽つくってるインディーズミュージシャンがたくさん出るということで、愛知から見に行ってきました。
東京に25年近く住んでたのに、縁がなくてあまり行ったことのない街、シモキタ。
土地勘がなくて、けっこうウロウロしちゃいましたが、雑多な街並を散歩するだけでも十分楽しめました。
今日は、街中でもラブ人間の曲がかかっていて、雰囲気盛り上げていました。

ひらくドア

トップはひらくドア!と思っていたのですが、開演前からライブハウスは満員状態。
入り口近くのバーカウンターの辺りにいました。
モニターはありましたが、直接ステージが見れなかったので、1曲だけ聴いて諦めて出てきてしまいました。

荒川ケンタウロス

前からずっと見に行きたいと思いつつ見に行けなかったバンド。
オープニングSEはTRFのBOY MEETS GIRL。
このバンド、知ってる曲「天文学的少年」だけでしたが、本当に良い曲つくってます。
透明感のあるボーカルに、涙腺を刺激する泣きメロ。
ニューアルバムの曲もかなりいい感じっぽいです。
CD買いそびれてしまいましたが、またライブ見に行きたいバンド。



グッバイフジヤマ

元ルンペンフジヤマ。
「星めぐりのこどもたち」がかなり良い曲だったので、他の曲知らないけど見に行ってみたら、もう完全にビンゴ!なバンドでした。

セトリ(多分もう1曲あった)。

戦争しましょう
赤い自転車
いつも飛んでる
うみべの街のカーニバル
サマーニート
星めぐりのこどもたち

サウンドの心地良さが半端ないです。
「いつも飛んでる」前のMCでは、
大好きなandymori小山田壮平さんのことを歌いました
っていうブラックな時事ネタもあったり。
でも確かに、歌い方とかandymoriの影響受けてそうです。
CDも買って、早速ヘビロテで聴いてます。
「星めぐりのこどもたち」は深夜ドライブしながら聴いてみたい。



オワリカラ

この時間帯、いのちくと迷ったのですが、やっぱりまたこのバンド見たくなって見に行きました。
本当にかっこよすぎ。
不完全セトリ。

おいでシスター
シルバーの世界
Q & A
夜戦ちゃん
ガイガンガール・ガイガンボーイ

30分のライブながら、圧倒的なパフォーマンスでオワリカラの世界観にトリップできました。
「Q & A」はミディアムテンポのナンバーなのですが、心にバシッと響いてきて、こういった面もオワリカラの魅力の一つ。



本棚のモヨコ

見放題以来2回目。
ライブハウスは満員で、ここまで人気あったのかとちょっとビックリしてしました。
気だるいような歌い方が、どことなく昭和歌謡的。
最初、「夢子とアンダーグラウンド」を聴いたときはスーパーカー的だと思ったのですが、今日のライブではなんかサブカル的な要素の強いバンドという印象を受けました。
東京カランコロンをロック色強くしたような感じでしょうか。
札幌のバンドですが、シモキタの空気に似合ってました。

パンパンの塔

「まんまるお月様」をコンピで聴いて、思いっきりハマってしまったので、今回初めて見に行ってみました。
ゆらゆらとしたメロディーラインが最高に心地良いです。
言葉の使い方も特徴的。
早口で淡々と訴えかけるかのようなボーカル。
詩的でアーティスティックなテイストの強いライブでした。





3月以来2回目の蜜。
メジャーデビューしてから見るのは初めて。
セトリ。

パープルスカイ
アセロラ
シャ・ラ・ラ
踊りだせないLady
行かなきゃ
第一レースの終わるころには

木村ウニのまさに蜜のようなねっとりしたボーカルと橋詰遼の伸びやかなボーカルのハーモニー。
歌謡曲的な歌モノチューンは、日本人の心を揺さぶります。
クリスマスソングをということで、サザンオールスターズ「シャ・ラ・ラ」のカバーも。
前半はしっとり聴かせるステージが続きましたが、後半ではアップテンポのナンバーが続き、木村ウニのテンションもマックスに。
メジャーデビュー後も彼女の変な踊りと謎のコール&レスポンスと強烈なキャラは健在でした。
曲も良い曲ばかりですが、この2人のキャラが炸裂するMCも蜜のライブの見所の一つですね。
「パープルスカイ」はメジャー2ndシングル。
1stシングル「初恋かぷせる」に続きしっとりバラードで、シングル曲しか知らない人がライブ見に行ったらいろいろビックリすると思います。



THEラブ人間

トリは、このイベントの主催者、THEラブ人間。
実はライブで見るの初めてだったりします。
不完全セトリ。

砂男
悪党になれたなら
西武鉄道999
これはもう青春じゃないか
大人と子供(初夏のテーマ)
アンカーソング

en)
shimokitazawa-nite

en2)
東京

等身大の泥臭さみたいなものを感じる歌詞が良いです。
心に響いてくるメッセージに、思わずウルっときてしまいました。
バイオリンの音色が気持ちいいです。
まさに下北沢が似合うアーティスト。



今回のイベント、初めて見るアーティストが半分でしたが、本当に全組ハズレなし。
アーティストが主催するイベントだけあって、良い音楽やってる人達ばかりが集まってました。
本当に素晴らしいイベントで、是非来年も行きたいところです。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

wacci インストアライブ

8月のトレジャー、10月のミナホに続いて3回目のwacci見に行ってきました。
メジャーデビューミニアルバム「ウィークリー・ウィークデイ」発売記念のインストア。
リハーサルも直前まですっとやっていて、本編は30分でしたがたっぷり見れました。

褒められたくて
会いにいくよ
東京
Weakly Weekday
羽田空港

こんにちわっち!の挨拶でスタート。
来年の流行語狙っているらしいです。
インストアで聴いても、抜群のポップスセンス。
ポップスファンのツボを押さえてます。

リードトラック「Weakly Weekday」は、最高にハッピーな気持ちにさせてくれるナンバー。
サビ部分の振り付けは、ライブで一緒に踊ることができます。
二の腕のシェイプアップに効果があるんだとか。



それに、なんといっても彼らの人柄の良さ。
トレジャーの時にボーカル橋口さんとだけ話せて、すごく謙虚で良い人という印象が強かったんですが、他のメンバーも同じくらい良い人で、やっぱりそういうところが作風にも滲み出ているんだなと感じました。
本当に音楽を楽しんでやってるんだなということが伝わってくる好印象なバンドです。
今回は愛知9回目のライブということで、10回目も見に行けたら行きたいところです。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

FRONTIER BACKYARD/avengers in sci-fi NEO CLASSICAL

今日はFRONTIER BACKYARDとavengers in sci-fiのツーマン。
若い人中心に相当お客さん入ってました。

avengers in sci-fi

サカスプで見て以来2回目のアベンズ。
今回は50分弱、たっぷり見ることができました。
多様なエフェクトで、3ピースとは思えないほどの音の深み。
もちろん音源をヘッドホンで聴いても良いのですが、やっぱりライブで音を体感した方が最高に楽しめます。
あとこのバンドの魅力は、宇宙的な神秘的なサウンド。
一見日本語に聞こえない歌詞もクセになって、中毒性高いです。
セトリは、「Before The Stardust Fades」「Starmine Sister」「Sonic Fireworks」「Yang 2」など。
知ってる曲も多くて、最高に楽しむことができました。



FRONTIER BACKYARD

今回はアベンズ目当てだったので、FRONTIER BACKYARDは、超ベテランなのに名前は聞いたことあるけど正直曲は知らないなあという感じでした。
今日のために予習!と思って、YouTubeで「Putting on BGMs」聴いてみたら、かっこよすぎてビックリしました。
今まで聴いてなかったのがもったいないくらい。
今日も聴けて最高でした。
PVもかわいいです。



セトリは、アルバム「sunset,sunrise」収録曲多め。
知らない曲多かったですが。
明日がドラム福田さんの40歳(!)の誕生日ということで、バースデーケーキの登場もあったり。
「I thank you in my mind」は、彼が子どもの誕生を思ってつくった曲ということで、自身で歌ってました。
このバンド、ノリがよくてカラッとしたロックサウンドが持ち味なのかなと思いました。

FRONTIER BACKYARDとavengers in sci-fiといえば、年末のカウントダウンも含めて大型フェスの常連ですが、そんな2組を小さめのライブハウスでたっぷり見ることができて、贅沢なライブでした。

posted by なっくる at 01:38| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする