2012年10月22日

THE NAMPA BOYS/バックドロップシンデレラ/みそっかす/acari/all that jaz: NAGOYA BOOTLEG VOL.4

今日はライブの前に名古屋テレビ塔のところでやってたイベントでQUATTROのフリーライブ見て来ました。
青空の下で響くアコースティックライブが心地良かったです。
このバンド、ライブハウスではなくても野外のアコースティックでも似合うサウンドだという新しい発見でした。

今日のライブは、先日のミナホで見に行けなかったacariとTHE NAMPA BOYSを見に行こうという、ミナホ延長戦的なノリです。

all that jaz:

4ピースバンド。
アー写とかからキレイ目の音楽やるのかと思ってたら、想像してたよりも男臭い感じのロックサウンドでした。
バンド名はオールザットジャズですが、ジャズの要素はなさそう。
「Innocence」が良かったです。

acari

美メロロックバンド。
サカスプのとき見て以来2回目でした。
ジャパニーズポップスの良いところを凝縮したようなサウンド。
前から欲しかったアルバム「陽がよく当たる」もついに手に入れたので、これから聴き込みたいです。
公式ツイッターよりセトリ。

さよならフラッシュバック
属性
マドレーヌ
ほおずき弾けたら
ドキュメンタリー
観覧車

THE NAMPA BOYS

今年メジャーデビューして大注目の若手バンド。
この人たちも、良い意味で想像してたのと違いました。
まだかなり若いのに、ナンパな感じはしない実力派。
「到来」でスタート。
ハジけられるこの曲、かなりお気に入り。
松本市出身の彼らが故郷を想ってつくったという「待つ元」も良かったです。
帰りにセットリストサンブラーCDもらいました。
こういうのかなり嬉しい。

到来
螺旋インセクト
プランジ
フォワード
待つ元

バックドロップシンデレラ

今回レコ発。
完全に初めて見るバンド。
見た目はちょっとこわいですが、かなり楽しませてくれるライブは中毒性高いです。
スカのリズムでとにかく踊りまくれるサウンドでフロア大熱狂でした。

みそっかす

さすが地元バンドだけあって大人気。
アルバム「異次元からの来訪者」レコ発。
トリということで、最後に暴れまわってくれました。
クセがあるのになんか親しみやすいサウンドが素敵です。
アンコールでジャパニーズサマーファッキン。
ライブで楽しい定番曲。

posted by なっくる at 01:09| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

MINAMI WHEEL 2012 3日目

ミナホ3日目。

ライブ前に、ミナホ名物、BIG CATのカレー食べました。
カレーのルウは左側にありましたが。

QUNCHO with THE THIRD STONE BAND

15人編成のビッグバンド。
普段見ないようなジャンルですが、こういうライブを見れるのもサーキットイベントの醍醐味。
QUNCHOさんはかなりベテランのミュージシャンで、「関西ブルース界のシーラカンス」なんだそうです。
「love me tender」は、熟成された魅力がありました。

永野亮

ソロ活動中のAPOGEEのボーカル。
ソロアルバム「はじめよう」がかなり良かったので、聴きに行ってきました。
セトリ。

かえりみち
あらしのよる
夜間飛行
Thriller
Path
アヒル

ソロ曲以外も、APOGEEの曲もソロ弾き語りで披露。
耳なじみの良いポップソングが連発されました。
さらに、大のマイケル好きだということで、Thrillerをまさかのアコギ弾き語りで聴かせてくれました。
(タワレコ限定シングルで音源化されるみたいですね。)

石崎ひゅーい

名前がインパクトあるので(本名らしいです)ずっと気になっていた石崎ひゅーい。
メジャーデビューアルバム「第三惑星交響曲」聴いてみたら一気にハマってしまいました。
最初の曲わからなかったですがセトリ。

人間図鑑
第三惑星交響曲
3329人
花瓶の花

ステージを動き回るアクトと訴えかけるような歌声に圧倒されました。
なんといっても、「第三惑星交響曲」。
泣きました。



この曲、石崎ひゅーいさんが亡くなった自身の母親に向けて歌った曲なんですね。
悲しい曲ではなくて、宇宙が好きだった母親が喜びそうな曲、と考えて作られた歌だということです。
そんなことを考えながら聴くと、感動して涙腺緩んでしまいます。
他の曲も、彼らしいメッセージのつまった曲ばかり。
今後の作品もチェックしていきたい気になるアーティストです。

ワンダフルボーイズ

ちょっと久々に見るワンダフルボーイズ。
「平和トゥーザピーポー」とか「サラリーマンnew song」とか「firefly」とか、おなじみの曲ばかり。
安定したさすがのパフォーマンスでした。
ラストは、今や奇妙礼太郎バージョンの方が有名になりつつある、関西インディーズ界の名曲中の名曲、「君が誰かの彼女になりくさっても」。
マイク使わずに歌い上げ、会場も大合唱でした。
やっぱりこの人たちのライブ楽しいです。

KAMAMOTOMIKA

この時間帯、A(c)見ようかとも思っていたのですが、会場がかなり遠そうだったので、移動のこと考えて断念。
久々にKAMAMOTOMIKAを見に行ったのですが、大正解でした。
KAMAMOTOMIKAという名前の3ピースバンド。
彼らのファンだという飯室大吾のMCでステージが始まりました。
セトリ。

マジックミラー
諭吉
モンスター
夏の影
ゲームオーバー
マホウ

今回のミナホ一番の収穫だったかも。
前回見た時がおとなしめのしっとりステージだったので、こんなにハジけたパフォーマンス見せてくれるバンドだとは思ってなかったです。
イメージしてたより、はるかに楽しくて素晴らしすぎるライブでした。
ピアノ&ボーカルとウッドベースとドラムっていう編成もかなり好き。
盛り上がったのは「ゲームオーバー」。
手拍子のタイミングがポイントです。



一見楽しげでかわいい感じなのに、実は毒が効いている楽曲は中毒性高いです。

wacci

ほたる日和、カラーボトルあたりも見たかったですが、時間とか移動とかのことも考えて、8月以来のwacciへ。
「こんばんワッチ!」の挨拶でスタート。
ほのぼのとした良質ポップスの連続で、彼らの人間性の良さが全面的に表れているステージだなと思いました。
11月にメジャーデビューする彼らですが、そのメジャーデビューアルバムのタイトルトラック「Weakly Weekday」も一足先に聴かせてくれました。



はなまるマーケットのエンディングテーマになってるんですね。
日常の小さな幸せを感じさせてくれる、最高すぎるポップスソング。
「新世代の想食系ワンルームミュージック」っていうキャッチコピー、ピッタリです。
印象的なサビ部分のダンスもやってくれた楽しすぎるステージでした。

WHITE ASH

ラストは、BIG CATのコインロッカーに荷物預けてたこともあって、半自動的にWHITE ASHへ。
さすが、人気急上昇中のバンドだけあって、入場規制される中かなりの熱気に溢れたステージでした。
昨年のミナホではサンホールだったのに(でも確か昨年も規制かかってたと思う)、この1年で急成長したなという印象です。
ちゃんと見るのは初めてだったのですが、やっぱりこのバンドは、見た目とか謙虚なキャラクターと、最高にクールな楽曲とのギャップがかっこいいですね。

という感じで2012年のミナホ終了。
買ったCDはボヤケルズとLLamaとKAMAMOTOMIKA。
あとサンプルCDも大量にもらったので、これを聴いていくのもミナホ終了後の楽しみの一つだったりします。


MINAMI WHEEL 2012 3日目

◆ knave
14:15 pechica
15:15 世界征服した猫
16:15 ツルギ
17:15 森 恵
18:15 KETTLES
19:15 Honey L Days
20:15 LuckDuck
◆ club vijon
14:15 The Somedays
15:15 Glowlamp
16:15 nicoten
17:15 レムチャップ
18:15 Rihwa
19:15 シシド・カフカ
20:15 Hekate
◆ hills パン工場
14:15 コロボックルズ
15:15 Japidiot
16:15 ワカバ
17:15 かつ実
18:15 birds melt sky
19:15 aquarifa
20:15 Soupnote
◆ Live Studio ZERO
14:15 Hotal Light Hill's Band
15:15 winnie
16:15 Age Factory
17:15 半崎美子
18:15 The Tam Tams
19:15 saritote;
20:15 NOVELS

◆ SUN HALL
14:00 Venue
15:00 paisley monkey orchestra
16:00 the coils
17:00 もるつオーケストラ
18:00 KAMAMOTOMIKA       
19:00 カルメラ
20:00 志磨参兄弟
◆ FANJ twice
14:00 monoreo
15:00 gugaguga
16:00 Dancing Dolls
17:00 ZEPTONIA
18:00 EA
19:00 東京女子流
20:00 激団モンゴイカ
◆ DROP
14:00 The denkibran
15:00 today is the day
16:00 (M)otocompo
17:00 サイプレス上野とロベルト吉野
18:00 浜田マロン
19:00 Schroeder-Headz
20:00 plane
◆ AVENUE A
14:00 THE ANDS
15:00 メロディーキッチン
16:00 ill hiss clover
17:00 EG
18:00 ケラケラ
19:00 bomi
20:00 The ROOTLESS
◆ KINGCOBRA
14:00 WORLD
15:00 軍艦オクトパス
16:00 fifi
17:00 The Electros
18:00 The Rubies
19:00 秘密ロッカー
20:00 バイザラウンド
◆ AtlantiQs
14:00 Kent Kakitsubata  
15:00 GIMMICK_SCULT
16:00 hotspring
17:00 HEAD SPEAKER
18:00 BARBARS
19:00 アカシアオルケスタ
20:00 1000say
◆ CLAPPER
14:00 BLUE ENCOUNT
15:00 chay
16:00 LOCANDA
17:00 瓜破連歌ショーDX
18:00 イツエ
19:00 wacci
20:00 ファジーロジック
◆ BIG CAT
14:00 QUNCHO with THE THIRD STONE BAND
15:00 PES
16:00 蜜
17:00 MY FIRST STORY
18:00 lego big morl
19:00 another sunnyday
20:00 WHITE ASH
◆ Soap opera classics
14:00 木村愛佳
15:00 永野 亮
16:00 黒田玲兎
17:00 山崎 あおい
18:00 片平里菜
19:00 磯貝サイモン
20:00 おおたえみり
◆ Live House Pangea
14:00 Earls Court
15:00 Serena
16:00 泉 沙世子
17:00 近藤晃央
18:00 東海珍味
19:00 ピロカルピン
20:00 情熱マリーとしゃぼん玉ハイスクール
◆ CONPASS
14:15 GR
15:15 あぬえぬえ∞ぶれいん
16:15 PAGE
17:15 ワンダフルボーイズ
18:15 日の毬
19:15 Song Riders
20:15 Turntable Films
◆ OSAKA MUSE
14:15 kogakusyu翔
15:15 Scars Borough
16:15 Brand New Vibe
17:15 THE BOHEMIANS
18:15 KNOCK OUT MONKEY
19:15 ほたる日和
20:15 SHINGO★西成
◆ club★jungle
14:15 ワライナキ
15:15 mama's bedroom
16:15 吉澤嘉代子
17:15 TSUYO☆SING
18:15 Funk A Full Sessions
19:15 浜田 一平
20:15 MinxZone
◆ OSAKA RUIDO
14:15 SILLYTHING+ハジメタル(ex.ミドリ)+prkr(-PF AUDIO-)+ケンドー・ツ・シマ (dryas dust)+大内ライダー(太平洋不知火楽団)
15:15 ナンデードーシテー
16:15 でんぱ組.inc
17:15 2gMONKEYZ
18:15 BRIDGET
19:15 Brian the Sun
20:15 THE★米騒動
◆ THE LIVE HOUSE soma
14:15 Merpeoples
15:15 SWIM SWEET UNDER SHALLOW
16:15 MAMADRIVE
17:15 ナードマグネット
18:15 A(c)
19:15 STOROBOY
20:15 I-RabBits
◆ shinsaibashi FANJ
14:15 INUUNIQ
15:15 Smoolull
16:15 LINE wanna be Anchors
17:15 TinK'u
18:15 ガナリヤ、サイレントニクス
19:15 BUGY CRAXONE
20:15 ヤーチャイカ
◆ Music Club JANUS
14:15 KEEWO
15:15 渋沢葉
16:15 石崎ひゅーい
17:15 Aimer
18:15 joy
19:15 カラーボトル
20:15 Analogfish
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

見な放題2012

ミナホ2日目終了後に開催された、深夜の見放題イベント、見な放題!
絶対良いライブを見せてくれるに違いない、厳選されたアーティスト9組が出演。
ミナホ本編で見れなかったアーティストや見な放題にしか出演しないアーティストも見れるチャンスで、本編同様楽しみにしてたイベントです。

はいざらこうかん

ミナホ本編には出演せず、この見な放題のためだけに大阪に来てくれたみたいです。
見放題以来2回目のはいざらこうかん。
このバンドを知ることができたのは、今年の収穫の一つです。
深夜のライブハウスで聴くしっとり良質ポップスも良いものです。
すごく良い曲やってるのに、ベースれおさんがなんか変なキャラで、そこがまたおもしろかったりします。

公式ブログよりセトリ。

誰かがどこかで待ち合わせ
僕らはカゴの中で
君とアパート
夏の終わりに
明日へ

アップル斎藤と愉快なヘラクレスたち

とにかく若くて勢いのあるバンド。
深夜なのにハイテンションでステージ上飛び回ってて、見てる側もパワーもらえました。
楽曲も、最初はありがちな感じだなぐらいの印象だったのですが、何度も聴いているうちにクセになってきます。
このバンド、今後かなり活躍しそうな予感。



全身真っ赤な衣装のボーカルがアップル斎藤なのかと思ってたら、アップル斎藤はドラムたたいてた人だったらしい。

ザ・ラヂオカセッツ

ミナホ本編ではニコルズの裏だったため断念したラヂカセですが、見な放題の方で見ることができました。
なんと、ミナホ本編と見な放題では全曲カブリなしのセットリストを用意したんだとか。
おそらく本編では、東京とか古いギターとかロックンロールとか夜伽あたりのおなじみナンバーをやったんだと思います。
見な放題では、七色行き、ヒラヒラマタニティ、ハロあたりのマイナー曲と新曲を含んだかなりレアなセトリになってました。
深夜なのにけっこうお客さん多かったです(中にはミナホには行かずに見な放題だけ来たという人も)。

見な放題トリだったので、アンコールもやってくれました。
ところが、アンコールで登場したのは、ラヂカセの4人ではなくて、ジャケットを着た男の人。
なんと、井乃頭蓄音団の松尾よういちろうさんでした。
見放題イベントらしいサプライズ。
そういえば、会場入るときに入り口付近で松尾さん見かけたので(いつもあのジャケットなのですぐわかる)、見に来たのかなぐらいに思ってました。
松尾さんとラヂカセはどういう関係?と思いましたが、なんでも松尾さんの好きなミュージシャン1位がザ・ラヂオカセッツなんだそうです。
ちなみに2位がサイモン&ガーファンクルで3位がバッハらしい(バッハって)。
というわけで、アンコールでは松尾さんがラヂカセのロックンロールの一節を弾き語った後、自身の「白い白人達」を歌ってくれました。
いのちくは見たいと思いつつも昨年のミナホ以来見てなかったので、こんなところで松尾さんのライブ見れるとは思ってなかったです。
ラヂカセといのちくって、キャラ的には全然違いますが、ちょっと懐かしいテイストの楽曲という面では意外と共通点あるかもと思いながら見てました。

で、もちろんそのままではラヂカセの4人が「帰れなくなるじゃないか〜」ということで、改めてラヂカセの登場。
ミナホ本編でもやった曲ですが、見放題出演はこの曲がきっかけでした、ということで、アンコールは「東京」。
やっぱりこの曲は聴かないと。
ありがちな曲と言えばそうなのかもしれませんが、シンプルながらもここまで人の心を震わせる曲ってなかなかないと思います。
今年のインディーズロックシーンを代表する名曲と言って過言ではないと思います。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MINAMI WHEEL 2012 2日目

ミナホ2日目は途中から。

小林太郎

なかなかこの人のライブを見ることはなさそうなので、この機会に。
貫禄さえ感じさせるかっこいいステージは、22歳とは思えません。
曲わからなかったですが、新作に収録されている曲中心だったんでしょうか。

LLama

今年2月にライブを見て以来、すっかりハマってしまった変則的な編成のバンド。
ツインドラムにコントラバスにトランペットって、音楽好きのツボおさえてます。
サカスプ以来に見ましたが、相変わらず良い音楽で魅了してくれたライブでした。
ニューアルバムもやっと手に入れたので、これから聴きこみます。
会場がサンホールというのもなんか嬉しいところ。
(ミナホ中、とにかく良い音楽にめぐり会いたいのなら、サンホールに行くべきだと僕は思います)

小玉哲也

最初、久しぶりにココロオークションを見に行こうと思ったのですが、会場着いてみると規制直前の身動きできない満員状態。
昨年のミナホで見たときはかなりガラガラだったので(場所と時間も悪かったですが)、この1年でのこのバンドの成長ぶりを実感してしまいました。
ココロオークションはまたの機会に見ることにして、最近気になっている忘れらんねえよを見に行こうかと思ったら、完全に規制されていてライブハウスの前には行列。
そこで、もう1組の候補だった小玉哲也を見に行ったのですが、この選択大正解でした。
前見たときはソロ弾き語りだったのですが、今回はバンドセットだということで期待して行ったのですが、期待以上に良いライブでした。
特に良かったのが「テクテク」という曲。
この曲では小玉さんがフロアに降りてきて、お客さんに囲まれながら歌うというステージになりました。
コーラス部分を男性と女性に分けてお客さん全員で歌ったのですが、なんかその感じが音楽って本当に楽しいなと思えてきて感動してしまいました。
それ以外にも良い曲多いので、また見に行って次こそCD買おうかと思います。

KANA-BOON

今人気急上昇中の若手バンド。
最近名前聞くこと多いのでどんな感じかと思って行ってみたら、開始15分前ぐらいだったのにライブハウスの前かなりの行列。
無理かと思いつつ並んでみたら、なんとか入れて、おそらく普段はライブ見るエリアではなさそうな物販のあたりでどうにか見ることができました。
こんなに人気あったのかと驚きです。
「ないものねだり」は見放題コンピで聴いてましたが、この曲一発でハマりました。
気がつくと頭の中で流れています。



D.W.ニコルズ

2日目トリの時間帯は激戦区で、ロストとかラヂカセとか空中ループ(ミナホ史上初?の1曲しかやらないライブというのをやったらしいですね)とか見たいアーティストいっぱいいたのですが、やっぱりニコルズは外せません。

セトリ。

春風
あの街この街
カレーのルウ
I like you
MELODY
ブラウンシュガーマミー

en)
グッデイ

春風、あの街この街とおなじみの曲からスタート。
あの街この街は、聴けば聴くほど好きになってしまう1曲です。
歌詞も良いし、ライブで見るとかっこよさが際立ちます。
その後は今年リリースされた楽曲を。
カフェオレさんも聴きたかったですが。
(結局キングカズー買わなかった。)
アンコールはないのかなと思いましたが、しっかりやってくれました。
グッデイで大合唱。
30分ちょっとのライブでしたが、たっぷり楽しめました。
今回は何といっても、I like youとMELODYをライブで聴けたのが嬉しいです。
MELODYライブで聴くとかなり楽しいです。
I like youは、後半ハンドクラップが入るところがお気に入り。



だいちゃん伊勢丹の紙袋の人に似てるっていうネタありましたが、僕的にはアームストロングの人(栗山さん?)に似てると思います。


出演者タイムテーブル。

MINAMI WHEEL 2012 2日目

◆ knave
14:15 Ten Palette
15:15 池田たかゆき
16:15 グッバイフジヤマ
17:15 大村みさこ
18:15 音×AiR
19:15 伊藤サチコ
20:15 井上 侑
21:15 アキドリ
◆ club vijon
14:15 限りなく透明な果実
15:15 soratobiwo
16:15 ハグレヤギ
17:15 宇宙まお
18:15 きのこ帝国
19:15 忘れらんねえよ
20:15 Droog
21:15 GOOD BYE APRIL
◆ hills パン工場
14:15 みるきーうぇい
15:15 ビッケブランカ
16:15 HAZZE
17:15 Rails-Tereo
18:15 Allies
19:15 小玉哲也
20:15 Hump Back
21:15 ザ・ラヂオカセッツ
◆ Live Studio ZERO
14:15 スイチュウメガネ
15:15 orphe
16:15 笹木ヘンドリクス
17:15 バンドごっこ
18:15 THE UNIQUE STAR
19:15 宮崎 薫
20:15 KANA-BOON
21:15 D.W.ニコルズ
◆ SUN HALL
14:00 TARIKI ECHO
15:00 the ESKEAT.
16:00 ALL OFF
17:00 YOI YOI
18:00 LLama
19:00 それ以染に
20:00 オワリカラ
21:00 THE PINBALLS
◆ FANJ twice
14:00 Proxyon
15:00 黒木渚
16:00 ヨモギイチヨウ
17:00 Say Alive
18:00 ユナイテッドモンモンサン
19:00 Boogie theマッハモータース
20:00 Noz
21:00 fumika
◆ DROP
14:00 死ぬまで生きるもんズ
15:00 Rhycol.
16:00 my-Butterfly
17:00 タルトタタン
18:00 ゴマアブラ
19:00 Hello Sleepwalkers
20:00 Hemenway
21:00 小高芳太朗(LUNKHEAD)
◆ AVENUE A
14:00 the unknown forecast   
15:00 OUTER-TRIBE
16:00 Any
17:00 Civilian Skunk
18:00 GOOD ON THE REEL
19:00 uchuu,
20:00 Sentimental Toy Palette
21:00 多和田えみ
◆ KINGCOBRA
14:00 THE FULL TEENZ
15:00 河内REDS
16:00 ALTERNATIVE MEDICINE
17:00 Acrobat Of My Playground
18:00 ワニのいる生活
19:00 挫・人間
20:00 ROOKiEZ is PUNK'D
21:00 PAN
◆ AtlantiQs
14:00 Liaroid Cinema
15:00 ナチュラルキラーズ
16:00 chouchou merged syrups.
17:00 Dr.DOWNER
18:00 THE NAMPA BOYS
19:00 ココロオークション
20:00 Sissy
21:00 root13.
◆ CLAPPER
14:00 Nene
15:00 クロナガス
16:00 DAMBO
17:00 信政誠
18:00 今村モータース
19:00 The Alan Smithy Band
20:00 the storefront
21:00 acari
◆ BIG CAT
14:00 画家
15:00 小南泰葉
16:00 グッドモーニングアメリカ
17:00 小林太郎
18:00 中島卓偉
19:00 MINOR SCHOOL
20:00 石鹸屋
21:00 堂珍嘉邦
◆ Soap opera classics
14:00 トミタユイ
15:00 いけだ 一紗
16:00 Rei
17:00 住岡梨奈
18:00 伊禮恵
19:00 指田郁也
20:00 山根万理奈
21:00 星羅
◆ Live House Pangea
14:00 paionia
15:00 NONONO
16:00 佐伯ユウスケ
17:00 テツコ
18:00 ザ・マスミサイル
19:00 The Flickers
20:00 カヨコ
21:00 LOST IN TIME
◆ CONPASS
14:15 カナディルフィール
15:15 Zaien Lily
16:15 merodian
17:15 LEF-T
18:15 the京都
19:15 水の中で雨中
20:15 KEN THE 390
21:15 SUN OF A STARVE
◆ OSAKA MUSE
14:15 JOHANSSON.
15:15 Helloes
16:15 ARIA
17:15 Mop of Head
18:15 パスピエ
19:15 アシガルユース
20:15 SEBASTIAN X
21:15 空中ループ
◆ club★jungle
14:15 UNUBORE
15:15 カネコアヤノ
16:15 森 祐輝
17:15 ALL SWAMPS
18:15 磯部俊行
19:15 ハンサムケンヤ
20:15 岩崎 愛
21:15 井上ヤスオバーガー
◆ OSAKA RUIDO
14:15 石村有輝
15:15 333(bababa)
16:15 Lighter190E
17:15 brainchild's
18:15 indigo la End
19:15 UCARY & THE VALENTINE
20:15 ORESKABAND
21:15 nothingman
◆ THE LIVE HOUSE soma
14:15 Kevin
15:15 夜行性のドビュッシーズ
16:15 TLKY.
17:15 ヒツジツキ
18:15 CLUTCHO
19:15 Buena Vista
20:15 アップル斎藤と愉快なヘラクレスたち
21:15 BiS
◆ shinsaibashi FANJ
14:15 GRIKO
15:15 アンモフライト
16:15 rale one stance
17:15 スクイズメン
18:15 ギャーギャーズ
19:15 The Cheserasera
20:15 GalapagosS
21:15 トミタショウゴ
◆ Music Club JANUS
14:15 フジタユウスケ
15:15 ハイスイノナサ
16:15 The Oral Cigarettes
17:15 Neat's
18:15 齊藤ジョニー
19:15 SERIKA with DOG
20:15 the cabs
21:15 NIKIIE
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

MINAMI WHEEL 2012 1日目

今年もミナホの季節がやってきました!
大阪のライブサーキットイベント、MINAMI WHEEL 2012。
愛知から仕事終わりに新幹線乗って行ってきました。

1組目は見れなかったのですが、2組目から。

ボヤケルズ

FLiP見ようかとも考えていたのですが、缶バッジもらえるらしいという噂を聞いて、完全にノーマークのボヤケルズから見に行ってきました。
ですが、このバンド選んで正解!
曲も全然知らなかったけど、かなり良かったです。
鹿児島から来た3ピース+サポートドラム。
どことなく懐かしいサウンドがツボでした。
こういうメロディライン、かなり好き。



缶バッジももちろんもらったし、気に入ったのでCDも買いました。
ボーカルの人イラストうまくて、サインと一緒にサラッとボヤケルズのキャラクター(?)書いてくれましたよ。

おお たけしたち

活動休止中、東京60WATTSのおお たけしを中心としたバンド。
ベースはTHE BOOMの山川さん!
東京60WATTSというと鍵盤の音が印象的な都会サウンドみたいなイメージがありましたが、このバンドではまた違ったフォーク系の懐かしほのぼのサウンド聴かせてくれます。
味のあるボーカルに心にしみる歌詞。



東京60WATTSといえば、活動休止発表後、2010年のミナホ(行ってないけど)がラストステージになったことも話題になりましたね。
2年後、こういう形でミナホに帰ってきたというのも感慨深いものがあります。
2010年のミナホといえば、世間的にもっと話題になったのはMONOBRIGHTとヒダカトオルの「結婚」発表。
そして、今年のミナホのステージではMONOBRIGHTとヒダカトオルの「離婚」が発表されたらしいですが、それがこのおお たけしたちと同じ時間帯の裏で起こっていたというのも個人的にはなんかおもしろいなと思いました。

OverTheDogs

サカスプで見ようと思ったものの入場規制で見れなかったオバ犬のライブ、今日ついに見ることができました。

セトリ。

神様になれますように
映幻の花
プレゼントの降る街

マインストール
本当の未来は

このバンド知ったきっかけの曲、「神様になれますように」からいきなりやってくれました。
音源で聴くよりもかなりロック色強くて、かっこよかったです。
メジャー初シングル「プレゼントの降る街」が今度リリースされるみたいです。
メルヘンチックで純粋な感じが全面的に出ていて、それがこのバンドの持ち味の一つでもあるのですが、個人的にはカップリングのマインストールの方が好きかも。



あと、大好きな「愛」も聴けました。
「トイウ、モノガ、アルナラ」は今年かなり聴いたアルバムの中の1枚。
歌詞が良いです。

ミナホ1日目は、入場規制があんまりなくて、けっこう思ったように動けました。

その後、ハッチでやってたオールナイトイベントもちょこっと見てきました。

東京カランコロン

TRFのsurvival dAnceにのって登場。
ライブハウスでは約1年ぶりに見る東京カランコロン。
その後エイベックスからメジャーデビューし、この1年でかなり人気上がったと思います。
「TRFの後輩、東京カランコロンです」
っていういちろーさんの自己紹介がなんかツボでした。
東京カランコロンワールド全開のパフォーマンスを大きいステージで見れて、深夜なのにテンション上がりました。
「true!true!true!」が最高!
これまたライブで聴きたいです。




記録用に。

MINAMI WHEEL 2012 1日目

◆ SUN HALL
18:30 urema
19:30 ボヤケルズ
20:30 ディボッツ
21:30 SIBERIAN NEWSPAPER
◆ FANJ twice
18:30 ハルカトミユキ
19:30 JAWEYE
20:30 CamelChair
21:30 She Her Her Hers
◆ DROP
18:30 吉村かおり、3ピース
19:30 Applicat Spectra
20:30 KIDS
21:30 OverTheDogs
◆ AVENUE A
18:30 竹本洋介
19:30 NOKIES!
20:30 おお たけしたち
21:30 真空ホロウ
◆ KINGCOBRA
18:30 Large House Satisfaction
19:30 LEE LEE LEWIS
20:30 Plan-B
21:30 The Cigavettes
◆ AtlantiQs
18:30 HEAD LAMP
19:30 赤井仁美
20:30 荒川ケンタウロス
21:30 GAKU-MC
◆ CLAPPER
18:30 CittY
19:30 LILY HEADS REUNION
20:30 Bob is Sick
21:30 井乃頭蓄音団
◆ BIG CAT
18:30 A.F.R.O
19:30 FLiP
20:30 MONOBRIGHT
21:30 SPACE KELLY
◆ Soap opera classics
18:30 伊藤祥平
19:30 南壽あさ子
20:30 見田村 千晴
21:30 わたなべゆう
◆ Live House Pangea
18:30 キドリキドリ
19:30 若林美樹
20:30 つづくバンド
21:30 Rie fu & the fu
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする