2012年08月27日

GRIKO/みそっかす/Liaroid Cinema/オーバーテイク/センチメント/i GO & THE NOW POND DESTINATIONS 『エステバン』リリースツアー〜逆襲のGRIKO〜

今日も気になるバンドいっぱい見に行ってきました。

みそっかす

元気いっぱい5人組名古屋バンド。
夏らしく浴衣姿で登場。
トップバッターにふさわしいパワフルなステージでした。
特に、鍵盤の人がギターとかみたいにキーボード持ちながら演奏してたのがインパクトありました。
曲は、サイケデリックな曲もあれば、王道メロディーのナンバーもあったり。
「ジャパニーズサマーファッキン」って曲初めて聴きましたが、もうイントロから良い曲の要素しかないです。
そして、夏の曲をということで演奏された「黄昏サンセット」。
涙腺刺激する名曲です。
夏の黄昏時に海でも見ながら聴きたい曲。
今度発売のアルバムに収録されるみたいです。

センチメント

男性ボーカルで女子ドラムの4人組バンド。
バンド名どおり哀愁感のあるサウンド。
オープニングSEがTMRのHOT LIMITだったのもいきなりインパクトありましたが、ボーカルが天然入ってるようなかなり良いキャラしてました。
ラストはチャットモンチー橋本絵莉子と駆け落ちしたいと絶叫する橋本絵莉子っていう曲で、なんかすごいバンドでした。

Liaroid Cinema

サカスプ以来2回目のライアロイドシネマ。
激しすぎるロックステージで、会場の空気が一変しました。
セトリ。

Yellow
Full-Tenn
inletPAGE
BlueColoredRain
SONGoftheBITCH
Not Mirage

心に響く情熱的なパフォーマンス。
言葉が突き刺さってくるようなボーカルの声質が良いです。

GRIKO

今回はグリコのレコ発ということでしたが、4番手での登場。
ステージ飛び回る熱いパフォーマンスで大阪パワー見せつけてくれました。
「Esteban」収録曲メインのセトリ。
特に、鍵盤が入る「ルーレット」のポップス感は最高。



オーバーテイク

岐阜のバンド。
男性ツインボーカルにドラムとサポートキーボードという編成。
やさしい歌声ときれいなメロディーラインが素敵なバンドでした。
アコースティックバージョンでも聴いてみたい音楽ですが、昨日やったライブはアコースティック編成で、お客さんの平均年齢がぐっと高くて、前で白髪のおばあちゃんが寝てたらしいです。

i GO&THE NOW POND DESTINATIONS

大所帯バンド。
この編成では初ライブだったみたいです。
サックスの音色が良いです。
「何かの間違いだ」って曲は最強ダンスロックナンバー。
本人たちも本当に楽しんで音楽やってることが伝わってくるステージで、本日のトリを締めくくってくれました。
posted by なっくる at 01:55| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

Re:mix 2012

夏のライブイベント。
クリープハイプとクアトロ見たくて行ってきました。

8otto

名前はよく見かけるけど、初見。
オットーって読むんですね(それすら知らなかった)。
力強さを感じるドラムボーカルスタイルが印象的でした。

HINTO

初めて知るバンドでしたが、一気にハマってしまいました。
このアーティスト見れただけでも今日のイベント行って良かったと思えるくらい。
元SPARTA LOCALS安部コウセイのバンドなんですね。
ライブで聴きたい踊れるディスコロックサウンド。
クセになるメロディーラインは中毒性高いです。
アルバム「She See Sea」より「トキメキドライ」。
サビ部分のダンスが素敵すぎます。



クリープハイプ

前からライブで見たかったクリープハイプ!
セトリ。
リハでは左耳とかABCDCとかやってたような。

イノチミジカシコイセヨオトメ
手と手
愛の標識
グレーマンのせいにする
おやすみ泣き声、さよなら歌姫
オレンジ
ウワノソラ
身も蓋もない水槽
HE IS MINE

モッシュやサークルの連続発生のライブで、今本当に勢いのあるバンドなんだと実感できました。
尾崎世界観のハスキーなボーカルがソウルフルで、心に響いてきます。
生々しい歌詞が作り上げる独特の世界観がこのアーティストの魅力。
今度リリースされる新曲も含め定番曲の連発で、本当に盛り上がったライブでした。
ラストのHE IS MINEは圧巻。
「セックスしよう」コールへの盛り上がりがハンパないです。



0.8秒と衝撃

途中からでしたが。
相変わらず、狂気すら感じさせる激しすぎるパフォーマンスでした。

QUATTRO

3月以来のQUATTRO。
前回はインストアライブだったので、ライブハウスでは初めて見ることができました。
やっぱりライブで聴くと魅力が増すバンド。
心地良すぎるグルーヴ感は秀逸です。
アルバム「4」収録曲中心のセトリでした。
1曲目から「LAST DANCE」。
このサウンドかっこよすぎ。

posted by なっくる at 01:49| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

pegmap/Half-Life/ARTOWN BAND/nano.RIPE/【j.u.k.e.b.o.x】 "see you,again" release tour

今日(19日)もライブ。
名前くらいは聞いたことあって気になっていたけど、ライブは見たことないミュージシャンを見に行こうシリーズ(ということに今した)の2日目ロック編です。

ARTOWN BAND

全然知らないバンドでしたが、気に入ってしまいました。
スクリーンに映し出された映像とシンクロしていて、とてもクールでかっこいいステージでした。
壮大な雰囲気で、野外で聴いたら絶対気持ちいいサウンド。

nano.RIPE

アルバムをiPodに入れていたものの、今まであまりちゃんと聴いてなかったバンド。
ボーカルの女の子の歌声が、ちょっと独特でかわいらしいです。
でも、サウンドは突き抜けるような激しいロック。
草野マサムネがこのバンドのことを絶賛しているらしいですが、スピッツとは全く雰囲気違うロックサウンドです。
新曲のリアルワールドっていう曲が良かったです。

【j.u.k.e.b.o.x】

初めて知った名古屋バンド。
演奏テクのあるバンドだなあという印象。
最後にやったanswerって曲の後半にかけて盛り上がる感じが良かったです。

Half-Life

今日一番見たかったバンド。
モテキのエンディングで知ってミナホで見に行こうかと思いつつその時は規制で見れず、今年のアルバム「replay」で音源しっかり聴いてみたらけっこう良かったので、一度見に行きたいと思っていたところ。
想像していた以上に良いバンドでした。
迫力のあるサウンドに言葉がたたみかけるようにのっかって、心を震わせるようなパワーがありました。
音源で聴く分にも良いですが、ライブで見ると魅力が数倍にも増すバンド。
次はHalf-Lifeを知ったきっかけの「J-POP」もライブで聴いてみたいです。
公式ツイッターよりセトリ。
「All I see」の爽快感がお気に入り。

orange
All I see
magic
city talk
Boy&Girl
夢追い人

pegmap

今回のライブのメインアクト。
5人組バンドかと思ったら、2人サポートだったぽい。
ニューアルバム"see you,again"発売記念ということでした。
一言で言うと男くささが前面に出た、力強いロックサウンド。
変に女子受け狙わないような正統派ロックが心地よかったです。
posted by なっくる at 01:14| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

東京カランコロン インストアライブ

約1年ぶりに見る東京カランコロンのインストアライブ。
インストアと言っても野外ステージだったので、暑い日差しが当たる中でのライブで、ちょっとした夏フェス気分。
本人たちもa-nation名古屋会場って言ってましたしね。
東京カランコロンは5人組バンドですが、今回はボーカルのいちろーとせんせい2人だけのアコースティックライブ。
セトリ。

夏part1
ララララ
泣き虫ファイター
×ゲーム
ラブ・ミー・テンダー
ウキウキエブリデイ
マチャアキとしっぱい

先日エイベックス(!)からメジャーデビューしたばかりということで、そのメジャーデビューミニアルバム「ゆらめき☆ロマンティック」収録曲メインのステージ。
アコースティックで聴いたということもありますが、新曲はどれも夏の夕暮れ時に似合いそうなさわやかナンバー。
カランコロンの良い意味でのエグさが控えめな気もしましたが、良い音楽には変わりないです。
×ゲームとかラブ・ミー・テンダーとかインディーズ時代の曲もアコースティックだと雰囲気違ってこれもまた良い感じ。
「安室浜崎倖田に続くキュートすぎる新歌姫」っていうキャッチコピーが店のポップについていたっていう話もしてましたが、独特のキューティーさはこのバンドの魅力だと思います。
リードトラック「泣き虫ファイター」。
作詞は元チャットモンチー高橋久美子。
やっぱりクセになるサウンド。

posted by なっくる at 00:53| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

地慕里ジャンクション/ビアンコネロ/雨先案内人/オズニッキ/Dolly Trip 『KINDERGARTEN OF POP』

今日のライブは素敵ポップスがたくさん詰め込まれたイベント。
初めて見る人ばかりでしたが、気になっていたミュージシャンばかりなので、見に行ってきました。

Dolly Trip

思いっきりハッピーなパーティースカバンド。
男2人+女3人というちょっと変わった編成。
このバンドも女子ドラムでした。
ボーカルイケメンのポップスバンドにしては珍しくファンの男率が異様に高いです。
でも、男女関係なくハジケて楽しめるライブがこのバンドの魅力だと思いました。
まだ若そうなので、今後どう成長していくかにも期待したいと思います。

オズニッキ

男性ポップスバンド。
5人組なのかと思ったら、ボーカルとキーボード以外はサポートだったぽい。
安心して聴きこめるサウンド。
「フレッシュ!!」って曲が良かったです。
鍵盤の存在が印象的。
公式ツイッターよりセトリ。

みぎわ(新曲)
にわか雨
大安デイズ
空の巻(新曲)
フレッシュ!!
小猫日和

ビアンコネロ

3人組アコースティックユニット。
「西へ西へ」とかの頃は良く聴いていたなぁと思いながら見ていたのですが、その頃とは編成変わっているみたいです。
カホン叩いてたけんぢさんのキャラが強烈。
アイドルになりきった「なんちゃったってアイドル」のステージは面白すぎ。
これは必見。
そんな場面もありつつしっとり決めるところは決めてくれる、本人曰わく情緒不安定なバンド。

雨先案内人

キーボードとドラムとベースのスリーピースというちょっと変わった編成。
ドラムがメインボーカルで、キーボードの女の子と男女ツインボーカル。
雨という言葉が似合わないくらいに、最高にゴキゲンなポップスでした。
女の子がメインボーカルをとっていたバラードナンバーもまた別の雰囲気で良かったです。

地慕里ジャンクション

今回のイベントのメイン。
曲1曲も知らなかったですが、予習しておけば良かったかも。
踊りとかも覚えて参戦すれば、絶対ライブ楽しいバンド。
お客さんとの一体感ハンパなかったです。

ラストは、出演者全員で地慕里ジャンクション「アリ」のセッション。
老若男女本当に音楽好きの人たちが集まった最高にハッピーな空間でした。

posted by なっくる at 02:03| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする