2012年03月18日

plane/フジタユウスケ/蜜/ロマンチップス ドミトリー京都

先週のドミトリー大阪に引き続き、ドミトリー京都にも行ってしまいました。
今回も、なかなか素敵なラインアップです。

トップは蜜。
歌モノ男女ユニット。
前から何度も見ようと思ってたアーティストですが、今回ようやく見ることができました。
イメージとしては、サンタラに昭和歌謡の要素を加えた感じ。
「私がオバさんになっても」のカバーが良かったです。
ボーカル木村ウニのネットリした歌い方がセクシーでした。
それよりも、噂には聞いてましたが、木村ウニのキャラが個性的で濃すぎてちょっとした衝撃。
二人のコンビがなかなか絶品でした。

2組目はロマンチップス。
最近お気に入りのバンド。
ちゃんとライブハウスで見るのは初めてだったのですが、こんなに熱いライブ見せてくれるバンドだとは思わなかったです。
ポップなサウンドが素敵。
「Hello the music」の盛り上がりは最高ですね。
来月のアルバムも要チェックです。

3組目はフジタユウスケ。
ベースがL⇔Rの木下裕晴、ドラムがユニコーンの川西幸一という豪華なバンド編成。
厚みのあるロックサウンドがかっこよかったです。
フジタさんはPUFFYのサポートもしているみたいですね。
完全に初めてで、曲も全く知らなかったのですが、間違いないライブパフォーマンスで楽しませてくれました。
今回の編成でまたライブ見てみたいです。

ラストはplane。
カンラバで見たり、ボーカルのキクチさんはわたなべだいすけとのコラボで見たりはあったのですが、実はライブハウスでplaneのライブをしっかり見るのは初めて。
「花火」のようなしっとり聴かせる曲があれば、「はなればなれ」のように最高に盛り上がる曲もあったりして、そんなにplane知らなかったのですがすごく楽しいライブでした。
「桜はまだ咲いている」なんかも聴けたりして、意外と知ってる曲多かったです。
良い曲ばかり。
そんなことより、キクチさんのTシャツに「Do you know d.w.nicols?」って書いてあったのが非常に気になりました。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

ANATAKIKOU/ゲントウキ/クリトリック・リス/寺前未来 ドミトリー大阪 vol.1

金曜日は、個性的なアーティスト4組が集まったライブ「ドミトリー大阪」に行ってきました。

トップは寺前未来。

色々ブルース
徒歩5分
ペーパードライバー
花鳥風月
君は王様
大人なのに
エルとアールのスウィング

いつもの弾き語りスタイルで、最後2曲はベースにイトケンさんが参加。
「エルとアールのスウィング」はもうライブで何度も聴きましたが、ベースが入るだけでも曲の雰囲気が変わります。
この曲で歌っているように、まさに音楽を聴くということの楽しさが感じられました。
昨年のワンマン用に作られた「大人なのに」は音源化されていないので、また聴けて嬉しかったです(YouTubeでは見れます)。

次は、ANATAKIKOU。
ライブハウスで見るのは昨年の8月以来。

アーチ、越えて
春はまだ
ぼんやり、雨
今日も明日も
いけないところで
RUNAWAYFROM

美しすぎる音のハーモニー。
やっぱり、このANATAKIKOUのポップサウンド好きだなぁと思いながら、聴き惚れていました。
後半は、ライブハウスがサイケデリックなANATAKIKOUワールドに。
聴いていてどことなく浮遊感があって落ち着かないような気がする不思議なANATAKIKOUサウンドは、ライブで聴くとトリップ状態になります。

続いて、クリトリック・リス。
名前は知っていたのですが、初めて見ました。
あえて、前情報ゼロで見てみましたが、想像以上のインパクト。
パンツ1枚のおじさんが出てきて、歌うというよりもひたすら叫ぶ。
最初はビックリしましたが、芸人顔負けのおもしろさで、すぐにクリトリック・リスワールドに引き込まれました。
意外にも下ネタゼロ(普段はまた違うのかもしれませんが)。
笑いの中にも、人間の真理とかシリアスな面もあったりして、心に響いてきて少し感動してしまいました。
それにしても、この4組の中で明らかに毛色が違いすぎて、このブッキング考えた人偉いと思います。

ラストは、ゲントウキ。
前から好きだったのですが、ついにライブで見ることができました。

追憶のレイニーデイ
いちもくさん
誕生日
号外とスクランブル交差点
アルゴリズム
さらば!
en)
短い髪
素敵な、あの人。

「誕生日」と「アルゴリズム」は新曲。
「短い髪」はSMAPに提供した曲のセルフカバーですね。
他は、よく知っている曲ばかり。
ゲントウキの曲は、本当に質の高いポップソングばかりだなと改めて思いました。
ANATAKIKOUとはまた違う、純粋に音楽が好きな人が作った正統派ポップス。
ライブで見て、本人の人柄の良さが曲にも反映しているように感じました。
ライブ少なめのゲントウキですが、また機会があれば是非見てみたいです。

おまけ。
土曜日は連続で寺前未来さんのインストアライブ見てきました。

色々ブルース
徒歩5分
ペーパードライバー
エルとアールのスウィング

「エルとアールのスウィング」はソロでもやっぱりいいです。
屋外でしたが、力強いボーカルが響きました。
アルバム2枚が今度全国流通するそうです。
posted by なっくる at 01:16| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

BONNIE PINK インストア & スムルース インストア

インストアライブを2つ続けて見てきました。

まずは、BONNIE PINK。
前からライブで見たいと思っていましたが、初めて生で見ます。
彼女自身も、インストアライブをやるのはかなり久々だったみたいです。
サポートのキーボードにハタヤテツヤ。
なんと、BONNIE PINKの小中高の後輩だったらしいです。
新曲「冷たい雨」にちなんで「水縛り」のセトリ。

April Shower 〜四月の嵐〜
Fish
Water Me
冷たい雨

「冷たい雨」は「ダーティ・ママ!」主題歌。
ドラマ同様、強い女性像が描かれています。
PVもかっこいいので、要注目。
歌詞見るまで、サビで何て歌ってるのかわからなかったのですが、「打たれて ぶたれて」だったんですね。



ギター&キーボードのシンプルな演奏でしたが、だからこそ、彼女のかっこいいボーカルが際立っていたと思います。
BONNIE PINKは、「Heaven's Kitchen」の頃からよく聴いてましたが、やっぱこの歌声好きだなと改めて思いました。
大人の女性の色気みたいなものを感じますよね。
「Water Me」は大好きな曲だったので、聴けて嬉しかったです。
今度は、ライブハウスで、バンドで聴いてみたいところです。

引き続き、スムルースのインストアライブ。
昨年1月のインストア以来のスムルース。
アルバム「Whoop Hoop」発売記念でした。

やさしくつづくみらい
テトテトみらい
パンが焼けたよ
JEWEL

「パンが焼けたよ」のPVは、ボーカル徳田さん自作のアニメ。
曲同様、キャラクターがかわいすぎます。
間違いなくハッピーな気持ちになれる、名PV。



インストアといっても、十分に楽しませてくれるスムルース。
最初に、名物「逆さ書道」も見せてくれました。
「逆さ書道」が気になる方は、スムルースのライブを要チェックです。
今日の4曲は全部初聴だったのですが、一気に全部好きになってしまいました。
「テトテトみらい」はCDでは甲斐名都さんとのデュエット。
シンプルながらもやさしくてあたたかい歌詞とサウンドに涙が出そうになってしまいました。
「JEWEL」は、名前をテーマにしたバラードナンバー。
家族の愛のようなものが感じられて、「WALK」同様、心の温まる名曲だと思います。
「Whoop Hoop」は、良質なポップサウンドばかりがつまった、2012年の名盤です。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする