2012年01月29日

Galileo Galilei インストア

今日は、Galileo Galileiのインストアイベントに行ってきました。
Galileo Galileiは5人組バンド。
閃光ライオット初代グランプリです。
全員20歳前後で、ボーカル尾崎雄貴は今年成人式を迎えたばかりという若さ!
Galileo Galileiを見るのは初めてでしたが、彼ら自身もインストアライブをやるのは意外にも初めてだったみたいです。
昨年のアルバム「パレード」が良かったので、新作にも期待して行ってみました。

今回のイベントはラジオの公開収録も兼ねており、アルバム「PORTAL」の制作過程の話もいろいろ聞けました。
ライブはアコースティック編成で3曲だけ。

Kite
青い栞
星を落とす

Galileo Galileiというと、タイアップ曲のキャッチーな印象が強いですが、それだけじゃないバンドだと改めて感じました。
さわやかなサウンドと耳触りの良いボーカルの中にも、どことなく泥臭さというか力強さというか、彼らの音楽にぶつける想いのようなものが響いてきたように思います。
トーク部分でも、彼らの音楽に対して真面目に取り組む姿が伝わってきました。
最初、Galileo Galileiの楽曲を聴いたときは外部にプロデューサーがいるのかと思っていましたが、セルフプロデュースなんですね。
今作も、リミックスをメンバーで手分けしながら作り上げたようです。
若いのに、しっかりしていて才能のあるアーティスト。
今後、どう成長していくかにも注目です。
posted by なっくる at 23:18| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

原田茶飯事/寺前未来/小玉哲也/あさじ 3. 2. 1! Cheers!!!

今日は、2012年初ライブ。

会場は初めて行った小さなライブハウス。
キャンドルの光に包まれたアットホームな雰囲気の中でのライブでした。

OAはあさじさんという女性シンガー。
初めて見たのですが、かわいらしい感じの方でした。
アコースティックギター弾き語り。
最後にやった曲(曲名わからないですが)が良かったです。

続いて、出演者全員による書き初めコーナーをはさみつつ、小玉哲也のステージ。
こちらも初めて見たアーティストですが、けっこう良くて気に入ってしまいました。
アコースティックギターとエレキギターの弾き語り。
長澤知之に近い感じかなと思いました。
ブルースっぽい熱い歌唱が心に響きました。
今後もちょっと注目してみたいと思います。
バンドセットでのライブも見てみたい。

次に、寺前未来。

色々ブルース
食卓にて
君は王様
花鳥風月
徒歩5分
アイラブ湯(?)
エルとアールのスウィング

バンドセットも良いけど、寺前未来はやっぱりアコギ弾き語りだなと、改めて実感。
シンプルな音の中にも広がる世界観に聴き入ってしまいました。
「アイラブ湯」(タイトルあいまい?)という新曲も披露。
お湯のようにほっこりあたたかい曲でした。
寺前さんは、昨年のワンマンのときの動画をYouTubeに少しずつ全曲アップしてくれるみたいです。
その中から花鳥風月。
しっとりきれいな曲。



トリは、原田茶飯事。
曲ももちろん良いけど、MCもおもしろくて、お客さんを楽しませるパフォーマンスが素晴らしいです。
さすが、日本中をライブしてまわってるだけあります。
特に、ボイスパーカッションならぬボイストランペット(?)がスゴいので、見所です。
「カイピリーニャ」の盛り上がりは最高でした。



実は、今日のライブは、ライブハウスの店長さんが最後の日記念という意味もあったらしくて、最後は全員で店長さんの好きな忌野清志郎「デイ・ドリーム・ビリーバー」。
最高に楽しいステージでした。
posted by なっくる at 01:19| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする