2018年10月03日

め組 インストアライブ

日本に一時帰国していたタイミングで、め組のインストアライブが開催されていたので行ってきました。
ニューミニアルバム「Amenity Wear」リリース記念のアコースティックライブイベント。

[SET LIST]
余所見
Amenity
5.4.3.2.1
ぼくらの匙加減
悪魔の証明

普段のライブハウスとは違うインストアライブということで、ここぞとばかりに、ひたすら喋りまくるボーカル菅原達也。
今回、ミニアルバムをようやくリリースできたけれど、それまでの間、みんな他のバンドに浮気してたんじゃないのか?と、いきなりヒートアップ。
そのMCからの「余所見」という流れだったわけですが、曲が始まると、その鮮やかにポップなサウンドに、一気に心が引き込まれました。
まさに、「浮気」する隙もないほど、あらゆるセンスが詰め込まれたサウンドの魅力。
菅原さんの歌声もサウンドの一部として計算されているのではないかと思ってしまうぐらい。
それでもゴチャゴチャせずに、むしろ爽やかな印象が残るのは、このバンドの唯一無二なセンスではないかと思います。
今日はしっとりした曲多めでしたが、それでも、曲中にギターの弦を切ったり、2曲終わる頃には汗でビショビショになったりと、熱量高めの菅原達也。
「悪名高いめ組が、このままで終わるわけないだろ」と言ってラストに演奏された「悪魔の証明」では、お客さんの熱量もしっかり上げてくれて、「ちゅるりらら」コールも完璧でした。
イントロのギターリフから引き込まれる、ライブの定番キラーチューンですね。
MCで、実は時々ランニングしていて、今日も10km走ってきた、と話しちょっと意外な一面を見せた菅原さん。
8kmぐらい走ったところですっかり疲れてしまい、もう止めようかと思ったところで、中学校の前を通りがかったとのこと。
そこから聞こえてきたのは、吹奏楽部が演奏する「負けないで」。
その音楽に励まされて、急にまた走れるようになって、見事完走できたんだそうです。
自分たちの音楽も誰かにとってそんな存在になってくれれば嬉しい、と話す菅原さん。
今回の新曲「Amenity」は、もともと自分に向けて書いた、と言っていましたが、あらゆる人に向けての応援歌にもなり得るのではないかと思います。
自分は自分のままでいていいんだよ、というメッセージ。
J-POPではありがちとも言えるかもしれませんが、そこを「誰にも自分を渡さないでね」と独特の表現で伝えるあたり、このバンドらしいセンスだと思いました。

posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

CONCRETE & GRASS MUSIC FESTIVAL 2018

今年も行ってきました、上海の夏フェス、CONCRETE & GRASS MUSIC FESTIVAL。
昨年突如開催されたサマソニ上海は、今年は結局ありませんでしたが、このイベントは、今年も無事開催されました。
夏フェスと言っても、もう既に9月中旬ですが、夏の暑さが厳しい上海で野外フェスを開催するにはちょうど良いぐらいの時期かもしれません。
天気が少し心配だったのですが、1日目は快晴。
むしろ、まだ暑さが残っていました。

チケットは、2日券で600元(約10000円)。
これは早期購入割引の値段で、通常だと2日券が780元、当日券だと1日で520元、と昨年の2日券460元よりもかなり値上がりしていました。
チケットの値上がりに見合うだけのラインナップだったかと言われると疑問は残りますが。
一昨年のセカオワ、昨年のラッドクラスの日本の人気バンドが来てくれなかったのは、ちょっと残念です。

1日目は、14時頃に会場に到着しましたが、入場はスムーズ。
荷物チェックはありましたが、かなり軽くて、本当は飲食物など持ち込み禁止ですが、カバンの奥の方に隠しておけばバレなさそう。
ペットボトル類も基本は持ち込み禁止ですが、会場内に無料の給水スポットがあるのは嬉しいところ。
私は空のペットボトルを持ち込んで、水を補給していました。
会場内飲食物持ち込み禁止で、ミネラルウォーターコップ1杯10元で販売していた某サマソニ上海とは違います。

Zee Avi

マレーシアの女性シンガーソングライター。
4名のバックバンドとともに登場しました。
ほとんど知らないアーティストだったのですが、とても良かったです。
中国でのライブは2回目だったんだとか。
どこか愁いを帯びたようなハスキーな歌声が魅力的。
カントリー調で心地良いサウンドは、野外で聴くのにピッタリです。



Chinese Football

中国系のインディーロックバンドと言えば、人気がある大多数のバンドは、実は台湾系。
どちらかと言うとバンド文化が発展しているのは台湾の方で、大陸ではそもそもバンドの数が少ない印象があります。
そんな中でも近年、頭角を現してきている大陸系インディーロックバンドの代表的存在が、Chinese Football。
前から気になっていたこのバンド、今日ようやくライブを見ることができました。
見た目は、どこにでもいそうな若者4人組、という感じ。
特にイケメンというわけでもなく、メガネをかけて素朴なムードが好感持てます。
でも、演奏を始めると、非常にクールでスタイリッシュな音楽を届けてくれるところが、最高にかっこいいです。
American Footballへのリスペクトが込められたようなバンド名ですが、まさに海外の音楽を吸収して自らの音楽に昇華させたようなサウンド。
中国のバンドでありながら、中華的なメロディを感じさせないところが新しいと思います。
ボーカルの存在が主張することなく、リズムの心地良さが前面に出た音楽。
物販でようやくCDも購入できたので、これから聴くのが楽しみです。
メンバー全員からサインもいただいてしまいました。



Suchmos

日本でも大人気のこのバンドが、ついに上海初ライブ。
上海でも、若い女性中心に多くのファンが集まっていました。
登場時に、右サイドのお客さんにも左サイドのお客さんにもしっかりお辞儀をする礼儀正しいYONCE。
音楽性では不良的な香りを漂わせるSuchmosですが、メンバーの人柄の良さが際立っていたようなシーンでした。

[SET LIST]
BODY
YMM
STAY TUNE
808
VOLT-AGE
Life Easy

このバンドが作り上げる心地良いグルーヴに、思い思いに身体を揺らすオーディエンス。
今日見て改めて思ったのが、YONCEのボーカルとしてのスキルの高さ。
ファルセットを自在に使いこなすソウルフルなYONCEの歌声は、最高にクールでした。
MCでは、事前に用意していたメモを見ながらたどたどしく中国語に挑戦するYONCE。
クールなパフォーマンスとのギャップもまた魅力。



戸川純 with Vampillia

バイオリンやツインドラムも含めて総勢11名編成でのステージ。
戸川純がステージに登場した時の歓声が凄まじかったです。
今の上海でもここまで人気があるのかと驚いてしまいました。
独特の空気感とオーラ。
ほとんど椅子に座りながら歌唱していたのですが、それがまたカリスマ性を増しているようにも見えました。
「玉姫様」「好き好き大好き」など代表曲も交えながら渾身の熱唱。
楽曲自体は昭和歌謡的な要素もありつつ、演奏はパンクバンドのように激しくエモーショナル。
そんな演奏の中で映えるバイオリンの音色。
そこに戸川純のエキセントリックな歌唱が加わり、カオスで唯一無二な世界観を作り上げていました。



American Authors

ニューヨークで活動する4人組ロックバンド。
ドラムやベースの重低音が身体に響く、ダイナミックなロックサウンドが爽快。
歌いながらステージを降りていってハイタッチを始めるボーカルのザック・バーネットに、オーディエンスは大熱狂。
コーラス部分などを一緒にシンガロングできるところもライブが楽しいポイントです。



2日目。

2日目も快晴に恵まれ、…と書きたいところですが、会場に着いた14時半ごろに、かなり強めのにわか雨。
着いて早々、しばらく雨宿りしていました。
結局、降ったのはこの時だけでしたが、タイムテーブルに遅れが出るなど影響が出てしまったようです。

FAZI 法兹乐队

中国の男性4人組ロックバンド。
ストイックで硬派な印象を受けるバンドサウンド。
爆音でかき鳴らしている中でも、静寂のムードを感じさせる心地良い音楽でした。



DYGL

昨年のミツメとのツーマンに引き続き、上海2回目となるこのバンド。
ライブの前にサイン会が開催されたのですが、驚くほどの長蛇の列。
若い女性中心に、上海でも彼らの音楽に心を奪われた若者たちは多いようです。
序盤から「I'm Waiting For You」「Let It Out」「Come Together」などの連続でヒートアップするオーディエンス。
「Bad Kicks」で盛り上がりは最高潮に。
「Waste of Time」などのミディアムチューンを挟んで、最後は「Don't Know Where It Is」でクールに決めてくれました。
ロックを誠実に突き詰めていったかのような印象を受けるこのバンドの音楽。
実は、メロディが良いんですよね。
身体に響くロックサウンドと心地良いメロディに、思い思いに身体を揺らすオーディエンスたち。
MCは、ほぼ全て英語。
世界で活躍しているバンドなだけあって、まだ若いバンドでありながらも余裕さえ感じさせてくれました。



yahyel

DATSとしては昨年上海でライブを行っていましたが、yahyelとしては今回が初めて。
既に上海でも人気を集めていたようで、多くのファンが集まっていました。
辺りがすっかり暗くなった頃、暗闇に包まれたステージからスタートしたyahyelのライブ。
音楽に同期したVJや照明なども含めてすべてが彼ら独自の空間を作り出していました。
サイケデリックな映像と打ち込み的なサウンドに合わせて踊りまくるオーディエンス。
打ち込み的な、と言っても、彼らはあくまでもバンド。
DATSもそうですが、生バンド音をもとに、電子的な踊れるサウンドを作り出すことができるのが、このバンドの魅力だと思います。
あと、ライブで見て感じたのは、ボーカル池貝さんのパフォーマーとしての魅力。
ステージ上で踊りまくったり、フロアに降りてきてオーディエンスの熱量を上げたりする場面も。
「Pale」では、ハイトーンボイスを綺麗にかつパワフルに響かせていて、ボーカリストとしてのスキルの高さも際立っていました。



今年は、両日とも、ゆっくり行って早めに帰ってきたので、ヘッドライナーは見てないです。
1日目のヘッドライナーは李健 Li Jian、2日目はDaddy Yankeeでした。
日本人アーティストも、他にも、tofubeats、Crossfaith、Kikagaku Moyoが出演。
今年は、どちらかと言うと、世間的に人気があるアーティストが出ていたと言うよりも、音楽通も唸らせるようなラインナップだったかもしれません。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

クラムボン「Lush Life!」

最近、休みの日の昼食や夕食によく利用しているのが、「蔡先生」というローカルのチェーン店。ここの回鍋肉丼がとても美味しいのです。ローカルの中華料理屋って、どうしても香辛料や味付けが日本人の口に合わないこともしばしばあるのですが、この店の味付けは主張が強くなくて、日本人でも違和感なく受け入れることができます。野菜がたっぷり入っていて、あっさりしている中でも肉がしっかり存在感を表している回鍋肉は、ごはんにとてもよく合います。しかも、これがまたとても安い!回鍋肉丼は、1杯13元(約220円)。量もしっかりあって、大食いには自信のある男性でも、おそらくこれ1杯でけっこう満足できるのではないか、というほどたっぷり。女性だったら、2回に分けて食べても良いぐらいの量だと思います。他にも、炒め物をごはんにのせた丼物が何種類かあって、どれも同じぐらいの値段でしっかり食べられます。本場の小籠包や上海焼きそばとかも、リーズナブルに美味しくいただけるのも嬉しいところ。今の季節だったら、冷麺も美味しいです。店の感じとしては、日本でいう所の、吉野家とか松屋みたいな感じなんだと思います。この安さでは考えられないほどのクオリティ。上海に来ることがある方は、行ってみてはいかがでしょうか。観光客向けの店ではないですが、高級中華料理よりも庶民の味を楽しみたい、という方にはおすすめです。

先週、ソーダグリーン(蘇打緑)「小情歌」のことをブログに書きましたが、先日の中国語の授業は、この曲の詞の日本語訳をテーマにしてもらいました。タイトルの「小情歌」を直訳すると、「小さなラブソング」。歌詞の語感とメロディへの乗せ方が心地良いだけでなく、恋人への思いを、比喩表現を使っていたり中国のことわざや文学作品を引用していたりする表現方法の美しさに気付くことができました。「小情歌」を作詞作曲した蘇打緑のボーカル呉青峰は大学では文学部に通っていたそうで、それも納得のセンスです。「小情歌」をきっかけにブレイクした蘇打緑ですが、一時期、代表曲でもある「小情歌」をライブで歌わないことが続いていたんだとか。代表曲をいつも求められて、その曲のイメージから離れられなくなってしまうというバンドの葛藤があったのかもしれませんね。でもやっぱり、リスナーとしては、バンドにはライブでは代表曲を歌ってほしいものです。以前、アンダーグラフの真戸原さんが言ってましたが、あまりにもいつも「ツバサ」をライブで歌うことが求められるので、一時期歌わなかったことがあったんだとか。でも、そのライブを見に来ていたファンの子から、一緒に連れてきた友達が初めてアンダーグラフをライブで見ることができたのに「ツバサ」を聴くことができなくて残念そうにしていた、という話を聞いて、やっぱり「ツバサ」はいつも歌うようにしよう、と考えを変えたことがあったんだそうです。蘇打緑をライブで見る日がいつ来るかわかりませんが、その時はやっぱり「小情歌」を歌ってほしいです。



昨年、大人向けのドラマとして半年間放送されていた「やすらぎの郷」。良い評判をよく聞いたので、DVDボックス(もちろん中国のやつです)を買って、少しずつ見ていました。つい先日、全話見終わったのですが、これがまたとても面白かった!かつて一世を風靡したスターたちの老いた姿を描いたエピソードは、ときにシリアスで、ときにコミカル。ところどころに伏線があったり、思いがけない展開が待っていたりして、次の放送回分を再生する手が止まらなくなりました。自分が老人になって、施設に入るとしたなら、「やすらぎの郷」みたいなところが良いなと思います。若い頃にともに時間を過ごしたかつての仲間たちと一緒にまた同じ時間を過ごすことができる場所。「やすらぎの郷」のような「人生の最終回」的な場所がどこかにあるのではないかとぼんやり考えながらも、それが現実には存在しないということに気付いたときの切なさ。

やすらぎの郷 DVD-BOX I
やすらぎの郷 DVD-BOX I

クラムボンの新曲「Lush Life!」がとても良い!スキップで駆け抜けていくような「軽さ」の心地良さ。ベテランバンドが身に着けてしまいがちな音楽的な小難しさみたいなものが綺麗に剥がれ落ちて身軽になっているようなイメージ。そこがとても清々しくて心地良いのです。クラムボン、最近あまり聴いていなかったのですが、いつまでもフレッシュな感性で作品を届けてくれるこのスタンスが良いですね。この曲ぐらいの軽い気持ちでステップを踏んでいくことができれば、いつもの毎日が、さらにカラフルになっていくはず。



クラムボン「Lush Life!」
ツアー会場&販売希望店限定リリース
ミニアルバム「モメント e.p.3」収録曲

http://clammbon.com/momentep/
posted by なっくる at 00:35| Comment(0) | MUSIC LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

グミ「夏子」

中国は物価が安い、というイメージを持っている方も多いかもしれませんが、上海の物価は、基本的に日本と同じぐらいか、むしろ日本より高いこともしばしば。でも、明らかに日本よりも安いのは飲料水。だいたい3元(約50円)ぐらいあれば、500mlのミネラルウォーターが買えてしまいます。水道水が飲めない国なので、飲料水は生活必需品。安いのも当然ですよね。お茶とかジュース類のペットボトルも、日本よりずっと安く買えてしまいます。暑い夏に飲みたくなるのは、シュワっと爽快な炭酸水!中国でも人気なのはやっぱりコカ・コーラですが、その次ぐらいに定番な炭酸水が何かと言うと、スプライトなのです。スプライトは日本にもありますが、そこまでメジャーな感じじゃないですよね。どちらかというと、日本ではファンタとか三ツ矢サイダーとか、CCレモンとかの方が定番なイメージ。でも、上海では、レストランのソフトドリンクの選択肢と言えば、ウーロン茶かコーラかスプライトか、というぐらい定番の飲み物なのです。スプライトは、中国語では「雪碧」と表現します。雪のように冷たくて刺激的なドリンクは、暑い上海の夏には欠かせません。私も、ケース買いして、冷蔵庫でキンキンに冷やして、仕事から帰ってきたらそれを一気に飲み干すのが最近のささやかな楽しみです。日本にいた頃はスプライトなんてほとんど飲むことがなかったのに。

コカ・コーラ スプライト ペットボトル 470ml×24本
コカ・コーラ スプライト ペットボトル 470ml×24本

炭酸水と言えば、この前、中国語の先生に、ソーダグリーン(蘇打緑)という台湾のバンドを教えてもらいました。全然知らなかったのですが、2001年に結成されたというこのバンド。台湾のインディーズシーンではかなり有名な存在なんだそうです。聴いてみたら、これがまたとても良いのです。歌っているのは本当に男性?と思ってしまうほど、透明感のあるハイトーンボイスに驚きました。そんな綺麗なボーカルに、繊細で美しいメロディが見事にマッチしています。私が特に好きな曲が「小情歌」。このメロディラインの美しさは中国系のバンドならでは。「ソーダグリーン」というバンド名通り、爽快感に溢れています。



それでは、今日は最後に、「夏のサイダーのCMに起用してほしい曲ベスト3」を作ってみたので発表します!

3. グッバイフジヤマ「あの日の僕等に会いに行く」

目の前に広がる「あの日」の夏の光景のセンチメンタリズム。
どこか物哀しさも含んだような「夏の終わり」の空気感を蘇らせてくれる切ないメロディーライン。
「日本の田舎の夏の風景」を思い起こさせてくれるような、普遍的なポップソング。

グッバイフジヤマ「あの日の僕等に会いに行く」
2014年9月10日リリース
ep「ひばりくんの憂鬱」収録曲

ひばりくんの憂鬱ep. - グッバイフジヤマ
ひばりくんの憂鬱ep. - グッバイフジヤマ

2. ウソツキ「水の中からソラ見てる」

「弾け飛んだ泡のような水の中で」という歌い出しの時点で、起用されていないのが不思議なほどサイダーのCMにピッタリ。
夏が予感させる、何かが待っていそうなワクワク感。
恋の始まりの高揚感を高めていった後に、最後の「どうやら好きになったみたいだ」というフレーズが最高。

ウソツキ「水の中からソラ見てる」
2015年10月7日リリース
アルバム「スーパーリアリズム」収録曲

スーパーリアリズム - ウソツキ
スーパーリアリズム - ウソツキ

1. グミ「夏子」

「夏の青春感」が持つ切なさが最高!
誰しもが経験したことのある、「一瞬の魔法」のように過ぎ去ってしまったあの日の夏の空気を蘇らせてくれる曲。
不器用ながらもひたむきな男子の姿を描いた青春ソングは、このバンドならではの魅力。

グミ「夏子」
2016年3月2日リリース
アルバム「フェイバリットバンド」収録曲

posted by なっくる at 21:34| Comment(0) | MUSIC LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

Lamp Asia Tour 2018 "A Distant Shore"

今日は、Lampの上海公演に行ってきました。
今回、アジアツアーとして、中国各地を回っているLamp。
上海編の会場は、この前ネバヤンを見たときと同じく、バンダイナムコ上海文化センターの未来劇場でした。
このバンダイナムコ上海文化センターには、今日の未来劇場というライブハウスと大ホールがあるのですが、ちょうど同じときに大ホールの方では、柏木由紀のソロコンサートが開催されていて、上海のファン達がたくさん集まっていました。
Lampの方は、お客さんだいたい300人ぐらいでしょうか。
男女比はほぼ半々。
意外と若い人が多かったかもしれません。

ほぼ定刻通りにメンバー登場。
今回は、メンバー3人にサポートのベース、キーボード、ドラム、パーカッションを加えた7人編成でツアーを回っているようです。
Lampが上海でライブをするのは昨年春以来だとのこと。
中国でのライブはもうすっかり慣れているようで、「こんばんは」という染谷さんの肩の力が抜けたような日本語の挨拶からスタートしました。
見に来るお客さんがけっこう日本語わかることもしっかりわかっているようで、その後のMCでも中国語は一度も登場せず。
榊原さんが、新譜の紹介のときに一部英語を使っていましたが。
マイペースに自分たちのやり方を貫いているこのバンドらしいところ。

今年5月にアルバム「彼女の時計」をリリースしたこのバンド。
今日は、このアルバム収録曲を中心に新旧織り交ぜたセットリストで演奏してくれました。
Lampと言えば、消えてしまいそうなほど透き通った男女ツインボーカルの美しさが魅力。
緻密に構築されたような見事なアンサンブルで、美しく叙情的なメロディを届けてくれました。
「彼女の時計」の中でも特に大好きな曲「1998」も聴くことができました。
こういう、日常風景にすんなりと溶け込むような楽曲、心地良いですよね。



アンコール含めて約1時間40分ほどの公演。
派手さは無くても、その音楽の心地良さに、上海のファンたちもすっかり魅了されていました。
ライブ終了後はサイン会も。
メンバー3人とも、ステージ上でもステージから降りてもほとんど変わらないようなムードで、こうやって自然体で音楽を続けていけることって素晴らしいなと思いました。
posted by なっくる at 00:00| Comment(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする